【40代編集長の婚活記#193】何それ!実際にあった、婚活アプリの「コワイ話」

40代の婚活を続けて3年半以上になる、OTONA SALONE編集長・アサミ。先日誕生日を迎え、48歳になった。婚活パーティも婚活アプリも、個室婚活も、紹介婚活も経験してきたがなかなか上手くいかない。

そして、再び婚活アプリを試してみたところ、前よりモテ期が来たようで……⁉ この物語は40代独女の「実名+顔出し」で書いている、リアル婚活ドキュメントである。

 

猫好き男子とマッチング

二度目の婚活アプリはなぜか100人以上もの男性から「いいね!」をいただき、人生初のお相手を選ぶという贅沢な経験をすることに。

そんな中、最初にマッチングしたのが、IT企業勤務・48歳・バツイチ男性のシリコンさん。私からも「いいね!」をしたきっかけは、なんとなく柔和そう雰囲気と、とっても可愛い猫の写真だった。

軽く自己紹介をしたあとは、ひたすら猫トーク! 他の話題は一切せず、シリコンさんのお兄さんの愛猫スコティッシュフォールドの画像が送られてきて、それに「可愛い」と返信するだけで5日間。

しかし、6日目にして突然、マンチカンの子猫の画像が送られてきた。

 

ほんわか、いい感じだったのに!

アサミ「とっても可愛いマンチカンの子猫ですね!」

シリコン「はい、一目ぼれしたので買っちゃいました」

アサミ「え! もう買ったんですか?」

シリコン「そうなんです。衝動買いしてしまいました」

そこから怒涛のようにマンチカンの写真が送られてきた。5枚、10枚、15枚……。めっちゃ写真撮ってる。そして全部の写真が可愛いしかない。

アサミ「はい。モフモフしたくなって、画面を触ってました」

実際、猫画像の画面を指でナデナデしていた私。ただスマホの画面なのに(苦笑) すると予期せぬ言葉が返ってきた。

シリコン「じゃ僕の家に、子猫を見に来ませんか?」

な、なんですと──!?

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク