寸胴でもキュッと「くびれ見え」。女らしい美ボディに見せる服【オトナの婚活コーデ】秋

「婚活パーティやデートにどんな服を着ていってるんですか?」 最近、そんなことを聞かれるようになった、OTONA SALONE編集長・アサミです。

40代の婚活を始めて約2年。婚活パーティや婚活デートを重ねること50回以上! リアルガチな婚活体験から、私自身のモテ服/非モテ服がわかってまいりました。40代的【オトナの婚活コーデ】、第3回をお届けします。

 

着るだけで「くびれ見え」するスカート

自分の体型で一番気になるところがどこかと言いますと、私は断然「お腹まわり」です。ウエストから下っ腹。私の下腹部には希望が……いや、脂肪がたっぷり(苦笑)。寸胴気味なんです。

お尻も太ももも、二の腕も気になりますけどね、あえて一番を選んだらお腹まわりです。なので「お腹スッキリ見え」「くびれ見え」というのは、ずーっと課題としてきました。婚活を始める前から。

で、婚活をしているうちにわかってきたんです。この「くびれ見え」は、婚活コーデやモテコーデにとても重要だということが!

男性と女性のボディラインにおいて大きく違うのが、バスト~ウエスト~ヒップにかけてのラインです。男性がストレートなラインなのに対し、女性はカーヴィなライン。くびれの有無。つまり「くびれとは、女性らしさの象徴」なんですね。

今回ご紹介した婚活コーデは、ある男性との秋デートで着ていった服。その男性から実際に「スタイルいいですね」と言われたコーデなんです。ホントは腹肉すごいんですけど(笑)。待ち合わせ場所で立っている私の姿を少し遠くから見てそう感じたのだとか。ありがたや……。

 

くびれ見えスカート選び、3つのポイント

なぜこの日、スタイルをほめられたかを考えたところ、行きついたのが「くびれ見え」ということでした。なぜ寸胴気味な私がくびれて見えたか?

それは「サーキュラースカート」!

サーキュラースカートはいうなればフレアスカートの一種なんですけど、布をたっぷり使ったスカートのこと。 サーキュラーとは“円形の”という意味で、スカートを広げると円形になるデザインです。着用すると、底辺が広い三角形になるので、くびれて見えるんです。

スカート選びで大事なポイントは、3つ。

1つ目は、広がりが大きいフレアスカートにするという点。

フレアの広がりが小さいのをおすすめしないのは(つまりそれはサーキュラーではない)、くびれて見えるかどうかは、ウエスト部分とすそ部分の対比だからです。この比率が小さいとあまりくびれて見えません。

2つ目は、ウエストまわりにギャザーがたっぷり入ったギャザースカートは避けるという点。

ギャザーが下腹まわりで立体的に広がってしまうことでくびれ見えしにくいのです。もともと下腹に肉があまりないタイプの寸胴体型なら、そんなことないんですが……。

3つ目は、ハリのある素材を選ぶという点。

素材にハリがあるとスカートがしっかり広がって見えるのですが、素材にハリがないとせっかくのたっぷりとした布がストンと下に落ちてしまうので、結果的に底辺が狭い三角形に見えてしまいます。

 

トップスはコンパクト&華やかに!

よりくびれ見え効果を高めるために、トップスはコンパクトにしました。これも対比の問題。トップスがゆるっとしているとせっかくのサーキュラースカートがくびれ見えしません。

無地トップスだと華やかさに欠けた普段着になってしまうので、レースのブラウスにしました。色は落ち着いたダークグリーン。私は「パーソナルカラー」がオータムなんです。ダークグリーンは、オータムの肌をキレイに見せてくれる色のひとつ。パーソナルカラースタイリストの矢吹朋子先生にも「このトップス、お似合いですね」とおほめの言葉をいただきました。

スカート丈がけっこう長めなので、足元はヌーディに。ファーつきのベレー帽で秋のトレンド感をプラスしました。デート中の店内では、ちゃんと脱帽していましたよ!

 

レースブラウス UNITED TOKYO

チノスカート UNITED TOKYO

ベレー帽 BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS

サンダル(7㎝ヒール) NEBULONIE

 

というわけで、40代編集長アサミによる【オトナの婚活コーデ】、たぶんまた木曜20時にお届けする予定です!

#オトナの婚活コーデ

 

【40代編集長の婚活記まとめはコチラ】

#40代編集長の婚活記

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代が陥る「おしゃれ迷子」「シンプル&ベーシックという病」について

40代は「オシャレ迷子」になる人が多いという。今まで着ていた服がなんかしっくりこなかったり、似合わなくなったと感じたりする。それはアラフォー世代にからは少しずつ体…

40代がついやってしまう痛い若作りファッションと解決法8つ

世間では定番と言われているアイテムなのに、40代があわせると痛いオバさんコーデに?まだ似合うと思っていたのに、40代があわせると男性がドン引きするコーデに?「自分が…

40代が選んではいけない2018年春のNGファッションまとめ

人気のトレンドコーデといっても、そのまま着てしまうとなぜか違和感が出てしまうのがアラフォー世代のファッション。アイテム選びや合わせ方を間違えると、一気に痛さが出…

いつまで続く? こなれ感あるシンプルおしゃれ服の流行

「似たような服を着て」と歌う欅坂46の『サイレントマジョリティー』の歌詞ではないが、ここ数年、日本の街を歩く人がとっても似たような服を着ているように感じる。いわゆ…

【40代が選ぶべき】2大トレンドカラー、レンガ色&グレーでコーデを一新

トレンドをゆっくり追う時間も、心の余裕もないアラフォーにとって、手っ取り早く今年っぽくなれるのが、コーデに流行色を取り入れること。簡単なのにオシャレに見えて、出…

植松晃士 絶対にやってはいけない、40代からの秋のファッション講座

みなさん、こんにちは。植松晃士です。秋の訪れを感じるのは、やっぱり「食」だよね~。銀杏もいいけど、やっぱり松茸! 今年は何回食べられるのかしらー(笑)? そして、…

「#ハタラクユニクロ」に学ぶ、大人のオフィスカジュアル6コーデ

さりげなくトレンドをおさえながらもシンプルでスッキリとしたデザインのユニクロのアイテムは、大人の女性にとっても欠かせないですよね。新年からお仕事をさりげなくばっ…

結局、40代を一番キレイに見せるデニムって? その正解はコレだ!

まだ肌寒い今の季節に活躍するのが、動きやすくてほどよく保温性もあるデニムスタイル。冬はニットにあわせて、春はブラウスやTシャツをあわせて一年通して履けるので、ど…

植松晃士 トレンドの白。40代が「太って見えない」着こなしのコツ

みなさん、こんにちは。植松晃士です。3月も下旬。4月が目の前ということで春なので、今回もファッションのお話をさせていただきますね♪いま買うべきカラーはズバリ白!…

靴とバッグに年齢がにじみ出る!? 街で「オバさん認定」される40代の安っぽ小物

シンプルになりがちな夏コーデのアクセントになるのが、靴とバッグをはじめとした小物使い。だからこそ、トレンド感や大人っぽさを演出できるものを選びたいもの。でも、街…

白髪とツヤ、ボリュームのお助け!編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・ヘアケア編】

40代になって髪のエイジングケアがとても大事なことを痛感しています。正直30代までは髪の悩みがほとんどなかったんですけど……。驚いたことに、40代になってツヤ、白髪、ボリューム、手触りなどに悩むようになりまし…

シミそばかすを隠してツヤがほしい! 編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・ベースメイク編】

メイクの中で一番関心があるのが、個人的にはベースメイクです。20代のときは肌の赤み、30歳前後は大量のニキビとニキビあと、30代後半からはシミやそばかす。つまり「ナチュラルに悩みを隠すこと」が私のベースメイ…

こりゃダメでしょ! 婚活女子がやってはいけない「ざんねんな婚活」3つのこと

前代未聞の婚活本がついに発売されました。『40代ご無沙汰女子の、ざんねんな婚活』。2年間、婚活をやったうえでの残念な婚活エピソードが紹介されています。その著者、リアルに婚活をやっている婚活コラムニストの…

#123 ギュッと手を触れられて…。2回目デートに起こったこと【40代編集長の婚活記】

46歳・独身・婚活歴2年のOTONA SALONE編集長・アサミ。恋人いない歴はすでに9年を超えている恋愛ご無沙汰女子。40代にして婚活を始めたが、実りのないまま2年が経過した。以前、仕事で名刺交換をしたことがある(と…

ほうれい線と唇の縦ジワによかった! 編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・パーツケア編】

ここ1年、ふとしたときに撮られた自分の写真や動画で話す自分を見て、めちゃめちゃ気になるようになったのがシワです(苦笑)。年を重ねるうえで仕方ないことだと受け入れていますが、できるケアはやろうかな、と。…

「美人見え」にはツヤと血色感! 編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・チーク&ハイライト編】

40代になって明らかに肌から減っていると実感するもの、それはツヤと血色感です(苦笑)。肌診断をしてもらうと、水分はわりとあるほうなのですが油分は少なめ、血色もあまりよくないんです。そんなわけで、チークや…

「ツルツル肌」になりたい!編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・デイリーケア編】

30歳前後のとき、ものすごく大人のニキビに悩まされました(詳しくはコチラ)。ツライ思いをしただけにそれ以降は、いかに肌をなめらかに保つかを重視。ニキビはもちろん、ザラつきがなく、うるおっていること。つま…

ハリ・弾力、シミくすみに本気でよかった! 編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・スペシャルケア編】

人生100年時代と言われるいま、自分の肌と付き合うのもまだ50年以上あるわけです。だから、少しでも長くいい肌コンディションを保ちたい。40代なりにステキな肌でいたいな、と思うのです。絶賛、婚活中でもあるので…

「奥二重」メイクの悩みを救った! 編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・アイメイク編】

40代からこそ、自分をアップデートすることが大事。そんなことを最近、つくづく感じているOTONA SALONE編集長の浅見です。ファッションに毎年トレンドがあるように、ビューティにもそれはあります。特にメイクアップ…

#122 それホント? 男性と香水のカンケイについて【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は、20、30代のそれと違って一筋縄ではいかない──。46歳・独身・婚活歴2年のOTONA SALONE編集長・アサミ。49歳・バツイチの男性・ジェントルさんにほんのりときめくが、ゲイかもしれない彼がどういうつも…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

FASHIONに関する最新記事