独女は老後にいくらかかる? 年金世代のリアルな生活費を調べてみた!

老後の生活を漠然と不安に思っているアラフォー独女は多いと思います。いろいろ不安がある中でも何が一番気になるかというと、恐らく「お金」ではないでしょうか。正直に言って私もそうです! 不安を解消する第一歩は、現実を把握すること。というわけで、調べてみました。独身女性が老後の生活にかかるお金のこと。

独身者が老後1カ月にかかる生活費は

ぜいたくはいたしませんが、老後それなりの生活はしたいものです。それにはまず、現在の全国平均データを把握すること。総務省統計局の家計調査(2015年度)を見てみましょう。そのうち、単身世帯に限定して消費支出の月平均額をピックアップします。

35歳未満 168,351円

35~59歳 177,085円

60歳以上 148,890円

ざっくりいって毎月15万円の生活費が、60歳以上の一人暮らしのかたにかかっているようです。比べてみると60歳未満のときよりは生活費がかからなくなっていますね。

 

具体的には、何に、いくらかかる?

何にどのくらいかかっているのか? 家計調査(2015年度)の単身世帯・60歳以上の生活費148,890円の内訳を見ていくことにしましょう。参考までに、35~59歳との増減も記しておきます。

食料 36,378円 (-8,172円)

住居 14,467円 (-12,120円)

光熱・水道 13,327円 (+2,141円)

家具・家事用品 5,263円 (+1,726円)

被服及び履物 4,756円 (-1,949円)

保険医療 8,344円 (+1,276円)

交通・通信 13,537円 (-10,843円)

教育 0円 (±0)

教養・娯楽 16,643円 (-1,623円)

その他消費支出 36,175円 (+1,371円)

生活費として大きく減っているのは、食料費と住居費、交通・通信費でしょうか。それ以外はあまり大きな変化はありません。自宅にいる時間が長くなるせいか、光熱・水道費は上がっていますし、高齢者だけに保険医療費も上がっています。

 

独身女性の老後の生活費合計は?

1カ月あたりの生活費は約15万円とわかりましたが、老後の合計生活費としてはいくら必要と考えればよいのでしょうか。60歳女性の平均余命は28.68年(厚生労働省・平成26年簡易生命表)ですから、平均で89.68歳まで生きると考えられます。つまり約30年あります。そこで、60歳から30年間の生活費を確保すると考えて計算してみましょう。

60~89歳までの生活費:15万円×12カ月×30年=5,400万円

ということで、独身女性の老後の生活費合計は、だいたい5,400万円かかるというわけです。

 

60歳以降もローンや賃貸料を払うなら

生活費の内訳の中で、少し気になる部分がある人もいるでしょう。「住居費14,467円って、安くない?」と。これはあくまで全国平均なので、住む地域や居住スタイルによって、もっとかかるケースがあるでしょう。ちなみにこの全国平均は平均年齢73.8歳、持家率が79.3%のため、恐らく住宅ローンを完済している世帯が多く、そのため住居費が安いのではないでしょうか。

60歳の時点で実家に住む人や、ローン完済後の一戸建てやマンションを所有する人は、5,400万円を想定したのでよいかもしれませんが、60歳以降も住宅ローンの返済が続く人や、一生賃貸に住もうと考えている人は、差額分を上乗せして用意しておく必要があります。

また生活費の内訳をさらにみると、被服及び履物は4,756円ですし、教養・娯楽費だって16,643円。もっと洋服を買いたい、旅にも出かけたい気持ちもあります。余裕のある生活をおくりたいなら、老後の生活費は6,000万円くらい必要になるのかもしれませんね……。

現実を知ったら余計不安に!? 大丈夫です。この現実を前提に、これから対策を打てばよいのです。それでは、対策と参りましょう。

【コチラの記事をチェック!】

 

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

「信じられるのはお金だけ」世代!? 40代の平均貯金額とは

「信じられるのはお金だけ」という名言を残したマツコ・デラックスさん。老後のことを考えてお金を貯めているとのことでしたが、この言葉に激しく同意したアラフォー女性は…

独女がもらえる年金の平均額と、60歳までの目標貯金額を計算してみた!

独身女性が老後にかかるお金はおよそ5,400万円といわれています。この数字は、60歳以上の独身女性の毎月の生活費が全国平均15万円。平均余命が28.68年であることから算出さ…

【マネー専門家の事例】40代女性の平均貯蓄額はどれくらい?

かつて、落語家のヨネスケがリポーターを務めた「突撃!隣の晩ごはん」という超人気番組がありましたね。隣の家の晩ごはんが気になるのと同じくらい、隣の家の人や友達の貯…

香典やお見舞いの金額。祖父祖母や嫁の親、叔父叔母の相場はいくら?

ある日突然訪れる不祝儀事や病気のお見舞い。これら冠婚葬祭にまつわるお金の相場は、おつき合いの程度、贈る側の社会的な立場、年齢、地域など、さまざまな条件によって違…

40代は借金世代!? 40代の平均「住宅ローン」残高とは

40代で住宅ローンを抱えている人の平均残高はいくらくらいなのだろう? 先日、アラフォーのときに都内の2LDKマンションを購入した知人の40代後半独女が「今年じゅうには住…

年収400万と500万、年間貯金額はこんなに違った!100万貯めるコツ

どうもお金が貯まらない、自分はムダ遣いばかりしている、そんな風に感じている方も多いのではないでしょうか? 昇給があまりされなくなった現代において、となりの人はど…

電子マネーをわざわざ現金でチャージしてる人。1年でこんなに大損!

「Suica」や「PASMO」といった交通系電子マネーを利用して切符なしで改札を通過できる便利な時代になってからずいぶんと年が経過しました。いまや当たり前に利用している電…

3割カット!? 年金カット法案の強行採決で、どうなる将来?

11月25日衆院本会議で年金制度改革法案、いわゆる「年金カット法案」が強行採決されました。これまでも少子高齢化の影響で将来の年金不安が叫ばれていましたが、さらに状況…

東京メトロ利用者は通勤定期を買うと損、は本当?年間1200円の損って何?

あなたは通勤定期を購入していますか? もし答えがイエスの場合、「学生時代の学割定期の感覚でそのまま購入」していませんか?学割定期の場合、割引率が高いため、買わな…

安物買いの銭失いって本当?ブランドバッグの費用対効果を考える

世の中に「安物買いの銭失い」という言葉があります。この言葉は、安いものを買っても、質がそれほどよくないためにすぐ買い換えなければならないことから、結局のトータル…

ほうれい線と唇の縦ジワによかった! 編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・パーツケア編】

ここ1年、ふとしたときに撮られた自分の写真や動画で話す自分を見て、めちゃめちゃ気になるようになったのがシワです(苦笑)。年を重ねるうえで仕方ないことだと受け入れていますが、できるケアはやろうかな、と。…

「美人見え」にはツヤと血色感! 編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・チーク&ハイライト編】

40代になって明らかに肌から減っていると実感するもの、それはツヤと血色感です(苦笑)。肌診断をしてもらうと、水分はわりとあるほうなのですが油分は少なめ、血色もあまりよくないんです。そんなわけで、チークや…

「ツルツル肌」になりたい!編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・デイリーケア編】

30歳前後のとき、ものすごく大人のニキビに悩まされました(詳しくはコチラ)。ツライ思いをしただけにそれ以降は、いかに肌をなめらかに保つかを重視。ニキビはもちろん、ザラつきがなく、うるおっていること。つま…

ハリ・弾力、シミくすみに本気でよかった! 編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・スペシャルケア編】

人生100年時代と言われるいま、自分の肌と付き合うのもまだ50年以上あるわけです。だから、少しでも長くいい肌コンディションを保ちたい。40代なりにステキな肌でいたいな、と思うのです。絶賛、婚活中でもあるので…

「奥二重」メイクの悩みを救った! 編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・アイメイク編】

40代からこそ、自分をアップデートすることが大事。そんなことを最近、つくづく感じているOTONA SALONE編集長の浅見です。ファッションに毎年トレンドがあるように、ビューティにもそれはあります。特にメイクアップ…

#122 それホント? 男性と香水のカンケイについて【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は、20、30代のそれと違って一筋縄ではいかない──。46歳・独身・婚活歴2年のOTONA SALONE編集長・アサミ。49歳・バツイチの男性・ジェントルさんにほんのりときめくが、ゲイかもしれない彼がどういうつも…

その洗い方、不十分かも! 40代からの「シャンプー時の新習慣」とは⁉

「髪は女の命」と昔から言われていますが、40代を迎えてからあらためて髪って老けるんだなぁと感じています。ツヤがなくなったり、白髪が増えたり……。そこで重要なのはやっぱり頭皮ケアです。シャンプーやトリートメ…

[PR]

重大なご報告。40代婚活中の編集長アサミが下した「決断」とは?

40代で未婚・独身、恋人いない歴9年、婚活歴2年のOTONA SALONE編集長アサミです。2016年の夏から「40代編集長の婚活記」を毎週更新してまいりました。公開した記事は120回以上。ずっとお読みいただき、本当にありが…

#121 自分から「連絡できない」。恋愛ご無沙汰女子にありがちなこと【40代編集長の婚活記】

46歳・独身・恋人いない歴は9年のOTONA SALONE編集長・アサミ。婚活を始めて2年以上になるが、依然としてゴールは見えない。40代婚活の現実はきびしい。久しぶりの婚活デート(?)相手のジェントルさん(49歳・バツ…

#120 恋愛「ご無沙汰女子」の婚活が進まない、決定的な理由【40代編集長の婚活記】

40代の婚活はまるでけもの道のように、なかなか進まない。46歳・独身・恋人いない歴は9年のOTONA SALONE編集長・アサミ。婚活パーティに婚活アプリなどさまざまな婚活に挑むものの、はや2年以上が経過。現在進行形の…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

MONEYに関する最新記事