【星座ランキング】結婚したら生涯安定!大器晩成タイプの男性は?

6位:牡羊座(3月21日~4月19日生まれ)

牡羊座はパイオニア精神が旺盛で、やりたいことが見つかればひとりでも結果を出そうとがんばるタイプ。失敗さえも糧にして突き進むので、若いうちから出世街道をひた走る可能性もあります。

 

ただ、孤軍奮闘が多く、仕事人生が安定するには信頼できる味方を得ることが欠かせません。年長者とどれだけ協力できるかが、アップダウンの少ない仕事を実現するカギになるでしょう。

 

7位:蟹座(6月22日~7月22日生まれ)

蟹座は基本的に仕事よりプライベートを重視するタイプで、出世にはあまり興味がないかもしれません。仕事で成功するより、彼女を作って幸せな結婚をすることを重視しているはず。

 

そのため、安定した組織で働くなら、勤続年数と勤務態度の真面目さで淡々と職位を上げていけそうです。大出世やスピード出世は期待できなくても、適度なポジションを確保するでしょう。

 

8位:天秤座(9月23日~10月23日生まれ)

天秤座は自分の適性に合った仕事に就けば順当に出世できるでしょう。洗練されたセンスが活かせる職種や、役員とも風通し良く意見交換ができる組織ではメキメキと頭角を現すはず。

 

ただ、やりたいことがわからず迷走すれば、職場でのポジションを上げるきっかけがつかみづらくなります。真摯に向き合える仕事を見つけられるかどうかで、天秤座男性の年収と人生傾向は変わってくるでしょう。

 

9位:射手座(11月22日~12月21日生まれ)

射手座男性は情熱を捧げる仕事を求めるので、出世や高収入にはあまり興味がないでしょう。ただ、「これだ」と思った仕事には高い熱量でのめり込むため、周囲から認められやすく、気づけば出世の道を歩いている可能性も。

 

熱中できる仕事に就けたら、ガツンと結果を出して早々に責任あるポジションを任されそうです。中年期を迎えるころは、ひと通りやり尽くしてそれまでとは違う分野に挑戦するかもしれません。

 

10位:双子座(5月21日~6月21日生まれ)

双子座はスピード感がある業界や変化の多い仕事を好むので、出世するなら早くから結果を出しそうです。特に、ITやクリエイティブの世界ではフットワークの軽さとアイデア力で結果を残せるはず。

 

ただ、双子座本人がそもそも偉くなることを望まないかもしれません。「管理職になると現場から離れてつまらなくなる」「偉くなるとやりたい仕事ができなくなる」と出世を回避する可能性があります。

 

11位:水瓶座(1月20日~2月18日生まれ)

水瓶座男性にはクリエイタータイプと経営者タイプがいます。前者は大器晩成型かもしれませんが、独立・起業するなら成功をつかむのは比較的早いはず。

 

また、水瓶座は独特の個性を強みにゼロから物事を作り出せる人です。

成功するタイミングに個人差はあっても、自分を信じてつらぬいたなら思いどおりの仕事人生を実現するでしょう。

 

……では最後に1位と12位を見てみましょう。12星座内でもっとも大器晩成タイプなのはいったい何座?

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
ライター・占い師 沙木貴咲

スポンサーリンク

スポンサーリンク