オトナは「ゆるプロテイン」で美しく痩せる!【特集オトナの3kgやせ】

時間はあるしおせちは美味しいし……で油断するとすぐに太ってしまう年末年始。

いつもより活動量が減ることで、増えた体重を運動で落とすのは難しい、と思いますよね。

「このお正月で増えた2、3キロくらいを落としたい!」

そんなとき、ジムでの筋トレマニアでもある私が対策しているのは「ゆるプロテイン」ダイエット。

プロテインは、胃腸に負担をかけずに体に必須のタンパク質をしっかり摂取できる心強い味方。

私が心がけている体重を落とす効果的な飲み方について、ご紹介します!

 

その日増えた体重は翌日くらいに落とす!

お正月は、新しい年を迎えて華やかなムードがある一方、普段と違う生活リズムで食生活が乱れてしまう、という女性もいるでしょう。

いつもよりお酒を飲む機会が増えたり、豪華なおせち料理に何度も箸を伸ばしたり、ダイエットに気をつけているはずがつい食べすぎてしまうこともあります。

普段は食事の量を少なめにしている女性ほど、食べる量が増えると体重計の数字も一気に上がるもの。

焦ってしまうけどちょっと動いたくらいじゃ落ちないし、と思いますが、「急に増えた体重はすぐに落とす」のが基本です。

 

食べ過ぎを感じたとき、体や内臓が重たくなりませんか?

動きづらいのは内臓が必死に食べたものを消化しているからと言われます。そんなときは運動にエネルギーを振り分けるより「胃腸を休ませてあげる」ことが先。

かといって、何も食べない「欠食」は体に必要な栄養素が届かないことで余計に内蔵が荒れるので、絶対に避けましょう。

「でも、食べたらまた太るし、胃腸の負担になるのでは」と思いますよね。

そんなときに頼りたいのが、「プロテイン」を使って大切な栄養だけを取り込む方法です。

 

私の「ゆるプロテイン」ダイエットは体に負担がかからない!

プロテインと聞くと、マッチョな男性が筋トレの後に飲むものというイメージを持つ人も多いですが、実は女性にとっても「飲んで損のない」身近な存在です。

プロテインとは、ズバリ「タンパク質」。タンパク質は、筋肉だけでなく髪の毛や爪を作るときや、内臓や血管などを構成する大切な栄養素です。

コラーゲンもタンパク質の一つ。タンパク質が不足すると免疫力が下がり、風邪をひきやすくなったり怪我をしやすくなったりする可能性が高くなります。

日々の食事から摂るのが理想的なタンパク質ですが、実際は必要な量をしっかり摂取するのは大変です。

また、豆腐や鶏肉などタンパク質を豊富に含む食材はいろいろありますが、食べ過ぎたときにさらに口に入れるのは胃腸にとって負担が増すことに。

プロテインを飲むことで、タンパク質だけを体内に取り入れ、消化を邪魔せず必要な栄養を摂ることができます。

「食べすぎてお腹が空いていない、でも欠食は避けたい」とき、プロテインは最適な味方。

  • お昼に食べ過ぎたときは、夜ご飯をプロテイン1杯にする
  • 夜ご飯を食べ過ぎたときは、次の日の朝食をプロテイン1杯にする

このように、「食べ過ぎた次の食事でプロテインを飲む」のが”ゆるプロテイン“ダイエット。

たくさん食べた次の日の朝食はつい抜いてしまいがちですが、その「欠食」がダイエットには逆効果です。そんなときはプロテインを1杯飲むだけで、体が必要とするタンパク質をしっかり補うことができます。

摂取カロリーを減らしながら、健康な体にとって欠かせないタンパク質を取り込めるのがプロテインです。

「すぐに増えた体重をすぐに落としたい」とき、「ゆるプロテイン」ダイエットで美しく痩せることを目指しましょう。

 

日常でも取り入れやすい「ゆるプロテイン」ダイエット

今は女性向けのプロテインが増え、スポーツ店に行かなくてもドラッグストアなどで気軽に買えるようになりました。

タンパク質のほかにも抗酸化作用のあるビタミンCやミネラル、カルシウムなどを含むプロテインも多く、飲みきりやすい量で売られています。

プロテインを初めて飲む人がまず気になるのが味ですが、最近はココア味やイチゴ味などフレーバーも豊富で、いろいろな風味を楽しめるのも良いですね。

健康的なダイエットには適度な運動が欠かせませんが、運動後に飲むだけでなく、食べ過ぎた次の日の調整など日常でも取り入れやすいのがプロテインです。

 

気をつけたいのは、「3食すべてをプロテインだけにする」のような極端な飲み方。

これではタンパク質以外の重要な栄養素が体内に取り込めないほか、極端なカロリー制限はリバウンドの原因にもなるのでおすすめできません。

理想は普段の食事からタンパク質を摂取することです。それを忘れず、プロテインはあくまで食事の補助的な飲み方で活用していきましょう。

ちなみに、筆者は筋トレをする人向けにBCAA(アミノ酸)を含んだプロテインの1キロパックを常備しています。

ジムで筋トレをした後や、晩ごはんでがっつり食べてしまった翌朝など飲む機会は多いほうですが、疲労の回復が早く体もスッキリするので日々の生活では欠かせない相棒です。

不健康に痩せるより、体に負担をかけない”ゆるプロテイン”ダイエットで、お正月に増えた2キロを落としてしまいましょう!

 

 

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

そのクセをやめるだけでヤセられる!生活に潜む"太りグセ”とは?

ヨガやサプリ、エステなど、頑張っているのにヤセない。その理由は、太りやすい体質のせいではなく、生活に”太りグセ”が潜んでいる可能性があります。自身のマイナス20kg体…

だいぶヤバイ!40代のお尻と太もも、今からでも効果大のエクサ4つ

パンツを履いて「ヤバイ」と感じたことありませんか? パンツのラインが肉に食い込んで痛いとか、動いているとパンツがどんどんお尻の谷間に入っちゃうとか、とにかくお尻…

植松晃士 オバ見えする女性の「9割ができていない」こと

みなさん、こんにちは。植松晃士です。前回は話題の映画『クレイジー・リッチ』のお話から、40代アップのファッションについてお話させていただきましたが、今回はビューテ…

お尻の冷えは怖い⁉︎ お尻を温めて美尻を作る7つのコツ

昨年は「美尻」を目指す女性が多く、美尻づくりのためのお尻専門のパーソナルジムが注目されました。たしかにお尻って普段自分ではあまり触らないし見ることもありません。…

前髪を変えるだけ!「老け見え」と「朝のめんどくさい」を解決する方法

「髪は女の命」。このフレーズを何度書いただろうというくらい、これまで使ってきましたが、「髪」というよりも「前髪は女の命」だなと最近気づきました。顔の印象を左右す…

勝手に予測! 2017美容&ダイエットの流行、4つのキーワード 

新年あけましておめでとうございます。本年も、OTONA SALONEはリアル役立つ情報を発信していきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。さて、2017年がスタートし…

2018これが来る! 美容・健康・ダイエット流行予測 by編集長アサミ

新しい一年が始まりました。あけましておめでとうございます。OTONA SALONE編集長・浅見です。本年もよろしくお願いいたします。2018年のスタート。今年はどんな年になり、…

定番ボブ、1つ結びでもこんなにエレガント!5分以内のヘアアレンジ3選

アラフォー世代で最も多いと言われているのが、結べる長さのボブスタイル。手入れがしやすく、髪のパサつきも抑えられてツヤ髪がキープできる、大人にうってつけのヘアスタ…

「ひとつ結びのゴム」どれを使えばいいの?ゆるまない切れない、プロの選び方は

ゴム1本でできる簡単アレンジのド定番・ひとつ結び。40代にとって「オバサン度が上がる」ので、できれば避けたいまとめ髪でもありますが、難しいことはできないし、パパッ…

40代で急に気になる「手のシミ・シワ」どうすれば?セラピストのケア9連発

年齢とともに増えてくる手のシワ・シミ。手のシワは年齢が最も現れる部分だと言われています。40代、50代の男性も意外と手・脚といったパーツを見ていることが多いのが現実…

愛される40代独女は「自然体」?男性目線でグッとくるところを聞いてみた

「自然体の女性はモテる」とよく耳にしますが、実際に”自然体”ってどんな状態のことを指すのでしょうか。程よく気の抜けた自分を見せているつもりでも、男性から見れば意外と「演出している」ことはバレてしまうもの…

春デートのココでバレる!男もガッカリな40代独女の「カン違い態度」3選

あたたかい陽気が続くようになると、春の訪れを感じますね。冬の間は出不精だった人でも、春になるとお出かけしたくなるという男女は多く、デートの機会も増えるもの。ですが、イベントが多い春デートではちょっとし…

やらかした!40代独女が大慌てになった「花粉症のときの失敗談」6選

今年も花粉症のつらい症状に悩む40代独女は多いと思います。特に今年は花粉の飛散量が多く、「薬が効かない」「去年よりひどい」という声がちらほら。くしゃみや鼻水などで集中力が下がる花粉症の症状は、思わぬ失態…

これぞオバ見え!男性がショックを受けた40代独女のアクセって?

仕事でもプライベートでも、リングやピアスなどのアクセサリーを身につける女性は多いと思います。自分では似合うと思っていても、男性が目にして思わず「え、それ!?」とショックを受けるようなものだったら……。男…

思わず惚れ直す……!オフィスで好感度の高い40代独女の”イメチェン”って?

転職や異動などで環境が変わる人の多い春は、イメチェンして心機一転を考える40代独女もいるかもしれませんね。これまでと同じ環境で過ごす人でも、雰囲気が変われば周りの人の目にも新鮮に映るもの。オフィスで男性…

「絶対やめてほしい」と男性が思う、40代独女の花粉症アピール

暖かくなってくると、花粉症に悩まされる人が多くなります。薬やマスクが手放せない、会社でも常に目薬をさしながらパソコン……なんて、ツラいですよね。ですが、周りに人がいるオフィスでは、花粉症のときもマナーが…

それアリなの…?男があ然とした40代独女の「オフィスの引き出しの中身」

オフィスのデスク、引き出しの中身は整理整頓していますか?頻繁に開け閉めするデスクの引き出しは、他人のところだとつい目がいってしまうもの。男性が思わずあ然となった40代独女の「引き出しの中身」には、その人…

なぜか職場で年下男子にモテる40代女。その「ヌケ方」の特徴は

年下男子にとって、40代の女性は恋心も尊敬の念も抱いてしまう存在。「交際がかなっても、ついていくのが大変かな」と思うと尻込みしてしまいますが、年上であっても同じ目線でお付き合いができそうな女性にはまっす…

ギョッ、オバサンスマホだ…僕は見たくなかった40代独女のアウトな「スマホ使い」

いまや生活の必需品ともいえるスマートフォン。持っていないという人のほうが少なくなりました。出番が増える一方で、その使い方が問題視されることもしばしば。SNSなどでは”マナー違反”が目立つ投稿を目にすること…

うーん、アウト。男性が「依存されそう」と思った40代独女の恋愛模様

ある人に好意を持っても、過去の恋愛話を聞いて「ちょっとアウトかな」と諦めてしまうことって、ないですか?良いお付き合いがイメージできないと、せっかく芽生えた好意も育ちにくいですよね。特に依存体質であるこ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事