「きのこのクリーム煮」は3種類入れると劇的に美味しくなる【シェフのテク】

皆さん、こんにちは。vivo花本です。

さて連載18回目の今日は〈きのこのクリーム煮〉の紹介です。きのこをクリームで煮込むだけの超シンプル料理ですが、とても美味しく私の大好きなフランス料理の1つでもあります。ただ、美味しく作るためにはポイントがいくつかありますので、順を追って解説していきますね。

更にこの料理、生クリームの煮詰め時間を短縮すると、そのままパスタソースとしても使えるので覚えおくと、とっても便利ですよ。では今回も早速いってみましょう!

【家バルつまみ by vivo花本朗 #18】美味しい〈きのこのクリーム煮〉の作り方。

きのこは最低でも3種は混ぜる。

 

【材料】
マッシュルーム       1パック(約150g)
エリンギ                   1パック(約100g)
舞茸                           1パック(約100g)

サラダ油                    適量
ベーコン                    40g
玉ねぎ                        1/4個(50g)
塩                                小さじ1/2
生クリーム              120ml

 

きのこの種類は特にこだわる必要はありません。今回は私のお店で実際に使用してる3種で作りましたが、椎茸やシメジに置き換えてもらっても大丈夫です。ただし、複数のきのこを使った方が美味しくできるので、必ず最低3種は混ぜてくださいね。多い分にはいくつ混ぜてもOKです。1種類でも美味しいのですが、どうしても味が単調になりがちです。複数混ぜた方が味わいも複雑になり、深みが出て、 より美味しく感じられると思います。ここがプロならではの秘訣です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事

FOODに関する最新記事