【40代編集長の婚活記#194】マジか! 40代独女が震撼した「男の本音」

44歳の夏から始めた婚活はすでに3年半以上。しかし、一向に結婚の気配すら感じられないOTONA SALONE編集長・アサミ(48歳)。あらゆる婚活を試しても玉砕し続け、再び婚活アプリ市場にのりだした。

そこでマッチングしたIT企業勤務の男性・シリコンさん(48歳)と、猫トークで意気投合したのだが……⁉ この物語は40代独女の「実名+顔出し」で書いている、リアル婚活ドキュメントである。

 

彼の言葉に唖然とする

ある日、マンチカンの子猫の写真を送ってきたシリコンさん。初めて見る写真。聞けば、ペットショップで即決したのだという。

可愛いですねと伝えたら、驚きの返信がきた。

シリコン「じゃ僕の家に、子猫を見に来ませんか?」

ただただ唖然……。会ったこともなく、6日間ほど連続してメッセージ交換しただけの相手に何をいってくるんだ、この人?

それまで気が合うかなと思っていたシリコンさんに、一気にドン引きした。

 

目に飛び込んできた文字は!

忙しかったこともあり、少し時間をおいて

アサミ「子猫はかわいいですけど、家にはお邪魔する気はないので、見たくないです」

……とでも返そうした。婚活アプリを立ち上げてメッセージを送ろうとすると、衝撃的な文字が目に飛び込んできた。

シリコン「何もったいぶってるんだ。40過ぎのオバサンのくせに」

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク