#56 婚活中の独女「知人の紹介」で男性とデートしてみた【40代編集長の婚活記】

「40代の婚活は最低2年かかると思ってください」。思えば婚活を始めた1年前、そんなことをカウンセラーの先生に言われたOTONA SALONE編集長・アサミ。その言葉通り、1年が経過してもこれといった成果はない。最低でもあと1年……。続けられるのだろうか?

一抹の不安を抱えつつも、40代が結婚に至る出会いの場所は主に「紹介」と「趣味」であることがわかってきたため、新たな出会いを求めて知人Y氏に、彼の友人である弁護士の男性を紹介してもらうことに……。これは40代独女のリアル婚活記である。

 

まずは知人と待ち合わせ

新橋の駅前、仕事を終えたであろう人々が行き交うところで、まず知人Y氏と待ち合わせをした。

いきなり紹介する男性と2人だけにするのも緊張するだろうから、と気を使ってくれてのことだった。

アサミ「今日はありがとうございます。お忙しいのに付き合ってくださって」

知人Y氏「いやいや、大丈夫ですよ。いきなり2人っきりっていうのもなんでしょ?」

アサミ「普段、弁護士のかたと接点ないですから」

知人Y氏「僕の学生時代からの友人だから、大丈夫ですよ」

アサミ「でも、ありがたいです」

知人Y氏「ま、単純に彼とアサミさんを会わせてみたらどうなるのか、見てみたいっていうのもあるんですけどね」

アサミ「興味本位ですか?」

知人Y氏「そうそう(笑)。だからアサミさんも楽しんでよ」

 

気づかいなのか、面白がっているのか

さりげなく緊張をほぐしてくれているのかもしれない。知人Y氏とは知り合ってから2年くらいになる。何度かご一緒しているが、仕事上ではちゃんとしていて信頼できるかただ。10歳くらい年上だけれど、気さくに話をしてくれる。

知人Y氏「僕は途中で帰りますね。紹介してしばらく話をしたら2人にしますから」

アサミ「お気づかいありがとうございます」

知人Y氏「これ記事にするんでしょ? 楽しみですね」

アサミ「ちょっと、面白がってません? これでもいちおうマジメに婚活してるんですよ」

ただ、性格的には……ちょっと変わり者だと思う(笑)。婚活記事を書いていることを知ったうえで、自分の友人とデートさせようというのだから。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

おすすめ記事

LOVEに関する最新記事