植松晃士 オバ見えを避けたいなら「買っていい色、ダメな色」!

みなさん、こんにちは。植松晃士です。

そろそろお花見の季節になりますが、桜!と浮かれても、朝晩はまだ冷え込むよね~。とはいえ、やっぱり気持ちは春。お買い物に行って新しいお洋服を買いたくなりますね。

 

2018年、春のトレンド色は?

そこで。40代アップの女性は何をどう選ぶか?という問題が常に頭をよぎります。大人なら、それこそたくさんのショップを見てまわって。何が、どういうシルエットが流行っているのかチェックしてみましょう。そうすることで、この春はやさしいカラーが増えているなって気づくはず。いわゆる、ペールトーンやちょっとスモーキーがかったふんわりやさしい色みですね。

 

でも、手を出さないで! 流行ってるからと買ってしまってはダメなものが、これらのやさしい色あいのものです。なぜかって? やさしい色=ボヤっとしてるってこと。そして、40代アップの女性の肌はだいたいがくすみがち……。そこへぼんやりした色を持ってきたら、さらに肌がくすむじゃない~! つまり、ビビッドカラーを買う、が正解です。

 

40代女性に買ってほしい色

イエロー、グリーン、レッドなどなんでもいいので、目に鮮やかな色を選びましょう。思いきってショッキングピンクなんかでもいいかも。くすんだピンクじゃなくてね。

©ottod’Ame/オットダム(オットダム銀座店)

©ottod’Ame/オットダム(オットダム銀座店)

とはいえ、トップスに鮮やかな色を合わせると顔が浮いてしまう~というなら、ワンクッション置いてスカートにしては? トップスは黒のタイトなものにしてみる。あるいは白なら今年らしいガバッとしたシルエットにするのもステキですね。

©Sinequanone/シネクァノン(ストックマン)

 

オバ見え必至のシルエットにご注意!

さらにいろいろ見ていると、ひざ下のスカートが復活していることにも気づくはず。でも、これも40代アップの女性には危険なアイテムです。だって、昭和の時代、70~80年台のイメージでしょ。若い子が着るならギャップがあっていいかもしれないけれど、もろオバさんになっちゃうから。

自分が中高生の頃、親戚のオバちゃんが着てたようなスタイルじゃない? でも、おなかまわりや足も隠したい気持ちもわかるから、流行のプリーツスカートよりもフレアスカート。プリーツだと、ストンとして、筒のようなシルエットになりがちだから(苦笑)。さらに、そのフレアスカートの色をビビッドにしては?というのが、大人の女性に向けた春ファッションのご提案のひとつなんです。

 

絶対ダメ。40代が着てはいけない色

最後に、絶対に絶対に着てはいけない色を教えてさしあげるわ。それは茶色よ。

なぜダメかって、それはシミを連想させる色だから(笑)。肌がくすんでいるところに、わざわざ茶色を選ばなくてもいいでしょ~。もちろん、控えめな大人の女性感は演出できるかもしれないけれど、ジミすぎ! しかも全身が茶色のコーディネートはなし! 春の青い空に、まだ芽吹いていない桜の枝みたいな感じになっちゃう。せっかくの春気分なのに、つぼみさえもなくて、物悲しいよね。もしも茶色を着るなら、新緑やお花を思わせるピンクやグリーンといった華やかな色を靴やバッグ、アクセサリーなどで加えてみて。一気に垢抜けてフレッシュな感じに仕上がるはず。

 

大人の春ファッションのヒントになったかしら? さっそくお買い物に出かけて、気分を変えてみてね!

では、またお会いしましょう★

■写真協力

ottod’Ame/オットダム(オットダム銀座店)

 Sinequanone/シネクァノン(ストックマン)

スポンサーリンク

40代は揺らぎの時期?「似合う服が見つからない」と思ったことがある人は読むべし!

クローゼットの中に服はたくさんあるのに、今日着たい服が見つからない、出かける前に鏡の前に立ったとき、昔ほど自信が持てない、そう感じたことはありませんか?20〜30代…

40代がついやってしまう痛い若作りファッションと解決法8つ

世間では定番と言われているアイテムなのに、40代があわせると痛いオバさんコーデに?まだ似合うと思っていたのに、40代があわせると男性がドン引きするコーデに?「自分が…

植松晃士 コレってどうなの? 実は痛い「おブス」な40代の夏ファッション

みなさん、こんにちは。植松晃士です。夏の小旅行の計画は立ててみたかしら? どこかに旅に出るとなると心も浮き立ちますよね~♪羽織ものの肩がけって、実は…!でも、今回…

えっ…嘘でしょ!? 一気に5歳老けて見える恐怖のトップス

例えば、久しぶりに会った女友達と顔を合わせた瞬間に「……あれっ、なんだか老けたなぁ」と思うことはありませんか? それは、もしかしたらその時着ている服が原因かもしれ…

40代が選んではいけない2018年春のNGファッションまとめ

人気のトレンドコーデといっても、そのまま着てしまうとなぜか違和感が出てしまうのがアラフォー世代のファッション。アイテム選びや合わせ方を間違えると、一気に痛さが出…

植松晃士 絶対にやってはいけない、40代からの秋のファッション講座

みなさん、こんにちは。植松晃士です。秋の訪れを感じるのは、やっぱり「食」だよね~。銀杏もいいけど、やっぱり松茸! 今年は何回食べられるのかしらー(笑)? そして、…

あなたはどれを捨てますか?40代のファッション断捨離候補、1位はアノ服

最近「やったこと」「やってみたいこと」でよく挙がるのが「断捨離」です。30代に積もり積もらせた服を捨てに捨て、身軽になる人が大変多いとのこと(編集部調べ)。単価高…

真冬のZARA! 「#ザラジョ」に学ぶデニム着回し7コーデ

アラフォーのデニムスタイルって実は難しいコーデのひとつ。脚が細いからといってスリムを履くとイタくなりますし、ダメージデニムも組み合わせによっては汚く見えます。そ…

植松晃士 身近なあの服がオバサンを加速!? 40代オシャレの注意点

みなさん、こんにちは。植松晃士です。雑誌や店頭ではすでに秋冬のファッションがもりだくさんですが、まだあんまり買ってなくな~い???ということで、今回のテーマは『…

40代にありがちな服迷い。「やってはいけないコーデ」4選

「このイラストを見かけるたび気が引きしまる」「OTONA SALONEを読むのが毎週の禊」と各界で大人気、それが「脱オバサン!」イラストコーデ企画。今回は「真夏に起こりうる…

植松晃士 おブスです!この夏40代が「着てはいけない」3大ファッション

みなさん、こんにちは。植松晃士です。梅雨が明けたらいきなり夏が始まりましたね。時折、驚くほど蒸し暑い天気になったりして、本当に今年は何を着たらいいの?と迷っている方がたくさんいるんじゃないかと思います…

植松晃士 それお面⁉ 40代が「やってはいけない」夏メイク

みなさん、こんにちは。植松晃士です。夏休みはどうお過ごしになるご予定かしら。リゾート、ビーチに行くなら、前回話題になったロングワンピースをぜひご堪能あれ~♪夏になると必ず起こる事件さて。今回は夏になる…

植松晃士  それパジャマ⁉ 40代が「着てはいけない」夏ファッション

みなさん、こんにちは。植松晃士です。毎日むしむしと暑い! こんなに暑いと、どういうファッションにしたらいいのか、悩むところですよね~。この夏、ワンピ×ワイドパンツが流行中街でよく見かけるのが、ずるずる…

植松晃士が選ぶ!「ベストコスメ2019上半期」を発表します☆

みなさん、こんにちは。植松晃士です。前回、初対面による「好印象ファッション」をお届けしておりますが、今回はその美容編ともいえる「ベストコスメ2019上半期」です。ファッションでいい感じに仕上げることができ…

植松晃士 脱・おブス服! 誰でも「好印象」になれる2大ファッションキーワード

みなさん、こんにちは。植松晃士です。世の中が令和になって1カ月が過ぎ、生活も落ち着いてきた頃ではないでしょうか。新元号を迎えて新たな気持ちでスタートを切った方も多いかと思いますが、今回は初対面から「好…

植松晃士 マンネリおブスにご用心! 40代が「見直すべき」美の習慣

みなさん、こんにちは。植松晃士です。令和時代になって1カ月近く過ぎましたが、もう慣れましたか?「美しさ」で一番大切なのは!今回は美容のお話です。10連休の間に、せっせと美容に時間もお金もかけたという方も…

植松晃士 オバ見え回避! 40代が「捨てるべき服、持つべき服」

みなさん、こんにちは。植松晃士です。前代未聞の10連休をみなさん、どうお過ごしになりましたか? 海外に行かれた方、国内旅行を楽しんだ方、おうちでまったりしていた方それぞれでしょうけれど、平成から令和への…

植松晃士 もう挫折しない!新元号から始めたい「ダイエットの新ルール」とは?

みなさん、こんにちは。植松晃士です。あと1週間ほどで令和元年がスタートしますね。ということは、ゴールデンウィークが始まるってこと!みなさんは、ご予定はもう決まっているのでしょうか。僕は、美容ウィークに…

植松晃士 もうやめて!40代は「脱・ベーシック」するべき4つの理由

みなさん、こんにちは。植松晃士です。4月になり、新元号「令和」の発表があったり、なんだか新鮮な年度スタートですね~。意外にもベーシックは、年輪が浮き彫りに⁉そこで、ご提案。気持ちも新たになったところで…

植松晃士 大人の春メイク「トレンドより大事なこと」って? 40代が必要な春コスメ3選

みなさん、こんにちは。植松晃士です。三寒四温で春が近づいてますね。今回のビューティー編では、「大人の春メイク」をテーマにお届けしたいと思います。「大人の春メイク」に必要なのはとはいっても、若い人々と違…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

FASHIONに関する最新記事