この人を選んだら、幸せになれますか?-38歳・清美の場合(3)-【40女の恋愛事情・story4】

飲みに誘ってくれた2人のうち、1人は会社の同期。もう1人は取引先の年下の人。

同期は一緒にいて安心するけれど……。そして、今日は年下くんと会う。

あまり語られることのないアラフォー女性の恋愛事情をクローズアップした小説、【40女の恋愛事情】

38歳・清美の3回シリーズ、4-14-2に続くエンディングです。

Night view of the Tokyo Shinjuku

年下くんとは、駅ビルの中のおしゃれな夜カフェに入った。

10階の窓際の席だったから、目の前にビルの夜景が広がっている。

 

「綺麗ね」

うっとりと外を眺める。

普通だったら「綺麗だね」と言葉をかぶせて来てくれるのに、彼は黙っていた。

「ここは10階なんだし、いちいち騒ぐほどの高さじゃないですよ」

とクールだった。

 

彼はまるで、私とは、”そういう雰囲気”になるまい、と身構えているかのようだった。

優しい言葉をかけても、褒めてみても、彼からは大して反応が返ってこない。

それどころか、こんなことまで言われてしまった。

「誰にでも、そんな風に、気があるような態度を取ってるんですか?」

 

「気があるだなんて」

手のひらがじんわり熱くなる。

「ただ、素敵だと思ったから、褒めたりしているだけよ」

「でもいろんな人に言ってますよね?」

「なんで、そんなこと聞くの」

 

顔がこわばる。

私のことについて、誰かがよからぬ噂でも流しているのだろうか。

「噂なんて聞いてないですよ。でも、何度か会社で姿を見かけてたんで、なんとなくわかります。いつも違う男の人と、廊下とかで、こそこそ話してたから」

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

おすすめ記事

LOVEに関する最新記事