#56婚活中の独女「知人の紹介」で男性とデートしてみた【40代編集長の婚活記】

スポンサーリンク

「40代の婚活は最低2年かかると思ってください」。思えば婚活を始めた1年前、そんなことをカウンセラーの先生に言われたOTONA SALONE編集長・アサミ。その言葉通り、1年が経過してもこれといった成果はない。最低でもあと1年……。続けられるのだろうか?

一抹の不安を抱えつつも、40代が結婚に至る出会いの場所は主に「紹介」と「趣味」であることがわかってきたため、新たな出会いを求めて知人Y氏に、彼の友人である弁護士の男性を紹介してもらうことに……。これは40代独女のリアル婚活記である。

 

まずは知人と待ち合わせ

新橋の駅前、仕事を終えたであろう人々が行き交うところで、まず知人Y氏と待ち合わせをした。

いきなり紹介する男性と2人だけにするのも緊張するだろうから、と気を使ってくれてのことだった。

アサミ「今日はありがとうございます。お忙しいのに付き合ってくださって」

知人Y氏「いやいや、大丈夫ですよ。いきなり2人っきりっていうのもなんでしょ?」

アサミ「普段、弁護士のかたと接点ないですから」

知人Y氏「僕の学生時代からの友人だから、大丈夫ですよ」

アサミ「でも、ありがたいです」

知人Y氏「ま、単純に彼とアサミさんを会わせてみたらどうなるのか、見てみたいっていうのもあるんですけどね」

アサミ「興味本位ですか?」

知人Y氏「そうそう(笑)。だからアサミさんも楽しんでよ」

 

気づかいなのか、面白がっているのか

さりげなく緊張をほぐしてくれているのかもしれない。知人Y氏とは知り合ってから2年くらいになる。何度かご一緒しているが、仕事上ではちゃんとしていて信頼できるかただ。10歳くらい年上だけれど、気さくに話をしてくれる。

知人Y氏「僕は途中で帰りますね。紹介してしばらく話をしたら2人にしますから」

アサミ「お気づかいありがとうございます」

知人Y氏「これ記事にするんでしょ? 楽しみですね」

アサミ「ちょっと、面白がってません? これでもいちおうマジメに婚活してるんですよ」

ただ、性格的には……ちょっと変わり者だと思う(笑)。婚活記事を書いていることを知ったうえで、自分の友人とデートさせようというのだから。

 

なにげに気になる離婚歴と子供の有無

紹介してくれる男性とは、お店で待ち合わせをしているらしい。そのお店まで向かう道すがら、知人Y氏は簡単に彼の話をしてくれた。

知人Y氏「メールした彼のプロフィール、見ました?」

アサミ「見ました、見ました! なんだかすっごく敏腕の弁護士さんみたいですね! 有名企業をいくつもご担当されていて……。大丈夫ですか? 私のような超ゆるゆるグダグダの人間で」

知人Y氏「僕の友人ですから。面白い男ですよ」

アサミ「あと、とても貫禄ある雰囲気で……。顔、めっちゃ濃いですよね!」

知人Y氏「そう言われてみればそうか。あ、先に伝えておきますが、彼はバツイチですよ」

アサミ「全然、問題ないです。バツサンになるとまだ私の中で消化できないんですけど、バツイチはまったく!」

知人Y氏「それならよかった。離婚したのもずいぶん前だったと思いますよ。学生時代につるんでいて、一回途切れてたんですけど、再会して5~6年かな? 少なくとも再会してからは独身ですよ」

アサミ「ちなみにお子さんは……?」

知人Y氏「いたと思うけど、前の奥さんが引き取ってるんじゃないかな」

アサミ「そうですか」

なにげに離婚歴や子供のことは確認してしまう。「結婚相手に求めるのは条件じゃないかもしれない」なんて思ったりもした。それでもチェックしてしまうのは、やっぱりまだ条件に囚われているのだろうか。それとも……。

 

「アレ」に囚われている自分

どこかで引っかかっているのは、流光七奈先生による婚活占いの鑑定結果だ。離婚歴があって、子供はいるが奥さんが引き取っているという結果だった。

出会う男性がこの結果に当てはまっているかどうか。占いは当たるも八卦当たらぬも八卦とはわかっているものの、占いに囚われてしまうのはなんなのだろう。

占いを信じているからなのか。

それとも、自分の男性をみる目に自信がないからなのか。

ふと気づいた。あれ、年齢が同年代から5歳くらい上っていう鑑定だったな……。知人Y氏の学生時代の友人であり同級生と言っていたから……Y氏は確か10歳くらい年上だったな。あれ、そもそも鑑定結果には当てはまってない? っていうことは、運命の人ではない……?

会う前からいきなり冷静モードになる。

いや、そういうバイアスを持っちゃダメだわ。出会いのひとつひとつを大切にしなくちゃ!

 

ここでデートですか?

到着したのは焼き鳥のお店。近頃はオシャレな焼き鳥店がたくさんあり、実際にデートで行ったお店もあるが、いま目の前にあるお店はそうではない。いかにも「ザ・ 新橋のオヤジが集う焼き鳥店」といった風情。およそ、婚活やデートといった趣ではない。

あれ、今日の目的はなんだったっけ?

知人Y氏「ここ、美味いんですよ。美味くて人気なんだけど予約とか受け付けてない店だから、彼に先に入ってもらってて」

アサミ「あ、そうなんですか」

およそデート然とはしていないけれど、まぁいいか。このくらいカジュアルなほうが初対面でも緊張がほぐれるし、焼き鳥好きだし!

知人Y氏「あ、いたいた。お待たせ!」

いたいた、実物。写真と変わらないめっちゃ濃い顔の男性が。この人ね、紹介してくれる「ベンゴシさん」は。

知人Y氏「こちら、例の編集長のアサミさん」

アサミ「はじめまして。アサミと申します」

ベンゴシ「はじめまして」

 

ヤバい、顔に「圧」がある……

ものすごい目ヂカラで私を見るベンゴシさん。そんな、様子のおかしいカッコしてたかしら? いちおう今日は、ブラウンのトップスに白のワイドパンツ。我ながらコンサバ寄りのカッコをしてきたんだけれど。

写真でもだいぶ濃い顔だと思ったけれど、なんだろう実物は3次元で見るからか、もっと「圧」がある(笑)。なんか、ちょっと、こわそうっていうか、気難しそう……? アホな話をしたらものすごい目で蔑まれるんじゃないかしら。大丈夫かな、話が合うかな。

婚活を始めて出会った男性のなかで、パッと見は最もカタブツそうな印象を受ける。もともと私は人見知りしないほうだし、編集者という職業柄、初対面のかたとの会話で緊張することはめったにないんだけれど。ヤバい、めずらしく緊張するかも。っていうか、共通の会話が見つかるかな。会話を盛り上げられるかな……。

 

圧のある顔面と厳格そうな雰囲気、そして弁護士という肩書になんとなく気おされ、めずらしく緊張している自分がいた……。

 

【知人の紹介で出会ったベンゴシさんとのデートはどうなる? 続きはコチラ】

#57 ハイスペック弁護士とのデートに緊張!?40代の婚活デート【40代編集長の婚活記】

【前回はコチラ】

#55 40代女性が「結婚相手と出会う」4つの場所とは?【40代編集長の婚活記】

更新情報がわかる!

フォローを

お願いします!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

浅見悦子の最新記事

LOVEに関する最新記事