気を付けて!40代以上が「履くならコーデに注意すべき」パンツって?

ここ数年のファッショントレンドは、鮮やかな色や個性的なデザインのアイテムが多く展開されていて見ているだけでも楽しい日々。どんなアイテムに挑戦しようか色々と迷ってしまいますね。しかし、その一方で新しく登場したオシャレなアイテムは、なかなかに着こなしが難しい。そこで今回は、数あるファッションアイテムのの中でもパンツに注目。40代以上の大人の女性が取り入れると失敗を招きやすい、要注意なパンツアイテムの特徴をご紹介します。

 

グリーンは大流行中ですが意外に難しい…「カラーパンツ」

今年の顔、カラーパンツ。ミントグリーンやピンク、イエローといった鮮やかで色とりどりのパンツアイテムがショップを賑わせています。ファッション雑誌やSNSでも、着こなしテクニックが紹介されているのでオシャレ感度の高い方はぜひ取り入れたいところかと思います。

 

しかし、カラーパンツの難しいところはなんといっても色の組み合わせです。

 

単体で見ると柔らかい色のパンツも、コーディネートとなると主張が強く感じられ手持ち服との組み合わせになかなか困ってしまいます。だからといって合わせやすい白トップスを持ってきても、白トップスの色の表情やデザインによってはパンツだけが浮いてしまう可能性もあります。

 

そこはかとなくパジャマ感もあるので、トップスとボトムスだけでコーデを完結させないよう気をつけてくださいね。トータルバランス次第で良くも悪くも変化するアイテムであることを念頭にいれて、コーディネートを力を入れましょう。

 

肉感を拾ってないか注意して!「リブパンツ」

リラクシーなリブパンツは暑い夏に持ってこいなアイテム。しかし、リブパンツは基本的に素材が柔らかいため、ボディラインを拾ってしまいます。下半身のボディラインに自信がある方は問題はないのですが、下手に着こなすとこれまたムッチリとした肉感が目立ってイタ見えしやすいので気をつけてくださいね。

 

とくにニュアンスカラーと言われる、オフホワイト・ベージュ・モカブラウンといった肌馴染みの良い色は、一転してオバさん感を醸し出すアイテムにもなり得るので、全体的な若々しいコーディネートを意識してスタイリングをしましょう。

 

ボディラインが変化しやすい40代女性は、Aラインのカットソーワンピースの下にレイヤードとしてリブワイドパンツ履くくらいがちょうど良い着こなしですよ。

 

流行を追うのではなく、「似合う」を意識して

目新しいトレンドのデザインは新鮮ですし、つい手を伸ばしたくなるもの。しかし、昨今のトレンドファッションは何よりエッジィが効いているので着こなす本人のテクニック次第で良くも悪くも変化する傾向があります。

流行だから、みんなが着ているからといった右にならえ思考でお洋服を選ぶと失敗に繋がってしまうので注意して。本当にご自身ににあっているものかどうか、じっくり吟味をしながら選んでくださいね。

続きを読む

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
ファッションライター 角佑宇子

スポンサーリンク

スポンサーリンク