キャリアコンサルタントが教える、女性が「自分らしく働く」ために大切なこと

3月8日に渋谷ヒカリエで行われたイベント「HAPPY WOMAN FESTA 2017」。国連が定めた国際女性デー、この日にあわせてヒカリエでは、女性の生き方、働き方を考えるセミナーやワークショップが終日に渡って開催されました。

 

女性の働き方ついてのトークセッション

イベントは実にバリエーション豊か。ヨガからお洋服のコーディネート術、美容法にダイエットに思考法にボイトレに、と朝から夜まで行われたワークショップやセミナーは全部で約50以上。その中で今回紹介したいのは、女性の働き方についてのトークセッションです。

今回ご紹介するのは、東洋大学准教授の小島貴子さんと経済キャスターの鈴木ともみさんによるもので、お題は「ウーマノミクスから始まる新時代のキャリア」。ウーマノミクスとは造語で、ウーマンとエコノミクスをあわせたもので、女性の活躍でもっと経済を活性化しよう!というものです。

 

すべての女性が「自分らしく」働くために

小島貴子さんは大学で教えながら、企業の人材育成やキャリアコンサルタントとして活躍しており、女性の働き方についてのスペシャリスト。鈴木ともみさんはラジオやテレビなどの経済番組でキャスターを務めており、最近は二人で、ダイバーシティについて語るラジオ番組のパーソナリティもしています。

 

自分の感情を丁寧に扱う

そんな二人が語ったのは「女性はもっと自分の人生の主役になろう!」ということ。いくら男女雇用機会均等法ができても、産休や育休の制度が整っていても、イクメンがもてはやされていても、女性が、その人らしい形で働ける世の中は、今の日本ではまだまだです。

 

女性それぞれがそれぞれの能力を発揮して、その人らしく働けるようになるために、私たち女性は何をすればいいのか? 小島さんと鈴木さんは、まずは自分の夢は何だったのか、自分にとってのストレスは何なのか、そして今の自分の課題や目標について考えてみては、と語ります。

 

自分を企業に見立ててみる?!

 

さらに小島さんは、一つの方法として、自分を企業に見立てみましょう、とアドバイス。自分の人生の責任者になり、誰のせいにもしない。自分自立、自律できる女性になろう。

□自分が企業だったらどんな商品ができそうか?

□今のままで利益はでそう?

□商品開発にはどれくらいのコストと時間がかかりそう?

まずはそこを考えるのが、今回のテーマでもあるウーマノミクスへの第一歩だと。自分を企業に例えてみるって、そういわれると「なるほど」な考え方ですが、なかなか思いつかない発想です。今、自分の働き方や生き方に迷っている人も、ぜひ考えてみるといいのではないでしょうか?

 

企業というのは1年ごとに決算をしています。それと同様に「自分株式会社」も1年ごとに決算をしてみましょうという提案でした。

 

 

まずは、自分賃貸貸借表(B/S バランスシート)。

いまの自分の資産、資本、負債は何があるかを記してみましょう。

資産は、文字通り貯金といった資産もありますが、友人や経験、学習歴などもそうです。資本には、健康な体、今までの経験など。負債はお金の負債もありますが、今までの失敗をそのままにしていることも含まれます。

 

 

次に、自分損益計算書(P/L プロフィット・アンド・ロス・ステートメント)。

費用と収益です。

費用とは、時間や能力、付き合い、疲労感など。収益は、給料はもちろん遣り甲斐、達成感、承認、経験なども含んで考えましょう。

 

このように自分自身の決算をすることで、いまの自分の価値を知ることができ、そしてさらにその価値を高めるために次にすべきことが見えてくるからです。

 

「自分株式会社」で、生き方、働き方が見えてくる

 

「自分株式会社」を考えると、以下のようなものが見えてきます。

ビジョン・・・実現に通じることか?

楽しさ・・・やっていて楽しいことか?

習慣化・・・習慣化、継続してできることか?

責任・・・責任を持てることか?

発展性・・・発展性があることか?

独自性・・・独自性があることか?

価値・・・未来の自分や社会に価値があることか?

これを考えることで、今後の自分の生き方、働き方がきっと見えてくるはずです。

「HAPPY WOMAN FESTA」は来年の3月8日にも行われる予定。働き方、生き方を含めて、今の自分の生活をよりよくするヒントがいっぱい見つかるのではないでしょうか。

 

小島貴子さんと鈴木ともみさんが主宰する(社)多様性キャリア研究所 http://diversity-career.jp/

 

3月8日、国際女性デーとは

国際女性デーとは、国連が1975年に制定した、男女平等や女性の権利を守ろうという日です。イタリアでは、「ミモザの日」と言われている日で、男性から女性にミモザのお花が贈られるそうです。1970年代といえば、ウーマンリブ(男女平等を訴える活動で、1960年代後半にアメリカから起こって世界中に広まった運動)が盛んだだった時期ですので、そのころに制定されたというのも納得です。

 

それから今や、40年以上が経過したわけですが、最近注目を浴びているのがこの国際女性デー。女優のキャメロン・ディアスやジェシカ・アルバなども、この日を世界中に広めるべく活動しており、やっと日本でもここ数年話題になるように。写真は3月8日の数日前に行われたプレイベントの様子です。女子大生たちが夢を語っています。

 

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

「注意する」「やめさせる」、言いにくいことを上手く伝える3つのコツ

部下の遅刻、同僚のミス、いつも気になる上司のあのクセ……、まあいいや、こちらがフォローすればいいこと、我慢すればいいことと問題を先送りにしていると、いつの間にか事…

アリ?それともナシ? 「LINEで会社休みます」問題について

「LINEで『会社休みます』って部下から連絡きたんだけど、どう思う?」 今年の春から管理職になった女友達から相談されました。業種はアパレルで、比較的自由な社風ではあ…

職場で「敵を作らない女性」はこの4つの距離を知っている

人混みなどで、見知らぬ人が必要以上に自分に接近していると、不快な気持ちになったりしますよね。「もっと自分から離れてほしい、イヤだな」と感じる距離感、それをパーソ…

40代が使うと痛い3大クチグセ「○○」「すごく」「あと」

40代ともなれば、世間的にも社会的にもしっかり模範となる立場の年齢。いつまでも若々しくありたいという気持ちは大切ですが、若いときと違い「責任」が出てきます。プライ…

こんな人とは付き合うな。住職が教える人付き合いのコツ

会社の同僚や上司はもとより、家族、友人、地域……ストレスを抱える原因は、こうした社会にあるのではなく、人間関係にあるだけかもしれません。昔から言われている「付き合…

言葉遣いを直したいあなたへ。今すぐできる2つの対策

元女性議員の暴言が話題ですが、あそこまでひどくないにしても、言葉の悪さは育ちの悪さに対するイメージと直結します。いわゆる「お里が知れる」とはこのこと。ほんの少し…

会社の人事異動による「ストレス」を少しでも軽くする5つの方法

春、多くの会社では人事異動がある。希望の部署や役職に就けたことで仕事のモチベーションがあがる人もいる一方で、希望しない異動によって心に大きなストレスを抱える人も…

育休明けママ社員のフォローで不満が爆発? 逆マタハラ問題について考える

「すべての女性が輝く社会づくり」を掲げ、女性が働きやすい環境を作り上げようとしている日本政府。対象としているのは、“すべての女性”です。しかし、「保育園落ちた、日…

もしも身近な同僚が亡くなったら。住職が伝えたい3つのこと。

「密葬」「家族葬」など、葬儀の形態が変化しています。同じ会社に勤める方が亡くなっても、「家族葬にするのでお手伝いも参列も不要です」、ということもあるでしょう。こ…

女の敵は女?元クラブママ直伝「職場の嫌な女の対処法」

女性の活躍が目覚ましい昨今、問題視されているのが、「女性同士の付き合い」です。元CAと元クラブママ、女社会を渡り歩いた私も、凄まじいトラブルメーカーに出会ってき…

「おしりリセットダイエット」は 4週間で完成する魔法のプログラム!

「おしりリセットダイエット」は、4週間でおしりをリセットできるプログラム。1週間ごとに、身体の悩み別にテーマを分け、そのテーマ別にエクササイズを1日に3つ行っていくだけだからとても簡単!ぜひ今日からスタ…

「おしりリセットダイエット」は痩せる以外にもこんなにメリットが!

1日たった3つのエクササイズでおしりから身体を変える「おしりリセットダイエット」。この「おしりリセットダイエット」には、おしりを変えて痩せるだけではなく、それ以外にも、さまざまないいことが!身体のバラン…

おしりを変えれば、ダイエットもするりと成功する! 話題続行中!「おしりリセットダイエット」って何?

なかなか身体重もぜいにくも落ちないのが40代のダイエットまわりの悩み。食事制限をしても、思うようにやせなかったり、ジョギングやトレーニングを始めてみたら、余計なところに逆に筋肉がついて太くなってしまった…

坂東眞理子さん他が語る「魅力ある女性の生き方」とは?

3月8日は国連が定めた国際女性デー。渋谷のヒカリエでは「HAPPY WOMAN FESTA 2017」というイベントが行われました。当日は、終日に渡って女性の生き方、働き方を考えるセミナーやワークショップが開催されました…

薬剤師がオススメ! つらい花粉症を乗りきる「3つの食材」

とうとう本格的にスタートした今年の春の花粉症。今年は、西日本は多めで東日本は例年並み、などと言われていますが、いずれにしても花粉症の人にとって今の時期は本当にツライもの。病院に行って薬を処方してもらっ…

気になる肌の乾燥はこの3大食材で、ぷるぷるに!

今の季節、肌の悩みといえば、なんといっても乾燥です!スキンケアタイムには、保湿クリームを塗ったり、お風呂上がりにマスクをしたり、こまめに乾燥対策をしていても、やっぱりカサカサ……という人も多いのでは?パ…

40代の疲れ目・ドライアイ・かすみ目・老眼を改善する食べ物は?

「疲れた~」というときに、肩や腰に違和感や痛みを感じる人は多いと思いますが、それと同様に、「目」に疲れがくる人も結構多いのではないでしょうか? 特に年齢を重ねてくると、視界がぼやけたり、ピントがすぐに…

痛い!ツライ!「頭痛」を撃退する身近な食材活用術

気圧の変化やホルモンバランスの不調、寝不足や寝すぎなど生活リズムの乱れなどなどで引き起こされる頭痛。さらに風邪気味など体調が不良のときにおこるものもあれば、肩こりや腰痛などが原因の場合も。慢性的なもの…

お腹ポッコリな「便秘」を解消!3つの優秀食材はコレ

食生活の乱れや運動不足はもちろんのこと、朝忙しくてゆっくりトイレに行く時間が取れなかったり、生理前など、ホルモンの周期やバランスによってもひきおこされるのが便秘。男性よりも女性に多くみられ、放っておく…

パンパン脚をなんとかしたい! 「むくみ」を解消する3つの食材

1月もそろそろ終わり。2017年もスタートしたらあっという間におわりそうですが、新年会などが続いたりして、なんとなく身体が「むくんでいるかも」、と感じている人も多いのでは?いつもの生活より、多く水分(もち…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

WORKに関する最新記事