【ADHD女子#35】「もう逃げられない!」という状況をつくり出そう

2021.05.23 WELLNESS

じっとしているのが苦手、集中が続かない、衝動的に行動してしまう…ADHDと診断されていなくても、このような特性をかかえることで「生きにくさ」を感じている人は多くいます。今回は、臨床心理士による著作「ADHD脳で困っている私がしあわせになる方法」から、「ツライ」を「楽」に変えるヒントをお送りします。

 

お片づけ仲間を見つけて、いっしょにがんばる

先日、 数人の友達とオンラインお片づけをしました。

スマホを片手に写真や動画を送りながら、

それぞれ自分の家の片づけをするというだけなのですが、 けっこうはかどったのです。

ときどき途中経過を報告し、 最後は 「終わったー」 と報告する。

ビフォー&アフターの写真を見せ合ったときの達成感といったらありません。

自分が散らかした部屋だけれど、 自分一人で片づけなくてもいいんですよ。

片づけが得意な友達に手伝ってもらえたらもちろんいいのですが、

同じくらいニガテな友達と協力し合って、 お互いの部屋をいっしょに片づけるのも楽しいものです。

あるいは 「片づける間、 そばにいてくれるだけ」 でも、 仕事はずいぶんはかどります。

他人の目があると思うだけで、 サボれなくなるからです。

 

片づく前に予定を立ててしまって自分を追い詰める

かなり乱暴ですが、 片づけを始めようと思った段階で

「〇月×日にホームパーティーをするので遊びに来てね」

と友達を誘ってしまいましょう。

締め切りを先に設定することで、 逃げられなくなります。

「がんばってそれまでに片づけるけれど、 多少散らかっていても許してね」

など、 先に謝っておいてもいいかもしれませんね。

片づいた部屋に飾りたいものを、 先に買ってしまうのもいい方法です。

たとえば大きな観葉植物。

配送される日までに部屋を片づけないとおく場所がない、 という状況をつくるのです。

うんとおしゃれなクリスマスリースを買ってしまえば、

「12月になる前に玄関だけでも片づける」

と決意できるかもしれません。

 

<<前へ

>>次へ(5/24  20:30更新)

ADHD脳で困っている私がしあわせになる方法

中島美鈴・著 meppelstatt・イラスト 主婦の友社・刊

ADHDの特性を持つことで
「生きにくさ」を感じて
苦しむ大人の女性はたくさんいます。
自らADHD脳という
臨床心理士の中島美鈴先生からの
超驚きの具体的な解決法とエールが満載です。

ADHD脳で困っている私がしあわせになる方法

中島美鈴・著 主婦の友社・刊

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク