寸胴でもキュッと「くびれ見え」。女らしい美ボディに見せる服【オトナの婚活コーデ】秋

「婚活パーティやデートにどんな服を着ていってるんですか?」 最近、そんなことを聞かれるようになった、OTONA SALONE編集長・アサミです。

40代の婚活を始めて約2年。婚活パーティや婚活デートを重ねること50回以上! リアルガチな婚活体験から、私自身のモテ服/非モテ服がわかってまいりました。40代的【オトナの婚活コーデ】、第3回をお届けします。

 

着るだけで「くびれ見え」するスカート

自分の体型で一番気になるところがどこかと言いますと、私は断然「お腹まわり」です。ウエストから下っ腹。私の下腹部には希望が……いや、脂肪がたっぷり(苦笑)。寸胴気味なんです。

お尻も太ももも、二の腕も気になりますけどね、あえて一番を選んだらお腹まわりです。なので「お腹スッキリ見え」「くびれ見え」というのは、ずーっと課題としてきました。婚活を始める前から。

で、婚活をしているうちにわかってきたんです。この「くびれ見え」は、婚活コーデやモテコーデにとても重要だということが!

男性と女性のボディラインにおいて大きく違うのが、バスト~ウエスト~ヒップにかけてのラインです。男性がストレートなラインなのに対し、女性はカーヴィなライン。くびれの有無。つまり「くびれとは、女性らしさの象徴」なんですね。

今回ご紹介した婚活コーデは、ある男性との秋デートで着ていった服。その男性から実際に「スタイルいいですね」と言われたコーデなんです。ホントは腹肉すごいんですけど(笑)。待ち合わせ場所で立っている私の姿を少し遠くから見てそう感じたのだとか。ありがたや……。

 

くびれ見えスカート選び、3つのポイント

なぜこの日、スタイルをほめられたかを考えたところ、行きついたのが「くびれ見え」ということでした。なぜ寸胴気味な私がくびれて見えたか?

それは「サーキュラースカート」!

サーキュラースカートはいうなればフレアスカートの一種なんですけど、布をたっぷり使ったスカートのこと。 サーキュラーとは“円形の”という意味で、スカートを広げると円形になるデザインです。着用すると、底辺が広い三角形になるので、くびれて見えるんです。

スカート選びで大事なポイントは、3つ。

1つ目は、広がりが大きいフレアスカートにするという点。

フレアの広がりが小さいのをおすすめしないのは(つまりそれはサーキュラーではない)、くびれて見えるかどうかは、ウエスト部分とすそ部分の対比だからです。この比率が小さいとあまりくびれて見えません。

2つ目は、ウエストまわりにギャザーがたっぷり入ったギャザースカートは避けるという点。

ギャザーが下腹まわりで立体的に広がってしまうことでくびれ見えしにくいのです。もともと下腹に肉があまりないタイプの寸胴体型なら、そんなことないんですが……。

3つ目は、ハリのある素材を選ぶという点。

素材にハリがあるとスカートがしっかり広がって見えるのですが、素材にハリがないとせっかくのたっぷりとした布がストンと下に落ちてしまうので、結果的に底辺が狭い三角形に見えてしまいます。

 

トップスはコンパクト&華やかに!

よりくびれ見え効果を高めるために、トップスはコンパクトにしました。これも対比の問題。トップスがゆるっとしているとせっかくのサーキュラースカートがくびれ見えしません。

無地トップスだと華やかさに欠けた普段着になってしまうので、レースのブラウスにしました。色は落ち着いたダークグリーン。私は「パーソナルカラー」がオータムなんです。ダークグリーンは、オータムの肌をキレイに見せてくれる色のひとつ。パーソナルカラースタイリストの矢吹朋子先生にも「このトップス、お似合いですね」とおほめの言葉をいただきました。

スカート丈がけっこう長めなので、足元はヌーディに。ファーつきのベレー帽で秋のトレンド感をプラスしました。デート中の店内では、ちゃんと脱帽していましたよ!

 

レースブラウス UNITED TOKYO

チノスカート UNITED TOKYO

ベレー帽 BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS

サンダル(7㎝ヒール) NEBULONIE

 

というわけで、40代編集長アサミによる【オトナの婚活コーデ】、たぶんまた木曜20時にお届けする予定です!

#オトナの婚活コーデ

 

【40代編集長の婚活記まとめはコチラ】

#40代編集長の婚活記

スポンサーリンク

40代が陥る「おしゃれ迷子」「シンプル&ベーシックという病」について

40代は「オシャレ迷子」になる人が多いという。今まで着ていた服がなんかしっくりこなかったり、似合わなくなったと感じたりする。それはアラフォー世代にからは少しずつ体…

40代がついやってしまう痛い若作りファッションと解決法8つ

世間では定番と言われているアイテムなのに、40代があわせると痛いオバさんコーデに?まだ似合うと思っていたのに、40代があわせると男性がドン引きするコーデに?「自分が…

えっ…嘘でしょ!? 一気に5歳老けて見える恐怖のトップス

例えば、久しぶりに会った女友達と顔を合わせた瞬間に「……あれっ、なんだか老けたなぁ」と思うことはありませんか? それは、もしかしたらその時着ている服が原因かもしれ…

40代が選んではいけない2018年春のNGファッションまとめ

人気のトレンドコーデといっても、そのまま着てしまうとなぜか違和感が出てしまうのがアラフォー世代のファッション。アイテム選びや合わせ方を間違えると、一気に痛さが出…

いつまで続く? こなれ感あるシンプルおしゃれ服の流行

「似たような服を着て」と歌う欅坂46の『サイレントマジョリティー』の歌詞ではないが、ここ数年、日本の街を歩く人がとっても似たような服を着ているように感じる。いわゆ…

【40代が選ぶべき】2大トレンドカラー、レンガ色&グレーでコーデを一新

トレンドをゆっくり追う時間も、心の余裕もないアラフォーにとって、手っ取り早く今年っぽくなれるのが、コーデに流行色を取り入れること。簡単なのにオシャレに見えて、出…

植松晃士 絶対にやってはいけない、40代からの秋のファッション講座

みなさん、こんにちは。植松晃士です。秋の訪れを感じるのは、やっぱり「食」だよね~。銀杏もいいけど、やっぱり松茸! 今年は何回食べられるのかしらー(笑)? そして、…

「#ハタラクユニクロ」に学ぶ、大人のオフィスカジュアル6コーデ

さりげなくトレンドをおさえながらもシンプルでスッキリとしたデザインのユニクロのアイテムは、大人の女性にとっても欠かせないですよね。新年からお仕事をさりげなくばっ…

靴とバッグに年齢がにじみ出る!? 街で「オバさん認定」される40代の安っぽ小物

シンプルになりがちな夏コーデのアクセントになるのが、靴とバッグをはじめとした小物使い。だからこそ、トレンド感や大人っぽさを演出できるものを選びたいもの。でも、街…

植松晃士 トレンドの白。40代が「太って見えない」着こなしのコツ

みなさん、こんにちは。植松晃士です。3月も下旬。4月が目の前ということで春なので、今回もファッションのお話をさせていただきますね♪いま買うべきカラーはズバリ白!…

【斎藤工さんに聞いた】もし、シンガポールの街をエスコートするなら?【独占インタビュー】

日本人初のシンガポール観光大使として、2年間活動をした俳優の斎藤工さん。主演映画『家族のレシピ』の撮影やその他の仕事でもたびたびシンガポールを訪れているそうです。そんな斎藤工さんにシンガポールのおすす…

#167 40代の「出会うきっかけ」はコレだった!? 【40代編集長の婚活記】

44歳にして婚活をスタートさせて3年、OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)の婚活はなかなかうまくいかない。さまざまな出会いを求めて婚活し、やっとのことで恋人ができるもたった3カ月にしてフラれた。失恋直後に知…

シンガポールで買いたい! オシャレで可愛い人気お土産11選

旅に出かけたらチェックしたいのがお土産。オトナ女性のたしなみとして、「センスいいね」と言われるお土産を選びたいものです。ちょっとラグジュアリーなものからプチプラまで、オシャレなものを選びました!【シン…

#166 出会わなければよかった…。失恋独女の心の闇【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は、山あり谷あり。OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)は婚活歴3年。あらゆる婚活、出会いを求めながらやっとのことでジェントルさんという恋人ができた。しかし、たった3カ月にしてフラれる。失恋に落ち…

インスタ映えで人気! シンガポール「カトン地区」でプラナカン文化に触れる

パステルカラーの可愛い街並みが「写真映えする!」と人気上昇中なのがシンガポールのカトン地区。プラナカン建築、お菓子、雑貨、衣装など、シンガポール独自の文化に触れるなら、絶対に訪れたいカトン地区の見どこ…

#165 40代独女が「失恋直後」、飲み会に参加してみたら?【40代編集長の婚活記】

20代、30代の婚活と、40代のソレとはだいぶ様子が違う。OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)、婚活歴3年。婚活パーティ、婚活アプリ、知人の紹介、一人行動……など、さまざまな婚活を続けてきた。婚活2年半でジェント…

この先どう生きる? 【40代の転職と独立】を考えて、日本化粧品検定を受けてみた

人生の折り返しとも言われる40代。この先もこのままでいいのかと、自らに問いかける人も少なくないと思います。「四十にして惑わず」という言葉があるけれど、まだ惑いがあることは否めないOTONA SALONE編集長・浅見…

シンガポールの夜「出会いの予感」がする⁉ おすすめバー3選

シンガポールはNIGHTライフを楽しまナイト!というダジャレはさておき。オトナ女性のみなさま、旅先こそ夜はバーへ繰り出しましょう。旅の恥はかき捨て? おひとりさまバーも、意外と海外のほうがトライしやすいの…

#164 飲み会で出会った48歳バツイチ男性。40代独女、どうする?【40代編集長の婚活記】

40代の婚活をスタートさせてから、はや3年。OTONA SALONE編集長・アサミ、婚活パーティ、婚活アプリ、知人の紹介、一人行動……など、さまざまな婚活を続けてきた。婚活2年半でジェントルさんという恋人ができたけれど…

写真映え抜群! シンガポールの「最新フォトスポット」4選 2019

新しい観光スポットが続々誕生しているシンガポール。絶景スポットはつねに進化しています。自然と人工、水や光を駆使した、最新&未来的で写真に撮りたくなるシンガポールの絶景スポット4選をご紹介します!【シン…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

FASHIONに関する最新記事