エア○ズムより涼しい?私が灼熱の夏に手放せない服はこれ

2018年盛夏。みなさまいかがお過ごしでしょう。

私は、両親共に北海道人なこともあってか、子供の頃から夏が苦手な秋冬大好き人間です。そのため今年の暑さは、なかなか強烈に感じております。恐怖すら感じています。

今回は、そんな私が夏を乗り切るための必需品の話です。クーラーと日傘はマストなんですけれども、さらに皮膚感覚に直接訴える肌に一番近いもののお話です。

それは「カディ」です。

カディとは、インドで作られている「布」の名前。

インドがイギリスの植民地だった頃。イギリス式の機械織りに対抗する手段として、反英独立運動そのものの手段として、あのガンジーがインド各地に広めた手紡ぎ、手織りの布のことです。故にガンジーは「カディはただの布ではない。思想である」との言葉を残しました。

そのカディを2018年の東京を生きる私が、なぜ気に入っているかって。

ガンジーさん。皆さん。カディは格段に涼しいのです。そして優しいのです。私はカディが大大大好きです。

現在、私が盛夏シーズンに着ているのは、ほぼカディで出来た服。

暑い中、服を着ようという時に、自然と、もうカディで出来た服にしか手が伸びないのです。意識してこうなったわけではないのですが、ここ数年、夏が来る前に必ず「ああ、カディ服の洗い替えがないと死ぬな」と思ってしまい、毎年少しずつ買い足してきました。そして現在気がついたら手元に充分なカディ服ストックができていたというわけです。

 

写真は私が去年の10月に、インドのグジャラートの織物工房で撮影した糸車と、工房の若旦那が着ていた素敵な藍染のカディ。

こんな道具を使って、手で糸を紡ぎ織っていくため、糸は機械で紡いだように均一の太さにならないのですね。それ故、生地の中に遊びが生まれ、風が入り汗も逃がしてくれる。インドの暑さを思えば、このような布が良しとされ未だに継承されていることにも納得がいくというものです。

こちらは私のカディコレクションの一部。素材は綿を中心に、麻、シルクもあります。いい感じに柔らかそうな、優しい素材感が伝わりますでしょうか? 涼しい上に、この優しい肌触りがたまりません。

もう一つの特筆すべきポイントは、洗ったらすぐ乾くということです。使い込んだ手ぬぐいって洗ってすぐ乾きますよね。カディはあれと同じか、あれより気持ち早いくらい、すぐ乾くのです。

先日、小田原でワインを飲み、終新幹線を乗り過ごしてビジネスホテルに泊まりました。深夜に洗面所で洗ったカディのワンピースは、数時間後の早朝にはカラカラに乾いていました。カディが空気を孕んでいることの証拠のようで嬉しくなる瞬間です。ちなみに一緒に洗った下着類はまだしっとりしてたので、舌打ち。ドライヤーで乾かしました。

 

近頃では楽天なんかのショッピングサイトでも、「カディ」「ワンピース」などと入れるとカディを使った商品が見つかりますし、カディを反物で扱うネットショップなども存在します。腕に覚えのある方は、ご自分で服を仕立てるのも良いかもしれません。そしてとびきり暑い日に着てみてね。きっと手放せなくなりますよ。

 

 

 

 

★お知らせ★

いいあい個展「わたしの桃源郷」が2018年7月1日〜31日まで箱根のナラヤカフェにて開催中です。21日、22日、28日はいいあいが会場におります。どうぞ遊びにいらしてね。25日、26日は定休日です。

ギャラリー撮影 su-sya

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

【40代のプチ移住】どうしても、部屋にこれを置きたくて。私が移住するもう一つの想い

東京から小田原にプチ移住を決めた私。「自然の近くで、暮らしたい」という気持ちの他にもう一つ、鍵となる想いがありました。それは、大きなダニングテーブルへの憧れ。今も家にダイニングテーブルがないわけではな…

40代イラストレーター、突然都心から「小田原プチ移住」を決めた!その経緯とは

前回、三重県からの旅帰りに、寝る前に布団の中でスーモのアプリをダウンロードした私。この夏、箱根で絵の個展をしたことでよく訪れるようになった「小田原」という土地が、目の前に猛然と立ち上ってきたのでした。…

「東京に空がない」と思ったのは、ある場所に行ってからでした。

みなさんこんにちは!少しご無沙汰しておりました。いいあいです。私、この夏に箱根の宮ノ下にあるNaraya Cafeさん(足湯で有名な!)のギャラリーで、1ヶ月間イラストの個展をしていました。テーマは「箱根」で個展…

オトナの女は「スられにくいバッグ」がバカンスの必需品!

バカンスシーズンが近づいてきましたね。夏休みに海外を予定されている方も多いことでしょう。ところでみなさん。スられたこと、ありますか? 海外で。スリに。幸いなことに、今のところ私はスリ被害にあったことは…

私の顔をぱーっと明るくしてくれた「神の美白3品」は…そこそこ美白してきた40代

私の肌は、日本人の中では色が白い方です。よってシミが目立つ!30代後半から加速度的に、しみそばかす的なものが頬骨の高いところに点々と出現。スキンケア的なことはあまり真面目にやらないけれど、私が唯一やって…

40歳からのおしゃれ論 旅先で2万歩ける私の靴はこれ2選

ヒールというのものを履かなくなってから、すっかりコンフォートな靴の愛用者である私。旅ともなればその傾向は一層強くなります。そろそろ夏の旅を計画している方も多いかもしれないので、今回はオススメの旅靴につ…

女41歳、盆栽始めました。聖地・大宮盆栽町と盆栽博物館へ

今年に入ってから足繁く、私はさいたま市大宮のちょっと先まで通っている。なぜなら、そこに盆栽町があるからだ!昔から盆栽に興味はあったけれど、毎日の水やりや剪定を考えると、旅好きで家を空けがちな私には無理…

女の指先に歴史あり。懐かしきかなアセトンとトルエンのかおり。

日常生活で目に入ってくる自分のからだパーツ、ダントツの一位、手。指先。他の部位は鏡をわざわざ覗かないと見えませんが、手だけは目に入る。故にそこが整っているとそれだけでなんとなく気分が良いものですね。み…

「ストール大好き人間」の私にぼんやり訪れた気づき2つ

すっかり春ですね。巻いてますか? 私は巻いてます。スプリングコートだけでは肌寒く感じる日に。強くなってきた紫外線対策に。ファッションに春らしい色を差し込みたい時に。ということで今回はストールの話をして…

40歳からのおしゃれ論「なに着ていいかわかんなくなる」の話

20代後半、36~37歳、40超えたところ。 タイミングは人それぞれだけれど、年齢の角を曲がるとき、女はこう漏らすことがある。 「なに着ていいかわかんなくなるときあるよね」。進みゆく時間の中、すべての瞬間で確固…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事