「ありがとう」「ごめんなさい」英語でカッコよく言うには?

“Thank you.”  サンキューはもはや、日本語ともいえるほど、ありがとうの言葉として認識されています。”I’m sorry.”も、知らない人は少ないですよね。実は、感謝や謝罪の気持ちを伝える英語は、ほかにもいろいろあるんです。最新の言葉、あらたまった場での表現も知っておきたいですね。

 

感謝編:「本当にありがとう」という気持ちをつたえよう


Thank you very much.
Thank you so much.   

本当にありがとう!

とても感謝しているときには、「とても」という言葉を付け加えます。

友人同士など、カジュアルな関係には Thanks も使いますが、大変ありがとうというときには、

Thanks a lot.    Thanks a million.  Many thanks.
本当にどうも。

さらにカジュアルなスラングとしては

ta / Sanks  などもあります。

 

★~に感謝しています

なにに感謝しているかは for ~ を加えます。名詞または、動名詞をつけて……

Thank you for your present.
プレゼントをありがとう。
Thank you for today.
今日はありがとう。
Thank you for calling to ABC Company.
ABC社にお電話ありがとうございます。
Thank you for inviting me to the party today.
今日はパーティーにご招待ありがとうございます。

 

★フォーマルな「ありがとうございます」

よりフォーマルに「感謝」の気持ちを伝えるには appreciate  や be grateful  for を用います。

I appreciate you.
感謝しています。
I appreciate he takes care of my family.
彼が私の家族の世話をしてくれることに、感謝しています。
I am grateful for your love.
あなたの愛に感謝。(カードなどによく書いてあります。)

注意してほしいのは、通常英語は主語が一番初めにくるからといって、I をつけて、

I thank you.

とはいってはいけないこと。
高圧的に、上から感謝してやる!と言っているようにとられるかもしれません。

出典>>英語で「ありがとう」。ちょっと上級に聞こえる3つの言い方

 

謝罪編: ”I’m sorry.” よりも”Excuse me.”が好ましい

 

学校で習った、人に謝る言葉は、

“I am sorry.”
「ごめんなさい」

ですが、実はこれだとちょっと重い。人にぶつかった程度なら

“Excuse me.”
「すみません。」がふさわしいようです。

 

sorry は、自分の非を認めてしまったことになり、裁判などで不利になる可能性もあることから、
あまり使ってはいけないと言われています。ただし、自分の不注意でワインをこぼして、
洋服をよごしちゃったとか、明らかに自分に非がある場合などには素直に I’m sorry と謝りましょう。

 

ただ “Sorry!”
「ごめんね!」

と I am  が抜けるだけで、ぐっとカジュアルに気軽になりますので、ぶつかった程度なら、
こちらも使えます。

 

そしてできたら

“Are you all right?” ” Is it all right?” 
「大丈夫ですか?」と付け加えましょう。

 

★本当にごめんなさい!という気持ちを表したければ

こちらが完全に悪い、反省しています!という気持ちを表すときは

 

“I’m really sorry.”  ” I am very sorry.”
「本当にすみません」

 

何について謝ってるのかを言うには” I am sorry for ~” をつかいますので、
” I am sorry for bothering you.”
「お手間をかけてすみません」というように使います。

 

またちょっとフォーマルな、ビジネスにも使える言葉としては、
“I apologize.”
「申し訳ない」という言葉もあります。

 

謝られたら「気にしないで!」

さて、反対にぶつかられたりして、英語で謝ってきたときにはどう対応したらよいか。

 

“It’s all right.”
「いいんですよ」

 

“No problem.”
「問題ないです」

 

“Never mind.”
「気にしないで」

 

いずれにしてもにこっと対応してくださいね。

出典>>とっさに英語で正しく「ごめんなさい」と言えますか?

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク