植松晃士 コレで解決!「品がいい」ファッションに大切な3つのこと

みなさん、こんにちは。植松晃士です。

年末行事のひとつとして、前回は「ベストコスメ」をお送りしました。今回はファッション編で、“品”というものを考えてみたいと思います。

 

これで解決、品がいいファッションの答え

読者のみなさんからも「どうしたら品がよくなるのでしょう」というご質問があるとか。品がいい、悪いの境目がわからない、ということのようです。

 

はっきり申し上げて、品を保つためには「清潔感」が重要です。不潔に見える=品がない、ということです。不潔に見えるというのは、洋服が荒れている。分かりやすく言えば、ヒジやヒザが出てきている、色褪せている、クタッとしている、シワシワになっている、毛玉がいっぱいなどなど。

 

つまり、清潔感を装うには、新しい洋服を買って、着ることなんです! これは女性として生きていく上での必要経費。新しい服を着て、清潔感を醸し出せば、品も良く見えるんです。それから、1週間のうちに1日でもいいから、ヒールのある靴を履くこと。履いていないとしたら、女性としての未来は不安!

 

知ってた?下品よりも品がない分類があるんです

また、昨今ではビックサイズが流行っていて、サイズ感があいまいになってはいますが、自分のサイズと合っていない服を着るのもダメ。ゆったりな身幅のトップスを着るなら、ボトムはほっそりとしてバランスを取って。上下ゆったりなものを着たら、ただの大きな人よ!! 顔で言えば、長すぎるつけまつ毛をつけているのと同じ。そんなのオバケでしょ?

 

ちなみに、下品というのはどういうこと?と考えてみると「派手。けばけばしい。色香を売りにしているような見た目」の人というイメージが多いのではないでしょうか。でも、下品も品のうちなんですよね~。下品な人たちの必要性も一部あるわけじゃないですか。じゃ、何がダメなのかっていうと、無品。品がないというのが一番の困りモノなんです。

 

我が道を進んでしまう「無品」

無品の特徴は、髪がショート。化粧ッ気がない。香りをつけていない。お洋服のアイテムカラーが黒、グレー、ベージュ、紺、茶色。お洋服にデザイン、ディテールがない。ボトムもベーシック。ゆったりしたものを着ている。などなど。アイテムカラーがベーシックでも、上質な素材でボディラインを美しく見せるものなら大人の女性ぽく見えますが、そうでなかったらアウト!

 

そういう無品な方々は、誰からもアテンションされないんです。注目されないから、行動や考え方が独創的になりがち(苦笑)。他人とコミュニケーションが取れないから、自由の身になってしまうし、誰からも「それヘンだよ」と言われないから、わが道をさらに歩んでしまうことになって、そうなるとよけい他人から注目されなくなるという悪循環に!

 

大人にとって、お洋服や美容はコミュニケーションツールのひとつなんです。くじゃくの羽が地味だったら見る?やっぱり華やかじゃなくちゃ! 社会生活を営む上では、いち早く新しいお洋服を買うこと。それが3~5年かけてじわじわ定着するんですから。欲を言えば、いつも来ていない色にトライすることも大切。大人にはピンクもおすすめ。ピンクって永遠だし、かわいらしさを出せるし。お洋服で難しければ、小物でピンクを入れても◎。

 

とにかく、品をよくするには「新しいお洋服で清潔感を」出しましょう。そろそろセールも始まる頃ですから、お買い物に出かけて!!!

 

では、良いお年を。また次回お会いしましょう★

スポンサーリンク

40代が陥る「おしゃれ迷子」「シンプル&ベーシックという病」について

40代は「オシャレ迷子」になる人が多いという。今まで着ていた服がなんかしっくりこなかったり、似合わなくなったと感じたりする。それはアラフォー世代にからは少しずつ体…

40代がついやってしまう痛い若作りファッションと解決法8つ

世間では定番と言われているアイテムなのに、40代があわせると痛いオバさんコーデに?まだ似合うと思っていたのに、40代があわせると男性がドン引きするコーデに?「自分が…

植松晃士 コレってどうなの? 実は痛い「おブス」な40代の夏ファッション

みなさん、こんにちは。植松晃士です。夏の小旅行の計画は立ててみたかしら? どこかに旅に出るとなると心も浮き立ちますよね~♪羽織ものの肩がけって、実は…!でも、今回…

40代が選んではいけない2018年春のNGファッションまとめ

人気のトレンドコーデといっても、そのまま着てしまうとなぜか違和感が出てしまうのがアラフォー世代のファッション。アイテム選びや合わせ方を間違えると、一気に痛さが出…

いつまで続く? こなれ感あるシンプルおしゃれ服の流行

「似たような服を着て」と歌う欅坂46の『サイレントマジョリティー』の歌詞ではないが、ここ数年、日本の街を歩く人がとっても似たような服を着ているように感じる。いわゆ…

【40代が選ぶべき】2大トレンドカラー、レンガ色&グレーでコーデを一新

トレンドをゆっくり追う時間も、心の余裕もないアラフォーにとって、手っ取り早く今年っぽくなれるのが、コーデに流行色を取り入れること。簡単なのにオシャレに見えて、出…

植松晃士 絶対にやってはいけない、40代からの秋のファッション講座

みなさん、こんにちは。植松晃士です。秋の訪れを感じるのは、やっぱり「食」だよね~。銀杏もいいけど、やっぱり松茸! 今年は何回食べられるのかしらー(笑)? そして、…

「#ハタラクユニクロ」に学ぶ、大人のオフィスカジュアル6コーデ

さりげなくトレンドをおさえながらもシンプルでスッキリとしたデザインのユニクロのアイテムは、大人の女性にとっても欠かせないですよね。新年からお仕事をさりげなくばっ…

靴とバッグに年齢がにじみ出る!? 街で「オバさん認定」される40代の安っぽ小物

シンプルになりがちな夏コーデのアクセントになるのが、靴とバッグをはじめとした小物使い。だからこそ、トレンド感や大人っぽさを演出できるものを選びたいもの。でも、街…

植松晃士 トレンドの白。40代が「太って見えない」着こなしのコツ

みなさん、こんにちは。植松晃士です。3月も下旬。4月が目の前ということで春なので、今回もファッションのお話をさせていただきますね♪いま買うべきカラーはズバリ白!…

植松晃士 オバ見え回避! 40代が「捨てるべき服、持つべき服」

みなさん、こんにちは。植松晃士です。前代未聞の10連休をみなさん、どうお過ごしになりましたか? 海外に行かれた方、国内旅行を楽しんだ方、おうちでまったりしていた方それぞれでしょうけれど、平成から令和への…

植松晃士 もう挫折しない!新元号から始めたい「ダイエットの新ルール」とは?

みなさん、こんにちは。植松晃士です。あと1週間ほどで令和元年がスタートしますね。ということは、ゴールデンウィークが始まるってこと!みなさんは、ご予定はもう決まっているのでしょうか。僕は、美容ウィークに…

植松晃士 もうやめて!40代は「脱・ベーシック」するべき4つの理由

みなさん、こんにちは。植松晃士です。4月になり、新元号「令和」の発表があったり、なんだか新鮮な年度スタートですね~。意外にもベーシックは、年輪が浮き彫りに⁉そこで、ご提案。気持ちも新たになったところで…

植松晃士 大人の春メイク「トレンドより大事なこと」って? 40代が必要な春コスメ3選

みなさん、こんにちは。植松晃士です。三寒四温で春が近づいてますね。今回のビューティー編では、「大人の春メイク」をテーマにお届けしたいと思います。「大人の春メイク」に必要なのはとはいっても、若い人々と違…

植松晃士 オトナ女性こそ「ピンク」を取り入れるべき3つのワケ

みなさん、こんにちは。植松晃士です。日中はかなり暖かい日が多くなってきたから、気分もウキウキしてきましたね~! そろそろ春らしいファッションに身を包みたい頃ではないかしら?なんて言いながらも、毎年同じ…

[PR]

植松晃士 脱・無難おばさん! この春40代が取り入れるべき「3つの流行キーワード」

みなさん、こんにちは。植松晃士です。2月ともなると春ファッションの特集を組んでいたりしますが、実際問題としてはまだ寒いですよね?春物は「靴とバッグ」から取り入れていち早く春ファッションを取り入れて風邪…

植松晃士 大人のエチケット!「ニオイ問題」どうしてる? 4つのオススメ対策法は……

みなさん、こんにちは。植松晃士です。インフルエンザが大流行していますが、うがいと手洗いでしっかり予防線を! くれぐれも気をつけてくださいね。閉め切った冬のほうが「ニオイ」が気になる!エチケットは…お仕…

植松晃士 知ってる? 永遠に変わらない「5つの美の基準」とは

みなさん、こんにちは。植松晃士です。2019年がスタートして、1月もあっという間に過ぎていこうとしていますが、慌しさは落ち着いてきましたか? さて。私事で恐縮ですが、2月にFOXネットワークスで放送される「…

植松晃士 大人の女性は「品」が大切! いますぐ品を身につける7つのポイント

みなさん、こんにちは。植松晃士です。平成最後の年明けですね。今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。大人の女性の重要キーワード「品」一年の計は元旦にあり、と申します。毎年必ずお伝えしているんですが、「…

植松晃士が選ぶ! 個人的「ベストコスメ2018」を発表します☆

みなさん、こんにちは。植松晃士です。あっという間に12月を迎え、師走の慌しさの中にいらっしゃることと思います。数多のメディアで1年の総ざらえ的特集をやっていらっしゃいますが、OTONA SALONE「美人のたしなみ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

FASHIONに関する最新記事