パワスポ、異世界、美味しいもの。いいあい的「箱根のおすすめスポット&お土産」4つ

みなさまこんにちは。

隙あらば旅。イラストレーターいいあいです。

今日は、東京砂漠に疲れた私が箱根に通うようになってから、改めて、これは皆様におすすめしたいと思ったスポットとお土産をご紹介しますね。

ひとつめ。大涌谷です。一つ食べれば寿命が7年延びると言われる黒卵でおなじみの大涌谷は箱根において芦ノ湖と並ぶ、どメジャーな観光地。みなさん一度は行かれたことがあるのではないでしょうか? そこが、なぜ今おすすめなのかと言いますと、大涌谷は観測史上初の2015年の水蒸気噴火以降、その様相が以前に増してものすごくなっているからです。以前は私、大涌谷に行っても、山腹から幾筋か立ち上る煙を眺め、硫黄ガスの香りに包まれながら「ほほ~なるほど地獄だね」と黒卵をほおばる程度でした。どちらかというと、火山より黒卵メインのレジャー。

ところが現在。もう行くたびに黒卵どころではありません。毎回、黒卵食べるのを忘れて火口を眺めています。スピリチュアル方面の方々に九頭竜神社や箱根神社が人気ですが、私的には大涌谷がそれほど注目されないのが不思議です。ここをパワースポットと呼ばないでどこをパワースポットと呼ぶ? というくらいものすごいパワーですよ、大涌谷。私は、疲れた時ここに行くと一気に元気が出ます。以前、ブラタモリの箱根回でタモさんも大涌谷でテンションがギュンと上がっておられました。立ち上る煙の量も、パウダリーな黄色の硫黄に染まった山腹の景色も、以前よりずっと迫力のある姿で間近に眺めることができる今、その気持ちはとってもよくわかります。

大涌谷は地上から見るのもおすすめですが、よりダイナミックに大涌谷を感じたい方は箱根ロープウェイに乗ってくださいね。地球がむくむくと活動する様子を真上から見下ろすことができますよ。

 

ふたつめのおすすめは、駒ケ岳ロープウェイで行く箱根駒ケ岳山頂です。ここのおすすめポイントは「異世界感」です。芦ノ湖の東側に位置する箱根園から乗車できる、開業1963年の駒ケ岳ロープウェイ。

建物や、各所に使われているフォントなどからいい感じの時代経過を感じます。この乗り場からすでに異世界感は始まっているのですが、駒ケ岳山頂駅がまたすごい。

正直、若干の廃墟感すら漂う年季の入った建物。そこにきて、この駒ケ岳山頂はかなり霧がちな場所。霧の中に佇む山頂駅は、もはや半分あの世のように感じられます。行ったことないけど。

夏来ても冬来ても、麓の駅よりぐっと気温が低い山頂(写真は夏と冬が混ざっています)。そのため麓とは植生も違い、ここはどこ? という異世界感がぐっと立ち昇って来ます。

異世界感に身を委ね山頂を一周する途中、箱根本宮にお参りし、展望台から芦ノ湖の複雑な地形を眺め、再び駒ケ岳ロープウェイで下山します。冬の晴れた日にはびっくりするくらいくっきりとした富士山を見ることもできますよ。

こちらはロープウェイの中からの眺め。どの季節に来ても季節ごとに違う美しさ。ただし冬の山頂は、激寒いので防寒対策をしっかりとしてくださいね。

下山したら、異世界から戻って来た安堵感と共に、大抵お腹が減る私はプリンスホテルのビュッフェで肉などいただき(味は普通!)ホテル敷地内の湖畔のベンチでほっとひと休みします。ベンチでのんびりしていると、これまた足の遅いクワガタが私の前をゆっくり横切って行ったりします。

こんな感じで遊んで、すっかりリフレッシュした後は温泉に入って、泊まってもいいし帰ってもいい。ああ自由度の高い箱根、幸せ。どちらにしてもお土産にあれ買って帰ろう。私が箱根に行って、買うのはこのふたつです。

★藤屋商店の梅干し

★丸うのかまぼこ

藤屋商店は箱根湯本にある梅干し屋さん。梅と塩だけの昔ながらの梅干しを作っておられます。さがみ信用金庫の隣で、梅の花の看板が目印。

あるとき泊まっていたホテルから、ぶらぶら歩きながら湯本駅へ行く途中に見つけたお店なのですが、今、本当にスーパーで甘味料や添加物の入っていないシンプルな梅干しが売っていないので、嬉しくなってしまいました。昔ながらの梅干しと言っても藤屋さんが一味違うポイントは、昔ながらの製法そのままで、塩分を控えめにしているところ。全て試食させていただけるので好きなのを選ぶと良いのですが、塩分は15%、18%、20%にわかれています。私は一番うす塩の「天然うす塩小梅干し15%」¥1190がお気に入りで、スープに一個、納豆に一個と日々愛用しています。藤屋商店 神奈川県足柄下郡箱根町湯本690-5

 

もうひとつは、丸うのかまぼこ。かまぼこは湯本周辺だけでも、かなりの種類が売られており、どれを買っていいかわからないのでとりあえす一番有名な鈴廣を買っていた私。でもあるとき、それでいいのか私と思って、湯本周辺で試食が出ているものすべてを食べ比べてみたのです(横浜中華街で月餅もやったことあり)。それ以来胸を張って、かまぼこは丸うと決めている。丸う小田原蒲鉾「上小板」の白。¥1036です。

私は、かまぼこにはなるべくプリプリしていて欲しいのですが、丸うはプリプリです。なんと言うか、激しくかまぼこです。ふんわり優しい系じゃなくて男前な力強いかまぼこです。今回これを書くにあたりオフシャルサイトをチェックすると「色、艶、歯ごたえ共に充分」との説明。なるほど。ですよね。深く頷きました。丸うは包みやロゴもかっこいい。箱根湯本周辺のお土産屋さんや、箱根湯本駅の改札横にあるお土産屋「箱根の市」でも買えるのでチェックしてみてくださいね!

【もっと読むなら】

40歳からのおしゃれ論

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40歳からのおしゃれ論 旅先で2万歩ける私の靴はこれ2選

ヒールというのものを履かなくなってから、すっかりコンフォートな靴の愛用者である私。旅ともなればその傾向は一層強くなります。そろそろ夏の旅を計画している方も多いかもしれないので、今回はオススメの旅靴につ…

女41歳、盆栽始めました。聖地・大宮盆栽町と盆栽博物館へ

今年に入ってから足繁く、私はさいたま市大宮のちょっと先まで通っている。なぜなら、そこに盆栽町があるからだ!昔から盆栽に興味はあったけれど、毎日の水やりや剪定を考えると、旅好きで家を空けがちな私には無理…

女の指先に歴史あり。懐かしきかなアセトンとトルエンのかおり。

日常生活で目に入ってくる自分のからだパーツ、ダントツの一位、手。指先。他の部位は鏡をわざわざ覗かないと見えませんが、手だけは目に入る。故にそこが整っているとそれだけでなんとなく気分が良いものですね。み…

「ストール大好き人間」の私にぼんやり訪れた気づき2つ

すっかり春ですね。巻いてますか? 私は巻いてます。スプリングコートだけでは肌寒く感じる日に。強くなってきた紫外線対策に。ファッションに春らしい色を差し込みたい時に。ということで今回はストールの話をして…

40歳からのおしゃれ論「なに着ていいかわかんなくなる」の話

20代後半、36~37歳、40超えたところ。 タイミングは人それぞれだけれど、年齢の角を曲がるとき、女はこう漏らすことがある。 「なに着ていいかわかんなくなるときあるよね」。進みゆく時間の中、すべての瞬間で確固…

地味にブーム来たる。バックトゥーザブローチ!つけてる?ブローチ。

ブローチ。リングやピアス、ネックレスなどアクセサリーの種類はたくさんあるけれども、ブローチってとりわけ懐かしい響き。子ども時代のお出かけの時、ジャンパースカートやワンピースの胸元に母親につけてもらった…

東京砂漠に疲れ果てた私がおすすめする、箱根の大人な楽しみ方3つ

神奈川県生まれ神奈川県育ちなこともあり、子供の頃から箱根に行く機会が多かった私。親の運転する車の後ろで、いつも車に酔って気持ち悪くなりながら行くドライブ。それは、当時住んでいた横浜から箱根の芦ノ湖や仙…

40歳からのおしゃれ論 理想のコートとまだ出会えていない件

みなさんこんにちは! 日に日に寒くなってきましたね。そんなわけで今日はコートの話です。私のパートナーは、かなり寒がりかつアウトドア志向なので、真冬になると南極観測隊が着るような宇宙に行く人が着るような…

40歳からのおしゃれ論 インドの代官山でショップ店員に教わった。

みなさまこんにちは。先月に続き、今月もインドに行ってきたいいあいです。自分でも2ヶ月連続でインドに行くとは驚きですが、インドのお隣ネパールで友人の結婚式があり、帰りにインドのデリーに寄ったのです。今、…

40歳からのおしゃれ論 そりゃ「あの人痛い」って思われたくはないですけれども。

服の「痛い」「痛くない」の話って良くあります。20年以上、女性誌とその周辺でお仕事をさせていただいているので、かなりの頻度で耳に入ってくるトピックです。このアイテムはIN!でもこっちはもうOUT!というあれ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LIFESTYLEに関する最新記事