キャリアコンサルタントが教える、女性が「自分らしく働く」ために大切なこと

スポンサーリンク

3月8日に渋谷ヒカリエで行われたイベント「HAPPY WOMAN FESTA 2017」。国連が定めた国際女性デー、この日にあわせてヒカリエでは、女性の生き方、働き方を考えるセミナーやワークショップが終日に渡って開催されました。

 

女性の働き方ついてのトークセッション

イベントは実にバリエーション豊か。ヨガからお洋服のコーディネート術、美容法にダイエットに思考法にボイトレに、と朝から夜まで行われたワークショップやセミナーは全部で約50以上。その中で今回紹介したいのは、女性の働き方についてのトークセッションです。

今回ご紹介するのは、東洋大学准教授の小島貴子さんと経済キャスターの鈴木ともみさんによるもので、お題は「ウーマノミクスから始まる新時代のキャリア」。ウーマノミクスとは造語で、ウーマンとエコノミクスをあわせたもので、女性の活躍でもっと経済を活性化しよう!というものです。

 

すべての女性が「自分らしく」働くために

小島貴子さんは大学で教えながら、企業の人材育成やキャリアコンサルタントとして活躍しており、女性の働き方についてのスペシャリスト。鈴木ともみさんはラジオやテレビなどの経済番組でキャスターを務めており、最近は二人で、ダイバーシティについて語るラジオ番組のパーソナリティもしています。

 

自分の感情を丁寧に扱う

そんな二人が語ったのは「女性はもっと自分の人生の主役になろう!」ということ。いくら男女雇用機会均等法ができても、産休や育休の制度が整っていても、イクメンがもてはやされていても、女性が、その人らしい形で働ける世の中は、今の日本ではまだまだです。

 

女性それぞれがそれぞれの能力を発揮して、その人らしく働けるようになるために、私たち女性は何をすればいいのか? 小島さんと鈴木さんは、まずは自分の夢は何だったのか、自分にとってのストレスは何なのか、そして今の自分の課題や目標について考えてみては、と語ります。

 

自分を企業に見立ててみる?!

 

さらに小島さんは、一つの方法として、自分を企業に見立てみましょう、とアドバイス。自分の人生の責任者になり、誰のせいにもしない。自分自立、自律できる女性になろう。

□自分が企業だったらどんな商品ができそうか?

□今のままで利益はでそう?

□商品開発にはどれくらいのコストと時間がかかりそう?

まずはそこを考えるのが、今回のテーマでもあるウーマノミクスへの第一歩だと。自分を企業に例えてみるって、そういわれると「なるほど」な考え方ですが、なかなか思いつかない発想です。今、自分の働き方や生き方に迷っている人も、ぜひ考えてみるといいのではないでしょうか?

 

企業というのは1年ごとに決算をしています。それと同様に「自分株式会社」も1年ごとに決算をしてみましょうという提案でした。

 

 

まずは、自分賃貸貸借表(B/S バランスシート)。

いまの自分の資産、資本、負債は何があるかを記してみましょう。

資産は、文字通り貯金といった資産もありますが、友人や経験、学習歴などもそうです。資本には、健康な体、今までの経験など。負債はお金の負債もありますが、今までの失敗をそのままにしていることも含まれます。

 

 

次に、自分損益計算書(P/L プロフィット・アンド・ロス・ステートメント)。

費用と収益です。

費用とは、時間や能力、付き合い、疲労感など。収益は、給料はもちろん遣り甲斐、達成感、承認、経験なども含んで考えましょう。

 

このように自分自身の決算をすることで、いまの自分の価値を知ることができ、そしてさらにその価値を高めるために次にすべきことが見えてくるからです。

 

「自分株式会社」で、生き方、働き方が見えてくる

 

「自分株式会社」を考えると、以下のようなものが見えてきます。

ビジョン・・・実現に通じることか?

楽しさ・・・やっていて楽しいことか?

習慣化・・・習慣化、継続してできることか?

責任・・・責任を持てることか?

発展性・・・発展性があることか?

独自性・・・独自性があることか?

価値・・・未来の自分や社会に価値があることか?

これを考えることで、今後の自分の生き方、働き方がきっと見えてくるはずです。

「HAPPY WOMAN FESTA」は来年の3月8日にも行われる予定。働き方、生き方を含めて、今の自分の生活をよりよくするヒントがいっぱい見つかるのではないでしょうか。

 

小島貴子さんと鈴木ともみさんが主宰する(社)多様性キャリア研究所 http://diversity-career.jp/

 

3月8日、国際女性デーとは

国際女性デーとは、国連が1975年に制定した、男女平等や女性の権利を守ろうという日です。イタリアでは、「ミモザの日」と言われている日で、男性から女性にミモザのお花が贈られるそうです。1970年代といえば、ウーマンリブ(男女平等を訴える活動で、1960年代後半にアメリカから起こって世界中に広まった運動)が盛んだだった時期ですので、そのころに制定されたというのも納得です。

 

それから今や、40年以上が経過したわけですが、最近注目を浴びているのがこの国際女性デー。女優のキャメロン・ディアスやジェシカ・アルバなども、この日を世界中に広めるべく活動しており、やっと日本でもここ数年話題になるように。写真は3月8日の数日前に行われたプレイベントの様子です。女子大生たちが夢を語っています。

 

更新情報がわかる!

フォローを

お願いします!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

長谷川華の最新記事

WORKに関する最新記事