【40代編集部長の婚活記#264】彼は結婚をどう考えてる? 婚活で気づいたバツイチ男性との「壁」

2021.08.25 LOVE

40代の婚活で出会うのは、恋愛や結婚の相手だけじゃないのかもしれない。ついに婚活歴5年を超えたOTONA SALONE編集部長・アサミ(49歳)。これまでの婚活で100人以上もの男性と出会ってきた。

時は数年前に遡って、ジェントルさんとの復縁編。彼の引っ越し先に初めての訪問。ドキドキしながら足を踏み入れたけれど……。この話は40代独女の「実名+顔出し」で書いている、リアル婚活改め、パートナーを探す活動=「パー活」ドキュメントである。

【「婚活記」の過去記事一覧はコチラ】

【40代編集部長の婚活記#264】

 

自炊する彼、外食ばかりの私

ジェントル「食べたものが体を作るからね。健康や美容面としても大事だけど、作業効率や集中力のような仕事のパフォーマンスをよくするためにも食事は大切よ」

彼が言うように、食事を見直す必要があるのかもしれない。夜になると疲れがドッと出て仕事が進まなかったり、どれだけ寝ても疲れが取れなかったり。なんとなく、40代になっていて感じていたこと。

でもなぁ平日は夜遅くまで会社にいるし、帰ってもヘトヘトで料理なんかする気になれないのよ。(※注・コロナ禍になる前のお話です。現在は在宅勤務中心)

そういえば彼は自炊が多いうえに、オフィスや外部で仕事するときも、ランチはお弁当を作って持参していると言っていた。食材もオーガニックのものを取り入れたりしている。意識が高い。

 

彼はアラフィフ美肌男子!

ジェントルさんは私の肌をスベスベだと言ってくれるけど、彼だって3歳年上の男性だけれど、同年代の男性にくらべて圧倒的に肌がキレイだと思う。

アサミ「ジェントルさんだって、お肌がスベスベじゃないですか」

そう言って、彼の頬をツンツンとした。ふふ、仲良しカップルみたい。って、カップルか。

ジェントル「全然よ。あなたみたいにきめ細かい肌じゃないもの」

アサミ「きめ細かいほうですよ。毛穴が小さいもの。40代の男性の肌って、もっと毛穴大きい人が多い気がする」

ジェントル「ありがとう」

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
OTONA SALONE編集部長 浅見悦子

スポンサーリンク

スポンサーリンク