【40代編集長の婚活記#188】前代未聞!どうなの? 妹同伴で婚活する47歳の男って!

妹さんの視線が痛い

ハイシャさんの横に座り、私と対面になったイモウトさん。大きな目をパッと見開いて、私のことを頭のてっぺんから入念に見ている気がする。視線が痛い。

アサミ「兄妹で仲がいいんですね」

突き刺さる視線をかわしたくて話題をふった。

ハイシャ「そんなことないよ。普通だよ」

いや、あんまり普通じゃない気がするけど。

 

 

妹「たった一人の兄だから、心配なんです!」

キッパリとした話し方で、言い切る妹さん。ハイシャさんはどちらかというと、のらりくらり話すほうなので、真逆。

妹「兄は本当にいい人なんです。昔から、優しくて、面倒見がよくて、純粋で、お人よしで、情にもろいタイプなんです」

アサミ「お優しい方なんですね、ハイシャさん」

 

幼い頃からの「仲良し兄妹」

ずっとお兄さんに優しくされて育ってきた妹さん……なのかな。兄妹で仲良しなのはいいことだけれど、それにしてもすごいなぁ。

ウチの姉妹も仲はいいと思ってるけど、婚活に同伴してもらったことはないわ。

妹「でも、その性格のおかげでいろいろあったんです」

アサミ「いろいろ? 例えばどんなことですか?」

妹「情に付け込まれたり、利用されたり、だまされたり」

あぁ、なるほど。

お兄さんがダマされないか心配でついてきたのか。婚活相手がどんな女か、一緒にチェックしようってことね。もしかしてブラコンなのかな、ハイシャさんの妹さん。

 

優しい兄に対して、妹は…?

妹「前にお付き合いしていた女性は、兄のお金が目当てでした」

ハイシャ「彼女は仕方ないよ。複雑な家庭だったから……」

妹「お兄ちゃんは黙ってて!」

ピシャリと食い気味に、ハイシャさんの発言を遮る妹さん。どうやら、気の強いタイプと見た。

妹「アサミさんは、老舗の出版社で編集長をしてらっしゃるし、兄のお金目当てではないと思いますけど」

と言って、私の身に着けているものを品定めするような妹さん。張りつめた緊張感。

逆に彼女を見ると……なかなかのブランド尽くしだ。大きなリング、腕時計、それにバッグも、わかりやすくブランド物を身に着けている。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク