40代の困り髪に「効いた」リアルな対策は?朝から晩までケアテク辞典【特集オトナの髪悩み】

40代ともなると髪にまったく悩みがない人はゼロではと思います。これまで特にトラブルない、「何もしなくてもまっすぐピカピカの髪」だった人ですらさすがに髪に年齢が出始める時期。いわんや困り髪をや。では、「ぼちぼちの髪」だったみなさんは40代に入ってどう対策を変えたのでしょうか? 実例をピックアップしてまとめてご紹介します。

 

毛髪そのものではなく「髪型」で対策する人がたくさん!

 

■髪型はちょっとくらいアレでも「まとまりやすさ」を優先で

面倒なことが嫌い!清潔であればいい!という考えなので、手間のかからないケアとヘアスタイルにしている。洗って乾かしておけばなんとかなるし、冠婚葬祭もセットしてしまえばなんとかなるから、ここ10数年は洗うのと乾かすのが苦痛にならない長さのロングヘア。ちなみにシャンプー類はそこそこいいのを使っている。仕上げは頭皮も髪もOKな椿油。ヘアスタイリング剤にも便利なので手放せない。今はさらに髪と頭皮にいいという噂の柘植の櫛が欲しい。(41歳・既婚・会社員)

 

●髪の弱点を逆に生かす「スパイラルパーマ」という手も

妊娠・出産から、さらに40代を迎え、髪のハリは減って、うねりがでてきた。もちろんまとまりも悪い。かといってヘアアイロンやドライヤーで必死に髪をまっすぐにするのも面倒なので、ゆるめにスパイラルパーマをかけている。ちょっと良いシャンプーで洗って、洗い流さないトリートメントでケアしたら、ささっと乾かせばOK。うねっているから良い雰囲気。さらに髪のハリが減ってボリュームがないから、逆にいい感じに仕上がっている。なお簡単にヘアゴムだけでお団子にしているだけで好感度の高いおしゃれなまとめ髪になる。なんて素晴らしい!たぶん、白髪が増えてもこのヘアスタイルはいいと思う。(46歳・既婚・公務員)

 

■意外にもこの年になってツーブロックがハマるように!

頭皮にもいいシャンプー、洗い流さないトリートメントよりヘアオイル、抗炎症作用のある成分配合の育毛剤で頭皮マッサージが基本とわかってから継続中。ヘアスタイルは今の自分のスタイルに合うものを変え続けている。なお現在はツーブロックが似合いすぎて継続していたが、楽さを捨てたくないから後頭部と側頭部だけは刈り上げて、頭頂部と他は伸ばしている。ヤバい系イベントのときは伸ばしている部分をコーンロウにしてもらう。これは自分史上最高に似合うヘアスタイル。しかも今の髪悩みをクリアするという素晴らしさ。髪や頭皮を考えると頻繁にはできないと長いつきあいのスタイリストさんに宣言されているのだけが問題点。(48歳・独身・自由業)

 

半端に自力でやるよりも、サロンに全部相談!

■白髪染めは絶対ヘアサロンでやってもらう

普段のヘアケアとかスカルプケアは自力でできるけど、カットやパーマ、カラーリングは無理。今は白髪染めが不可欠になっているので、行きつけのヘアサロンでお願いしている。微妙な色合い(今は紅茶っぽい赤を混ぜたダークブラウン)もオーダーできるし、絶対染めムラもない。ついでにスカルプケアとかトリートメントなど必要なケアも頼んでいる。プロにやってもらうから、満足できるヘアスタイルでいられるし、髪は取り外せないアクセサリーなんだから費用をかけて当然だと自負している。(46歳・独身・会社員)

 

■ちょっとでも伸びたらすぐサロンへ!こまめに切ってもらうのが◎

今のところ白髪の悩みはない。しかし少しずつ見た目の変化があるはずなので、調整は必要だと考えている。だから前髪のカットであろうが、なんだろうがお世話になっているヘアスタイリストを指名してお願いする。髪のチェックもしてもらえるし、ヘアカラーの色を変えるべきかの判断も早い。髪の関係だけは外注にすべき。失敗して伸びるまで泣きながら待つより、プロに任せるほうがストレスにもならない。(40歳・既婚・会社員)

 

■毎月第4日曜はサロン、などスケジュールに組み込んで定例に!

ロングヘアやロブの流行に逆らってクールなマダム風ベリーショートにしている。ほとんど白髪なんだけど、逆にカッコいいと言われるので満足している。だからカットを毎月1回はしなきゃいけないけど、的確に必要な施術を選んでもらえる。ついでにスカルプケアもしてもらっている。なおベリーショートだから髪や頭皮の手入れは簡単でミニマムなメイクで済む分、肌の手入れの手が抜けない。そのせいかエステサロン通いよりヘアサロンのほうがコスパがいい結果になっている。(48歳・既婚・飲食店経営)

シャンプーからドライヤーまで、いろいろ賢く使いましょう!

■最新ヘアドライヤーは素晴らしい味方です!

長年使っていたドライヤーが壊れ、量販店のビューティーコーナーで「今、売れています!」というポップが出ていたドライヤーを買った。高かった。しかしこれを使い始めてから、とにかく髪も頭皮もすごくいい!最高すぎる。シャンプーとかヘアオイルを変えてないのに、とにかく仕上がりが違う。ツヤツヤでサラサラ。なんでこんなに高いんだ?と思ったけど、高い理由があった。買ってよかった。手放せない。(48歳・独身・会社員)

 

■ケアアイテムを大量に用意、楽しんで使い分けてます!

自分のお手入れをするのが苦痛じゃないので、スカルプ用エッセンスとシャンプー、コンディショナー、ヘアオイルを常備している。たまにプレシャンプー用スカルプマッサージ用オイルも使う。比較的髪も頭皮もコンディションがいいと思う。それから使うブラシや櫛も髪質に合うものに変えた。似合うヘアスタイル(野際陽子さん風ショートボブ)を維持させるには、それなりの手間と費用が必要だと思うしね。習慣になると楽しくなってくる。私は気持ちよさと満足できる結果の追求に手間と費用を惜しまない。(47歳・独身・サービス業)

 

 

 

■「特集オトナの髪悩み」よく読まれているランキング■

【人気ベストは!】

1位・「脱オバさん!」 の最強ヘアって?

2位・今更聞けない「白髪染め」の基本!

3位・困り髪の克服法3選

4位・40代の白髪染めをヘアマニキュアに変えてわかった5つのメリット

【このタイプにこのケア】

「運動好き」なら一石二鳥、プロテインで薄毛対策3つ

「敏感肌」の私が髪悩みを克服したの8ルール

「オイルじゃ足りない」人のヘアアイテム3選

「ヘナの白髪染め」って実際どうなの?

「アレンジ」で対策!梅雨時期のこまり髪

剛毛多毛もOKの「便利アクセ&まとめ髪テク」

「ボブ」にすればエイジング髪も扱いやすい!

株主優待でサロン品ゲットして美髪

ヘアケアの正解をコストで比較!

困り髪に効いたリアルな対策・みんなの声

 

■編集部より■

あなたの髪悩みと、その「対策」も教えてください!

無記名、3分で終わります →こちらから

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

一つ結びをおしゃれアレンジにする秘訣って?

シンプルな一つ結びは無難ですが、ただ結ぶだけでは“疲れたおばさん”になりがちという落とし穴が。そこで、手間をかけずにできるおしゃれなひとつ結びの方法をご紹介します…

前髪セットで目元を明るく魅力的に。40代に似合う前髪セット術3つ

アイラインが描きにくくなった、目尻にしわが増えた、目の下がくすんできた……。アラフォーになると目元の悩みがぐっと増えてきます。マッサージやコスメでたるみやシワを食…

前髪チェンジで若見え! 40代女性のオススメ前髪教えます!

最近、若い子の間で人気の高いシースルーバングやうざバング。少しでも若く見せたいからって、マネしちゃってる人がいたら大間違い! 肌がくすんで、ハリがなくなって下垂…

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

1つ結びもサマになる!「ぎりぎり結べるボブ」がいま40代に人気

年齢を重ねるとトレンドのヘアスタイルよりも扱いやすさを重視する傾向に。髪悩みも増えてきますから、当然といえば当然ですよね。「扱いやすさ」には乾かしやすい、スタイ…

ひと手間で「オバ髪」解消! 40代のヘアアレンジ4選

40歳を過ぎると、肌の衰えだけでなく、髪の老化も一気に加速。その影響なのか、これまで通りのヘアスタイルに違和感を感じてきた……。そんな感覚に陥ったアラフォー女性、多…

キレイな髪で新年を!40代女性に似合う美人ヘア教えます

若かりし頃は、年末最大のイベントといえばクリスマス。この日のデートに向けて24日前に美容室を予約したって人も多かったはず。でも、大人になるとクリスマスより、新しい…

「ひとつ結び」を続けてわかった、脱・オバサンまとめ髪のルール

これまでひとつ結びに関する記事をたくさん書いてきました。振り返って思ったことは、「ひとつ結び」って料理でいうところの「卵料理」のような存在なのでは、ということで…

脱オバさん! 結局40代女性に一番似合う最強ヘアって?【特集オトナの髪悩み】

オトナサローネで「脱オバさん」ファッション連載を担当する私は、実は元美容師です。ファッション誌でライターを始めるまでは、実家が美容師だったこともあり、美容師の国…

明日からできる!「オバサンひとつ結び」を回避するお手軽3テク

ここ数年、アレンジヘアがブームですが、ゆるふわな無造作ヘアは40代になると挑戦しにくくなりますよね。何かと忙しく、鏡をゆっくり見られない朝は手っ取り早くゴムでひと…

職場の人間関係がストレスな40代に!「これでちょっと改善した」働く女性の5つの知恵

なんだかんだで、オフィスの最大の悩みは、お仕事そのものではなく「人間関係」! この悩みを避けるわけにいきません。そこで、働くリアルな40代に「オフィスの人間関係をいい具合に保つささやかな知恵」を聞いてみ…

いま40代が後悔しているのは?「30代までに挑戦と失敗をしておくべきこと」

40歳を『不惑』といったりしますね。しかし惑うこともありますし、30代までに挑戦し、仮に結果が失敗でも経験を積んでおけば良かったという後悔を持っている人は案外多いものです。むしろ、後悔と無縁の人のほうが少…

それ絶対ダメ!40代がいまだにやらかす「失敗ダイエット」5つの典型例

20代はやせていた人でも、40代になってからダイエットに取り組む必要が出ることは珍しくありません。また20代に多彩なダイエットを試した方の本気度もすごいです。でも20代のときと同じダイエットで失敗することが多…

40代ビジネスウーマンに聞いた!会社の「ストレスを上手に解消」する方法7選

普通に暮らしていてもストレスは溜まっていくもの。会社だってちょっとかみ合わせがずれればとってもストレスフルです。もうストレス生産所と呼びたいほどですよね。でも年齢を重ねるにつれて、降りかかるストレスに…

ダイエット疲れを吹き飛ばせ!やり直しに効く言葉は何?

大人は疲れと共存して生きるといっても過言ではないですね。その疲れの原因はアレコレあると思います。ダイエットも大人を疲れるものの1つです。今月のオトナの疲れ取り特集でも、ダイエットに疲れた大人の女性たち…

だから「実家へ帰省がイヤ」になる! リアル40代の叫び

お盆といえば帰省でしょうか。「実家に帰省したら、何をしますか?」というアンケートの回答が、実家に帰省したくない理由になってきてしまいました。そこであたらめて「実家が嫌な理由を教えてください」とアンケー…

夏の「電気代の節約」どうしてる? 40代女性のリアルを調査してみた

2018年は猛暑です。もう凄まじいものですよね。異常気象で日本の暑さが危険区な状態です。まさにエアコンが欠かせない夏ですが、電気代も気になりますよね。そこでどんな風に室内にも押し寄せている暑さに対抗しつつ…

40代のビール腹対策!みんなが太らない・二日酔いしないためにやっていることは?

夏はビアホールに行ったり、居酒屋の飲み放題も気分がアガりますよね。でも飲み放題でやらかすという失敗もあり得る問題です。それに二日酔いも怖い。そこで40代の読者にどうやって回避しているかをアンケートしてみ…

ラクに体重が落ちるとウワサの「粗食ダイエット」にライターがトライ、結果は!

1週間で体重を落とすとすると、やはり食事管理が欠かせません。つまり量とカロリーのコントロールですね。それにふさわしいのは「粗食ダイエット」!「そしょく」と言うと台湾のベジタリアンフード、「素食」が浮か…

ズボラ40代の結論! 紫外線過敏症の私がたどり着いた3つのガード術

こんにちは、不真面目なダイエット連載に定評のある藤井です。私のようにダイエットすら不真面目な人間が、美白なとどいうコツコツとした積み上げの必要なことを真面目に頑張れるとは思えないでしょう。でも、頑張ら…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事