だいぶ損してる…! 「痛い40代女」レッテルを貼られる3大NGな特徴

いい雰囲気の出会いがあれば、嬉しくなってはしゃいだり、聞かれてもいないことまで次から次へと披露してしまう方も決して少なくはありません。しかし、こんなシーンでの振る舞いに対して男性は「痛い女性だな」なんて冷ややかな視線を向けていることもあるから、要注意です。

 

痛見えオバサンその1:自身の経験“だけ”で偉そうに語る

「40歳になるまで派遣としていろんな職場で働いていたという45歳の知人オバサンは、自分の経験だけで物事を“語る”のがとにかくウザい。

言っちゃ悪いけど、短期派遣で見聞きできる業界の知識なんてほんの一部だと思うし、それで業界とか仕事とかに知った口を叩かれても……って感じ。

20、30代ならかわいげがあるけど、40代でコレじゃあ、ただの視野の狭いオバサンだよね」(48歳男性)

 

「友人が離婚するって話のときに、自分の経験談から嬉々として上から目線のアドバイスをしていた47歳の女性がいるんですが、友人は調停離婚でそのオバサンは協議離婚。

そもそも進め方も違えば、離婚原因も違うのに、知ったかぶりをして偉そうに指導している姿を見て『40代にもなって、コレは痛い……』って思わず呆れちゃいました」(46歳男性)

出典>>20・30代ならよくても…「40代ではさすがにナシ」男に厳しいジャッジを下される女の特徴3例

 

 

痛見えオバサンその2:実家に関する突っ込んだ質問をする

「ご実家はどんな仕事を?」「兄弟構成は、何人ですか?」など、相手の実家にまつわる質問は、世間話としても重宝する話題なのは間違いありません。

しかしあまりにも突っ込んだ話までしてしまうと、“距離感がわかっていない図々しい女”、“非常識な女”のレッテルを貼られやすいテーマでもあり、結果「育ちが悪そう……」な疑惑を抱かれる引き金にもなりがちです。

心を開いた間柄になるまでは、極力、個人的な話題を避けたがる男性もいるのが実情なだけに、出会いの場やまだ出会ったばかりの段階でアレコレと尋ねてくる様子には、密かにゲンナリしている男性があとを絶たないというわけです。

女性は単に世間話のつもりであっても、質問を受けた男性にしてみれば「40代で結婚を焦っているからって、もう俺をジャッジしようとしてるのか!?」などの邪推も働きやすいため、この話題もある程度親しくなるまでは封印したほうが得策と言えます。

出典>>だいぶ損してる…! 「お育ちが悪い40代女」レッテルを貼られる3大NGな話題

 

 

痛見えオバサンその3:食事の際に大口を開ける

美味しいものを目の前にしたときや、お腹がぺこぺこなときには、つい大きな口で食べ物を頬張ってしまう癖がある女性だって、少なくはないのではないでしょうか。

かしこまった席では女性らしい食べ方を心がけていても、飲み会などプライベートな場では、つい気が緩んでしまうことだってあります。

ところが、大きく口を開いて食事をする姿に“下品さ”を感じる男性は、女性が思っている以上に一般的なのです。

「綺麗な人が大口を開けて頬張っているのを見ると、下品な一面を見たようで、ガッカリする」(45歳・経営)

「いい歳した女性が、大きく口を開いてモグモグ食べる姿が苦手。おばちゃんっぽいと言うか、奥ゆかしさに欠けるというか。下品な感じがするよね」(43歳・映像)

出典>>そんなつもりはないのに! 男が「下品な女だな」と感じる40代女性の意外な傾向3選

 

「痛見えオバサン」から脱出する方法は?

「痛見え」も「オバサン」もイヤなものですが、そもそもこれらは「人として」すべきではないこと。ここまででなくても、私たちは知らず知らずのうちに意外に「人としてダメなこと」をやってしまうものです。せめて髪や肌の手入れくらいは人並みに…と思い迷う40代はぜひ「ウワサのアレ」を試してみてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク