オシャレ迷子「何を着たらいいかわからない!」初夏コーデの正解とは?【植松晃士】

皆さん、こんにちは。植松晃士です。

5月はたまに初夏?と思うような日が増えてきますね。コロナも落ち着いてきたせいか、街のあちこちで混雑を見るようになってきました。

さて、そこで読者の皆さんは「何を着て出かけたらいいのかしら?」という壁にぶち当たることでしょう。

 

この時期、何を着たらいいの?

最近のトレンドのひとつとして「ワントーン・コーディネート」があります。上下1色でコーディネートすることですね。若い子たちだと、スウェットのセットアップとかで街歩きしてますが、それは着ている本人が華やかでキラキラしているから許されるんです。

そのワントーン・コーディネートがちょっと大人びて見えるから若い人たちに人気があるのであって、すでに大人の皆さんがそれを真似してどうする???? これ以上大人になったら何になるのー???(苦笑)

ただ、トレンドを取り入れる勇気は必要。「旬」を感じさせないと、ますます老けてしまいますからね。じゃ、ワントーン・コーディネートを大人ならどう着こなす?

 

40代からの「ワントーン・コーデ」の正解!

正解は、小物でカラーミックスさせて、ワントーンコーディネートを3色使いで完成させること。注意したい点は、2色じゃダメってことなの。例えば、白の上下ワントーンなら、バッグは黄色、靴は赤、という感じ。ここで、バッグと靴を同じ赤にしちゃ台無しよ。

 

紺色のワンピースの黒のバッグと靴なんて、「今日は保護者会?」と言われちゃう。紺色のワンピースだとしても、白いバッグに黄色の靴とかで、まるでカラーパレットのような仕上がりにするんです。柄はなくて無地でOK。大人に大切なのはカラー。

 

イエベorブルベのチェックも大事!

カラーといっても、色のトーンは大切。黄みがかっているものと、青みがかっているものを組み合わせるのはNG。どちらかに合わせて。

 

大人に似合いそうなのは、ベージュやキャメル系あるいはカーキグリーン、白のワンコーディネートかしらね~。白といっても難しく考えず、白いデニムにシャツでも〇。そこに、赤いコンバースのスニーカー、黄色のトートバッグとかでも完成よ。

 

アクセサリーはご自由に。夏の気配を感じる頃だから、涼しげなパールやシルバー、クリスタル系を合わせてもいいかも。

 

おばんザメを脱出して!

ただね、街をパトロールしているとまだまだいるの。ロングスカートにぺったんこの靴を履いたいい年齢をした大人の方々が! 脚やお尻といった問題ある下半身を隠せるのはいいことだし、歩きやすい靴だろうけど、それが若い子たちの間で流行ったのは2年くらい前よー。なのに、ずーっとそれにしがみついているなんて、コバンザメならぬ「おばんザメ」よ!

 

もはや制服化しちゃっているけど、制服には落とし穴がありますから。みんなが同じ格好をしていれば安心、じゃないの。同じ服だから魅力的な人はずば抜けて見えるだろうし、アンチ魅力も露出してしまうんです。だから、制服に甘んじていてはダメ!

 

おばんザメから早く抜け出して、ワンコーディネート×カラフル小物で、アフターコロナの新しい自分を楽しんで☆

 

では、また次回お会いしましょ♪

▶▶前回はコチラ:40代からのオトナ美容、いま気をつけたい「3つのルール」!

▶▶【植松晃士】「美人のたしなみ」記事一覧

       

【編集部からアンケート】サプリを飲んでいる人、飲みたい人、教えてください!
回答はコチラから

     

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク