更年期の酷すぎるニキビに苦しむ49歳が「見事に救われた」漢方とは?

今回は、更年期の大人ニキビを改善する方法について「あんしん漢方」の薬剤師・清水みゆきさんに教えてもらいました。

前編『「更年期のひどいニキビ」に苦しむ49歳、夫が放った「信じられない言葉」とは』に続く後編です。

 

 

「根本的にニキビを改善したい」人には漢方がおすすめ

「大人ニキビを根本から解消したい」

「ニキビができない体質になりたい」

そんな方には、ニキビの治療薬として皮膚科でも使われている、漢方薬がおすすめです。

更年期になると、女性ホルモンの急激な減少によりホルモンバランスの乱れが生じ、ニキビができやすくなります。

漢方医学では「皮膚は内臓の鏡」とされています。

血流の不足や滞りがあると、肌に栄養が行き届かず、肌のバリア機能や新陳代謝の低下を引き起こし、ニキビの原因となります。

更年期のニキビには、抗菌作用を含む生薬や熱や炎症を冷ます生薬、血流や水分の循環をよくして、肌に栄養をいきわたらせる生薬、肌の新陳代謝を良くして毒素を出す生薬、便通を良くして老廃物や毒素をからだの外に排出する生薬を含む漢方薬で治療を行います。

不調の改善だけでなく、根本的な体質改善を目的としている漢方薬は、自然由来の成分がからだにやさしく働くため、毎日のむだけで症状の解決を目指すことができます。

<更年期のニキビにおすすめの漢方薬>

  • 荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう):鼻炎や副鼻腔炎が気になる方に。
  • 当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん):冷えやむくみ、貧血が気になる方に。
  • 桃核承気湯(とうかくじょうきとう):便秘やイライラ、月経痛が気になる方に。

漢方薬を選ぶ際の重要なポイントは、その人の状態や体質に合っているか、という点です。

うまく合っていないと、効果を感じられないだけでなく、場合によっては副作用が生じることもあります。

どの漢方薬が自分に向いているのかを見極めるためには、専門家に力を借りるのがおすすめです。

漢方に詳しい薬剤師がAIを活用し、お手頃価格で、個人に効く漢方を見極めて自宅に郵送してくれる「あんしん漢方(オンライン個別相談)」などのオンライン漢方サービスに、一度相談してみるのもいいでしょう。

相談もスマホで完結するので、対面では相談しにくい悩みも気軽に相談できます。

●あんしん漢方:https://www.kamposupport.com/anshin1.0/lp/

更年期のニキビの悩みから抜け出そう!

40代、50代になって急にできたニキビの原因は更年期かもしれません。

ひとりで悩まずに専門家に相談してみませんか?

漢方薬でからだの内側からバランスを整えて、更年期も笑顔で過ごしていきましょう。

<この記事を書いた人>

あんしん漢方(オンラインAI漢方)薬剤師 清水みゆき

漢方薬・生薬認定薬剤師  JAMHA認定ハーバルセラピスト

製薬企業の研究所勤務を経て、漢方調剤薬局に8年間勤務。漢方薬の服薬指導、食事や養生法での健康づくりのサポート、ハーブティーやアロマの相談販売に従事。

現在も漢方調剤薬局で薬剤師として働きながら、「ママのためのやさしい漢方」のサイト運営や漢方やハーブの通信講座やセミナー講師としても活動中です。

●あんしん漢方(オンラインAI漢方):https://www.kamposupport.com/anshin1.0/lp/

●漢方女子:https://www.facebook.com/kampojoshi/

続きを読む

       

■ご周囲に、男性更年期の経験者はいらっしゃいませんか?■
アンケートにご協力ください。コチラから

     

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク