独女は老後にいくらかかる? 年金世代のリアルな生活費を調べてみた!

老後の生活を漠然と不安に思っているアラフォー独女は多いと思います。いろいろ不安がある中でも何が一番気になるかというと、恐らく「お金」ではないでしょうか。正直に言って私もそうです! 不安を解消する第一歩は、現実を把握すること。というわけで、調べてみました。独身女性が老後の生活にかかるお金のこと。

独身者が老後1カ月にかかる生活費は

ぜいたくはいたしませんが、老後それなりの生活はしたいものです。それにはまず、現在の全国平均データを把握すること。総務省統計局の家計調査(2015年度)を見てみましょう。そのうち、単身世帯に限定して消費支出の月平均額をピックアップします。

35歳未満 168,351円

35~59歳 177,085円

60歳以上 148,890円

ざっくりいって毎月15万円の生活費が、60歳以上の一人暮らしのかたにかかっているようです。比べてみると60歳未満のときよりは生活費がかからなくなっていますね。

 

具体的には、何に、いくらかかる?

何にどのくらいかかっているのか? 家計調査(2015年度)の単身世帯・60歳以上の生活費148,890円の内訳を見ていくことにしましょう。参考までに、35~59歳との増減も記しておきます。

食料 36,378円 (-8,172円)

住居 14,467円 (-12,120円)

光熱・水道 13,327円 (+2,141円)

家具・家事用品 5,263円 (+1,726円)

被服及び履物 4,756円 (-1,949円)

保険医療 8,344円 (+1,276円)

交通・通信 13,537円 (-10,843円)

教育 0円 (±0)

教養・娯楽 16,643円 (-1,623円)

その他消費支出 36,175円 (+1,371円)

生活費として大きく減っているのは、食料費と住居費、交通・通信費でしょうか。それ以外はあまり大きな変化はありません。自宅にいる時間が長くなるせいか、光熱・水道費は上がっていますし、高齢者だけに保険医療費も上がっています。

 

独身女性の老後の生活費合計は?

1カ月あたりの生活費は約15万円とわかりましたが、老後の合計生活費としてはいくら必要と考えればよいのでしょうか。60歳女性の平均余命は28.68年(厚生労働省・平成26年簡易生命表)ですから、平均で89.68歳まで生きると考えられます。つまり約30年あります。そこで、60歳から30年間の生活費を確保すると考えて計算してみましょう。

60~89歳までの生活費:15万円×12カ月×30年=5,400万円

ということで、独身女性の老後の生活費合計は、だいたい5,400万円かかるというわけです。

 

60歳以降もローンや賃貸料を払うなら

生活費の内訳の中で、少し気になる部分がある人もいるでしょう。「住居費14,467円って、安くない?」と。これはあくまで全国平均なので、住む地域や居住スタイルによって、もっとかかるケースがあるでしょう。ちなみにこの全国平均は平均年齢73.8歳、持家率が79.3%のため、恐らく住宅ローンを完済している世帯が多く、そのため住居費が安いのではないでしょうか。

60歳の時点で実家に住む人や、ローン完済後の一戸建てやマンションを所有する人は、5,400万円を想定したのでよいかもしれませんが、60歳以降も住宅ローンの返済が続く人や、一生賃貸に住もうと考えている人は、差額分を上乗せして用意しておく必要があります。

また生活費の内訳をさらにみると、被服及び履物は4,756円ですし、教養・娯楽費だって16,643円。もっと洋服を買いたい、旅にも出かけたい気持ちもあります。余裕のある生活をおくりたいなら、老後の生活費は6,000万円くらい必要になるのかもしれませんね……。

現実を知ったら余計不安に!? 大丈夫です。この現実を前提に、これから対策を打てばよいのです。それでは、対策と参りましょう。

【コチラの記事をチェック!】

 

スポンサーリンク

「信じられるのはお金だけ」世代!? 40代の平均貯金額とは

「信じられるのはお金だけ」という名言を残したマツコ・デラックスさん。老後のことを考えてお金を貯めているとのことでしたが、この言葉に激しく同意したアラフォー女性は…

独女がもらえる年金の平均額と、60歳までの目標貯金額を計算してみた!

独身女性が老後にかかるお金はおよそ5,400万円といわれています。この数字は、60歳以上の独身女性の毎月の生活費が全国平均15万円。平均余命が28.68年であることから算出さ…

【マネー専門家の事例】40代女性の平均貯蓄額はどれくらい?

かつて、落語家のヨネスケがリポーターを務めた「突撃!隣の晩ごはん」という超人気番組がありましたね。隣の家の晩ごはんが気になるのと同じくらい、隣の家の人や友達の貯…

40代は借金世代!? 40代の平均「住宅ローン」残高とは

40代で住宅ローンを抱えている人の平均残高はいくらくらいなのだろう? 先日、アラフォーのときに都内の2LDKマンションを購入した知人の40代後半独女が「今年じゅうには住…

気付けば貯金が300万円!年収300万円会社員が実行した3つのルール

貯金とは、「楽しみの先延ばし」です。お金を使わないでいることは、何かを我慢することになります。たとえば、新しい服とか、新しい家電とか。そういったものを得られる楽…

月の手取り23万でも年100万円貯めた!40代女性のテクニック

1ヶ月の手取りが23万円、ボーナス37万円が年に2回、合計で1年間の手取り年収350万円。そんなに多い方ではないかもしれないこの年収で、1年間で100万円貯めた女性がいらっし…

お金のプロって「1年で100万」どう貯めるんですか?FPタケイさんの場合

OTONA SALONEでマネー記事を連載している3人のFPに、まったく同じ「1年で100万貯めてくださいと言われたら、自分ならどうしますか?」という質問しました。三者三様の貯…

【勝手に貯まるオンナ】頑張らないでも貯金が増える!5つのチェックリスト

貯蓄を頑張っても貯まらない女性もいる一方で、頑張らなくても貯まる女性もいます。自分は貯まる女性なのか、気になる方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、5つの…

40歳時点で必要な貯蓄額を、定年から逆算してみると…えっ500万も?

世の中の40代は貯蓄をしっかりしているだろうと周りが気になるものの、お金の話は友人にはしづらいものです。貯蓄ができないことを何年も心の片隅にあるものの、一向に貯蓄…

ああ、勘違い…コレやってる人は貯まらない!お金が逃げるやりくり習慣5つ

あなたが「やりくりのつもり」でしている習慣、実はお金が貯まらない習慣かもしれません。当てはまることがあれば要注意。貯まる体質になるためにチェックしてみましょう。…

【40代編集長の婚活記#171】ギャップ萌えと偶然の一致に、40代独女「決意」する!

紆余曲折ありまくりの40代の婚活。44歳から始めて3年以上が経過した、OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)の婚活。やっとのことでお付き合いする男性ができるも、たった3カ月でフラれる。失恋直後、知人Y嬢から誘わ…

【40代編集長の婚活記#170】イヤな予感!「2人では会わない」理由って?

40代の婚活は一筋縄ではいかない。OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)は、44歳から婚活をスタートさせて3年以上。やっとのことでお付き合いする男性ができたと思いきや、たった3カ月でフラれる。失恋のショックも癒…

【40代編集長の婚活記#169】バツイチ男の本音って? 思わせぶりなメッセージの真意

47歳のOTONA SALONE編集長・アサミは、婚活をスタートさせてから早3年。出会いを求めて婚活パーティへ行ったり、婚活アプリを試してみたり、一人でバーに行ってみたりするが、いまだにゴールは見えず。やっとのこと…

#168 「安心感」は 運命⁉ 失恋の直後に出会ったバツイチ男性【40代編集長の婚活記】

混迷を極める40代の婚活。OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)は、婚活歴が3年を超えるも、いまだにうまくいかない。果敢に出会いを求め続け、やっとのことで恋人ができても3カ月でフラれてしまう。失恋ではげしく傷…

【斎藤工さんに聞いた】もし、シンガポールの街をエスコートするなら?【独占インタビュー】

日本人初のシンガポール観光大使として、2年間活動をした俳優の斎藤工さん。主演映画『家族のレシピ』の撮影やその他の仕事でもたびたびシンガポールを訪れているそうです。そんな斎藤工さんにシンガポールのおすす…

#167 40代の「出会うきっかけ」はコレだった!? 【40代編集長の婚活記】

44歳にして婚活をスタートさせて3年、OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)の婚活はなかなかうまくいかない。さまざまな出会いを求めて婚活し、やっとのことで恋人ができるもたった3カ月にしてフラれた。失恋直後に知…

シンガポールで買いたい! オシャレで可愛い人気お土産11選

旅に出かけたらチェックしたいのがお土産。オトナ女性のたしなみとして、「センスいいね」と言われるお土産を選びたいものです。ちょっとラグジュアリーなものからプチプラまで、オシャレなものを選びました!【シン…

#166 出会わなければよかった…。失恋独女の心の闇【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は、山あり谷あり。OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)は婚活歴3年。あらゆる婚活、出会いを求めながらやっとのことでジェントルさんという恋人ができた。しかし、たった3カ月にしてフラれる。失恋に落ち…

インスタ映えで人気! シンガポール「カトン地区」でプラナカン文化に触れる

パステルカラーの可愛い街並みが「写真映えする!」と人気上昇中なのがシンガポールのカトン地区。プラナカン建築、お菓子、雑貨、衣装など、シンガポール独自の文化に触れるなら、絶対に訪れたいカトン地区の見どこ…

#165 40代独女が「失恋直後」、飲み会に参加してみたら?【40代編集長の婚活記】

20代、30代の婚活と、40代のソレとはだいぶ様子が違う。OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)、婚活歴3年。婚活パーティ、婚活アプリ、知人の紹介、一人行動……など、さまざまな婚活を続けてきた。婚活2年半でジェント…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

MONEYに関する最新記事