知らないと赤っ恥!味噌汁のしじみの身は、食べてもいい?【オトナの常識#35】

体に優しいしじみ汁。小さな身は箸でつまみにくく、ひとつひとつをチマチマとほじるのは恥ずかしい……という声も。しじみの身は食べていい? それとも、しじみエキスがたっぷりの汁だけ飲むのが正解?

問題 しじみ汁のしじみは食べる?

A.椀の中で身をつまんで食べ、殻は椀の中へ
B.椀から出して身をつまんで食べ、殻は椀の蓋へ置く
C.しじみの身は食べない

正解 A.椀の中で身をはずして食べます

味噌汁の定番具材のひとつである”しじみ”。肝臓の機能をサポートしてくれるオルニチンなどが豊富なしじみは、お酒を飲んだ後にもおすすめです。
ただし、小さな身は箸ではずしにくく、「マナーとして食べないほうがいい」と思っている人も。実際、外食先で汁は飲んでも身は食べない人をみかけます。

「しじみの身は食べない」などという食事マナーはありません。むしろ、食事は命あるものをいただく行為。感謝して残さずに食べたいものです。
しじみは椀の中で、箸で身をつまんで食べます。つまむのが難しい場合は無理せず、椀をテーブルに置いたまま片手で殻を押さえながら箸で身をつまみましょう。
そして身をはずした殻は椀に戻します。残った殻を椀の蓋などに置くのはマナー違反です。貝殻で器を傷めてしまうことがあるので気をつけましょう。

貝料理は、ここに気をつけて!

はまぐりの吸い物、あさりの炒めもの、生ガキ……。殻のついた貝料理は、こうやって食べましょう。
●あさりの味噌汁やはまぐりの吸い物
貝の味噌汁や吸い物も、しじみ汁と同様に。椀の中で身をはがし、貝殻は外に出さない。もしくは片手で貝を押さえて箸で身をはがし、殻を椀に戻します。
●あさりの炒めものやボンゴレ
貝は、食べる都度に身をはずします。面倒だからと言って、最初にすべての貝の身をはずす行為は美しくありません。殻は殻入れがあればそこへ。なければあちらこちらに置かず、皿の隅など1カ所にまとめましょう。
●生牡蠣
フォークを牡蠣の下に差し入れて身をはずし、レモンをかけます。身をフォークですくって食べ、殻に残った汁を飲んでもかまいません。生牡蠣はかじらず、一口で食べるのがマナーですが、大きな牡蠣はナイフとフォークで食べやすい大きさに切りましょう。

 

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク