【40代からの婚活記#307】ドキッ!彼から「いつもと違う」メッセージが届いて…!

2022.06.22 LOVE

40代の婚活は、豊かな人生経験の宝庫。44歳の夏から婚活を始めたOTONA SALONE編集部長・アサミ、婚活歴5年8カ月。これまでの婚活で100人以上もの男性と出会ってきた。ひとつ年を重ねて50歳になったので、微妙にタイトルを【40代からの婚活記】とアップデート。

年齢のせいなのか、それとも環境のせいなのか。婚活に疲れた気持ちがありながら、それ以上にいまは「さみしい」と感じている自分に気がついて……。この話は50代独身女性が「実名+顔出し」で書いている、婚活改め、パートナーを探す活動=「パー活」ドキュメントである。

【「婚活記」の過去記事一覧はコチラ

【40代からの婚活記#307】

メッセージも誠実!

 

マジメ「アサミさんはどんな食べ物がお好きですか?」

サラリと、こちらにも同じ質問を返してきた。これも意外と……誰にでもできそうで、できないこと。自分語りばかりで相手に質問をしてこない人は少なくない。

アサミ「私もお寿司は好きです! 肉か魚かって言われるとお肉派なんですけど、お寿司は例外です。あとは甘いものが好きですね。特にアイスクリームに目がないです」

そのあとも、好きなパスタの種類や苦手な食べ物、自炊のことなど、ごくフツーのメッセージを交わした。

 

マジメさんは「いい人」

マジメさんは、穏やかで、共通点も多くて、相手を否定しなくて、こちらを気遣ったメッセージをくれて……とても好印象。というか、めちゃくちゃいい人なんじゃないか?

ただ……その一方で、なんとなく「トキメキ」を感じていない自分がいることも気づいていた。

まだメッセージ交換しているだけなので、トキメキを感じないのは当たり前なのかもしれない。けれど、元恋人のジェントルさんのときは……彼の独特の言葉のセンスもあって、メッセージの時点でほんのりトキメキを感じていた。

くらべてはいけないって、わかってはいるけれど……。

続きを読む

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
OTONA SALONE編集部長 浅見悦子

スポンサーリンク

スポンサーリンク