簡単すぎ!ねじるだけアレンジなら「伸ばしかけボブ」も広がらない【特集オトナの髪悩み】

おしゃれに見えるとアラフォー世代にも人気のボブヘアですが、梅雨のシーズンは扱いにくいというお悩みも。

朝、しっかりとスタイリングしたつもりでも時間がたてばボワッと広がったり、うねりが気になったりと残念ヘアになりがちです。

そこで、簡単だけど広がりを抑えられるアレンジをRamieで教わってきました。

3分くらいでできるので、外出先で広がりに悩まされてもこのアレンジを覚えていれば安心です。

 

ねじり+くるりんぱでふんわりハーフアップ

 

髪の広がりが気になるのはハチまわり。そこを抑えてしまえばスッキリ見えるんです。

ただ、頭頂部のボリューム不足を感じはじめるアラフォー世代はピシッと抑えてしまうとさみしい印象になるので、トップはふんわりを死守したいところです。

そのためにはトップ(つむじ周辺)はねじって高さを出し、その周りをくるりんぱで広がりを抑えるのがおすすめです。

こちらがそのスタイル。

作り方は…

1.まとめる髪にスタイリング剤をなじませる

ハチ上の髪にシアバターをつけます。小指の爪くらいの量を指の間までしっかりのばし、手ぐしを通しながらなじませます。まとまりがよくなるので、短い髪の飛び出しも防げます。

 

2.つむじまわりの髪をまとめてねじる

トップの髪をざっくりと取り分けます。三角形になるように分けてねじってピンで留めます。

ピンで留める前に毛束をつまみ出しておくと、今っぽい仕上がりに。うまく引き出せないという人は、ねじった根元を前(顔側)に押し出すとトップに少しふくらみが出るので、試してみて。

3.ねじった毛束の下の髪を結ぶ

ねじった毛束の下というか横でしょうか。分け目を隠すように毛束を取り、後ろでひとつに結びます。このとき、ねじった毛束は一緒に結ばないでください。

 

4.くるりんぱをしたら完成

結び目の上から毛束を通して「くるりんぱ」。毛束がねじれて立体的なフォルムに仕上がります。

仕上がりを後ろから見ると…

横からはこんな感じです

トップに高さがありふんわり。くるりんぱにしたことで、分け目があまり目立ちません。

 

時間があれば、毛先を内巻きにブローするかアイロンで巻くとより素敵に見えますよ。

担当:新谷千絢さん/Ramie GINZA

 

ショートでもできるサイドねじり

 

どんなに簡単でもピンで留めることができないという人、多いですよね。でも、これから紹介するアレンジはピンを使わずにバレッタで留めるので大丈夫!

小さめのバレッタをバッグの中に入れておけば、外出先でもササッとできるアレンジです。

サイドの髪を2束に分けて交差させるだけ。

こちらがそのスタイル。

サイドに寄ってみると…

サイドのふくらみが抑えられるだけでスッキリ見えます。両サイドをねじって留めてしまうと、野暮ったい印象になるので片サイドのみにするのがおしゃれです。

 

作り方は…

1.サイドの髪を上下で分け2束にする

アレンジ前にシアバターを全体にもみこんでおくとまとまりがよくなり、全体のふくらみも抑えられます。センターよりもずらして6:4くらいで分け、4側のサイドをこめかみあたりで上下2段に分けます。

 

2.髪をねじりながら交差させる

2束に分けたら交差させてツイストに。下にある毛束をねじってから交差させるとほどけにくく、メリハリのあるスタイルになります。ねじりながらは難しいという人は交差させるだけでもOK。

 

3.バレッタで留める

2~3回交差させたら耳上で留めます。細い小さめのバレッタでねじり終わりを留めれば完成。ピン使いができる人は、一度ピンで留めてからバレッタをつけるとより崩れにくくなります。

直毛、髪がかたい人はアイロンでワンカールにするか、カーラーで巻いておくと動きが出てよりおしゃれに。もちろん巻かなくてもOK。ただ、シアバターなどのスタイリング剤は忘れずにつけておきましょう。広がりをブロックするだけでなく、髪にひっかかりができるのでまとめやすくなります。

 

担当:山内大成さん/Ramie omotesando

 

梅雨時季の広がりを抑えるだけでなく、ボブに変化が欲しい時にもサッとできるアレンジなので、ぜひ活用してください。

 

 

■「特集オトナの髪悩み」よく読まれているランキング■

【人気ベストは!】

1位・「脱オバさん!」 の最強ヘアって?

2位・今更聞けない「白髪染め」の基本!

3位・困り髪の克服法3選

4位・40代の白髪染めをヘアマニキュアに変えてわかった5つのメリット

【このタイプにこのケア】

「運動好き」なら一石二鳥、プロテインで薄毛対策3つ

「敏感肌」の私が髪悩みを克服したの8ルール

「オイルじゃ足りない」人のヘアアイテム3選

「ヘナの白髪染め」って実際どうなの?

「アレンジ」で対策!梅雨時期のこまり髪

剛毛多毛もOKの「便利アクセ&まとめ髪テク」

「ボブ」にすればエイジング髪も扱いやすい!

株主優待でサロン品ゲットして美髪

ヘアケアの正解をコストで比較!

困り髪に効いたリアルな対策・みんなの声

 

■編集部より■

あなたの髪悩みと、その「対策」も教えてください!

無記名、3分で終わります →こちらから

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

前髪セットで目元を明るく魅力的に。40代に似合う前髪セット術3つ

アイラインが描きにくくなった、目尻にしわが増えた、目の下がくすんできた……。アラフォーになると目元の悩みがぐっと増えてきます。マッサージやコスメでたるみやシワを食…

1つ結びもサマになる!「ぎりぎり結べるボブ」がいま40代に人気

年齢を重ねるとトレンドのヘアスタイルよりも扱いやすさを重視する傾向に。髪悩みも増えてきますから、当然といえば当然ですよね。「扱いやすさ」には乾かしやすい、スタイ…

ひと手間で「オバ髪」解消! 40代のヘアアレンジ4選

40歳を過ぎると、肌の衰えだけでなく、髪の老化も一気に加速。その影響なのか、これまで通りのヘアスタイルに違和感を感じてきた……。そんな感覚に陥ったアラフォー女性、多…

前髪チェンジで若見え! 40代女性のオススメ前髪教えます!

最近、若い子の間で人気の高いシースルーバングやうざバング。少しでも若く見せたいからって、マネしちゃってる人がいたら大間違い! 肌がくすんで、ハリがなくなって下垂…

一つ結びをおしゃれアレンジにする秘訣って?

シンプルな一つ結びは無難ですが、ただ結ぶだけでは“疲れたおばさん”になりがちという落とし穴が。そこで、手間をかけずにできるおしゃれなひとつ結びの方法をご紹介します…

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

【脱・オバサンまとめ髪】「ひとつ結びアレンジ」シンプルおしゃれな40代の2大ルール

これまでひとつ結びに関する記事をたくさん書いてきました。振り返って思ったことは、「ひとつ結び」って料理でいうところの「卵料理」のような存在なのでは、ということで…

キレイな髪で新年を!40代女性に似合う美人ヘア教えます

若かりし頃は、年末最大のイベントといえばクリスマス。この日のデートに向けて24日前に美容室を予約したって人も多かったはず。でも、大人になるとクリスマスより、新しい…

脱オバさん! 結局40代女性に一番似合う最強ヘアって?【特集オトナの髪悩み】

オトナサローネで「脱オバさん」ファッション連載を担当する私は、実は元美容師です。ファッション誌でライターを始めるまでは、実家が美容師だったこともあり、美容師の国…

明日からできる!「オバサンひとつ結び」を回避するお手軽3テク

ここ数年、アレンジヘアがブームですが、ゆるふわな無造作ヘアは40代になると挑戦しにくくなりますよね。何かと忙しく、鏡をゆっくり見られない朝は手っ取り早くゴムでひと…

銀座・青山・代官山で40代に人気のヘアは?ベストスタイル発表!【前編】

最近、朝起きると鼻がむずむずして「あ、きたな」と、花粉で春の訪れを感じております。ショップにも春ファッションが並び、寒いけれど春トレンドを取り入れたい気分ですよね。そして服に合わせてメイクやヘアも変え…

うねりやパサつきをおさえて「髪を早くきれいに伸ばす」4つの方法は?

40歳を過ぎると髪をバッサリと切る人が増えますよね。美容師さんに話を聞いても、40代後半から一気にショート率が高まるとのこと。うねりやパサつきで扱いにくくなっている髪は切ってしまったほうがラク、と考える人…

痛くならない「若見え」する40代のヘアルール5選

流行を取り入れたファッションを楽しみたいし、季節ごとに新色のリップやアイシャドウをゲットしたい。ヘアスタイルだって、たまには冒険してみたい。40代はまだ老け込むにははやく、おしゃれにも貪欲です。しかし、…

ぺたんこ、うねり……40代の困り髪を救うのは女っぽミディアム

ケアをしていても扱いづらくなってくる髪。うねって広がる髪を落ち着かせたい、髪が細くなりボリュームがなくなってきた、とにかくまとまらない!そんな手に負えない悩みをカバーしつつ、女らしさや華やかさがほしい…

40代のオバ見え原因1位、白髪。うまく「染めずに」カバーするには?

40代の髪悩み№1といったら白髪。黒髪はどんどん元気がなくなっていくのに、白髪は生命力にあふれているかのように太く、目立つのがやっかいです。しかも、頭頂部や顔まわりなど視界に入りやすい場所に生えやすいの…

やっぱり美容室は怖い!? 思い通りのスタイルを手に入れる3つの心得

「美容室でなりたい髪型をうまく説明できない」「どうオーダーしていいのかわからない」「美容師さんと話すのが苦手」「やってみたいヘアスタイルがあるけれど、結局いつも同じになってしまう」40代女性からもよく聞…

髪がバチバチ静電気でまとまらない!カンタン除去対策3つの方法

冬になると悩まされる静電気。ドアノブや車のドアをさわる瞬間、バチッと痛みが走り不快な気分に。服を着るとき髪がパチパチして顔にまとわりついたり、広がってボサボサになるのも静電気の仕業です。静電気が発生す…

かき上げ前髪、束感…雑誌で見るヘアスタイルの小さいコツ、教えます!

ヘアチェンジをするときに、雑誌のヘア企画やヘアカタログを参考にする人も多いですよね。ただ、素敵だな、マネしたいなと思うスタイルがあっても「スタイリングが難しそう」と諦めてしまうことはありませんか?サロ…

タートル、ニット帽に似合うギリギリ結べるボブの冬アレンジ

タートルネックやマフラーなど首元にボリュームのあるファッションが増える冬。肩につくボブヘアはダウンスタイルだと毛先がハネたり、もったりと見えてしまいますよね。そんなとき、やっぱり頼れるのはまとめ髪。と…

ヘアブラシを変えるだけでこんなに違う!洗う前の「3分ブラッシング」でエイジング髪が美髪に

美肌&美髪は1日にして成らずということは、40数年生きてきた私たちなら実感しているところ。しかし、もう年だから、一度ダメージを受けた髪は戻らないからと諦めることはありません。人生100年時代。折り返し地点に…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事