【40代編集長の婚活記#198】誰も教えてくれなかった! 大人の婚活に大切な条件

40代の婚活は孤独かつ、いばらの道。OTONA SALONE編集長・アサミ(48歳)、婚活歴3年半以上。あらゆる婚活を経験し、再び婚活アプリ市場へと戻ってきた。

50歳の眼科医とマッチングし、初回のメッセージで意外と意気投合(?)したのたのだが……。この物語は40代独女の「実名+顔出し」で書いている、リアル婚活ドキュメントである。

女性に「若さ」を求めるとは限らない

今回の婚活アプリでマッチングした2人目のお相手は、眼科医のレンズさん・50歳。離婚歴あり、子供はいない。年内に自分のクリニックを開業予定で、それまでにパートナーを見つけたいのだという。

マッチング後、初めてのメッセージからして、「老眼が進んでいる」など48歳のリアルをぶっちゃけたところ、

レンズ「老眼が始まっているのは普通のことです。加齢によって水晶体の弾力が低下しますから、ピントを合わせにくくなるんです。最近はスマホの普及によってスマホ老眼なんて言葉もあって、30代後半から始まるかたも少なくないです」

と、至極まっとうな返事がきた。しかも老眼トークを親近感があっていいと思ってくれたらしい。レンズさんは、女性に対して若さを重視していない模様!

 

お金目当ての女性にガッカリ?

こちらがぶっちゃけたからか、レンズさんも本音の女性観を伝えてきた。

レンズ「寿退社をしたいと思っている女性が現代の日本にもこんなにいるのかと」

婚活歴半年という彼のもとには、そういう女性が多く集まったのだろうか。

レンズ「僕の肩書きとお金を見てアプローチしてきている印象があるじゃないですか。何度かメッセージ交換をしていると、そういうところが透けてみえてきて、ガッカリしてしまうんです」

彼が求めている女性は、開業するクリニックの経営パートナーとして、社会的、経済的に自立した人のようだった。平たくいえば、それなりに年収がある女性ということ。

初回のメッセージにしてはかなり本音トークで気持ちがいいよ、レンズさん! 彼のオープンマインドな部分に、好感をいだいた。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク