45歳、突然に生理周期が変化して【100人の更年期#2】

一般に、閉経の前後5年を更年期と呼びます。日本人の閉経の平均年齢は50歳なので、45-55歳の世代は更年期に当たる人が多いもの。身体の不調に苦しみ「更年期障害」の状態に至る人もいます。

初潮を迎えた人ならば必ず誰しも迎えるのが閉経、そして更年期。なのに、親しい友人と生理の話はできても、「更年期の具合はどう?」とは話しにくものです。私は正常なの?みんなどんな経過なの?この状態、治るの?

主婦の友社オトナサローネ編集部は、ごく普通に日々を暮らす同世代の女性100人がいまどのような更年期を迎えているのか、そのあり方を取材していきます(ご本人の年齢や各種の数値は取材時点のものです)。

 

【100人の更年期#2 47歳・医薬系PR職】

47歳、北海道生まれ。独身、東京郊外の持ち家で一人暮らし。新聞記者の父、専業主婦の母、3歳上の兄と育つ。
薬学部を卒業後、医薬系の業界に勤務し、現在はPR業務に従事。仕事柄、自分の身体状況に関するケアも丁寧に行っている。
主訴・月経周期がどんどん短くなっていき、貧血気味に。備えがない日に突然くるのも本当に困る。

 

重く不順な月経に振り回され続けた10~30代。漢方が救った

私の場合は、まだいわゆる更年期障害の「症状」はそんなに大変ではありません。でも、ずっとずっと、若いころから月経に苦しめられ続けています。

 

10代20代はとにかく月経周期が安定しませんでした。量もやたら多くて、高校大学のときはよく学校で倒れてました。

 

量が多いのは今も変わらないけれど、それこそ当時は夜用ナプキンを1時間に1回交換し続けていたし、30代後半まではまる1週間以上続いていました。

 

最初と終わりが2日ずつくらいあるでしょう、その間が4日くらい重い。よく3日目が重いと言いますが、私の場合は3日目の状態がそのまんま6日目まで続くんです。しかも不順。

 

でも、34歳のとき、仕事で漢方に関わって出会った先生に生薬を処方してもらって1年ほど飲んだら、28-30日周期に整いました。お世話になったのは、銀座の玄和堂診療所の寺師先生。1~2ヶ月に1回くらいのペースで通って、診断に合わせてちょっとずつ処方を変えてもらうんです。

 

私は漢方で言う「瘀血」のタイプで、当帰芍薬散を先生の独自調整で処方してもらってました。

 

それもね、おもしろいの。

 

「これ、トリカブトが入っていて、ぼーんと熱が出るよ、爆発力があるよ」と言われて、恐る恐る飲んで、次に行くと「うーんまだ冷えてるね、トリカブト2倍にしよう!」って言われて。

 

「えっ、先生、トリカブト2倍なんて大丈夫なんですか?」「大丈夫!」。

 

また次に行くと「うーんまだ冷えてるね!じゃあ2倍にしよう!」「ええっ、先生、前2倍にしましたよ?」…

 

なんてふうに処方をいただいていたら、あるときどろっと黒い経血が出て、そのあと順調になりました。

 

冷えも改善されてよかったんですが、生薬は煎じるのがめんどくさいのと、その後しばらくしたら月経不順が治ったのと、あとやっぱり毎日続けるにはちょっと高くて。フェイドアウトしてしまいました。人によりますが、自費診療なので、診断と処方で月3万円から4万円くらいがひとつの目安だと思います。

 

月経が整って始めて判明した、私のPMS

それまで本当に「いつくるかわからない」不順ぷりだったのですが、漢方である程度月経周期が安定してきて、やっと周期にあわせてナプキンを用意できる状態になりました。

 

ちょうどそのころ、婦人科系の仕事を担当して、月経前症候群、PMSのことを知りました。ああ、自分はこれだと気づきました。思えば、36歳から37歳のころ、職場にいた気がきかないおっさんにしょっちゅうキレていたんですが、ふと気がついたら月の後半になるといつも怒ってるな、そのころって月経だなと。

 

これは私の転機でした。

 

そういえばいつも月の後半に我慢ができなくなる。自分でも、そういえば怒りのしつこさが違うな、腹のたち具合が違うなとちょっとずつ理解して、やっとこれはPMSなんだな気がついたんです。

 

それからは、月経前には飲み会を入れない、よほど急ぎの仕事以外は月末にヤマを作らない、難しい仕事は月中か月初に入れてもらうようにして、おっさんのこともるべく見ないようにしました(笑)。

 

で、40歳になるころには、この対策が板について、慣れも出てきて、なんとかなるようになりました。

 

45歳、突然月経が減ってサイクルが早まって…

その後、45歳くらいから、月経の重い日が少なくなってきました。動けなくなるのは2日くらい、前後を足しても4日くらいになりました。量も減り、ドカンと重い日が減った。

 

46歳からは周期が早くなってきて、28-30日周期だったのが3日くらいずつ早くなって、25日周期くらいになって、そのうち20日周期に。いまは20日周期のまま1年半くらいたっていて、ここのところもっと早くなってきました。

 

この周期だと、月によっては月初と月末に始まって、「あらまたすぐいらっしゃっちゃったわね」ってなるんです。で、旅行はね、温泉ならタンポンも使えるんですが、ずっと通っていた整体に行けなくなってしまって。月末に月経で安定していた頃は、月の上旬に整体に行って、中旬に鍼灸に行っていたんですが、血がドバドバでているときは整体どころじゃないでしょ。キャンセルしないとならない。これはいまとっても困っています。

 

私はPMSの精神安定に瞑想が効きました

ちょっとディープなスピリチュアル系の話ですが、この2年ほどは毎朝30分ほどマントラ系の瞑想をやっています。師匠はお仕事でお世話になる機会があったヨグマタの相川先生や、瞑想ティーチャーの渡邉先生。PMSの頃からそうですが、信仰とかではなく、「きょうも1日私の中のけものを飼いならせますように」と、平穏を求めてやっています。

 

いま、私は「究極の瞑想」というアプリを愛用中。これは渡邉先生の作です。瞑想は流派がいろいろあって、入門すると自分のマントラを授けてもらうことが多いんですが、渡邉先生の場合は汎用性の高い「アーハム」と「ソーハム」を使っているので、ちょっと自学もできます。

 

瞑想を続けて、私はおだやかになったと思います。すごくカッとなりやすいから、カーッとなっている自分を抑えられないと毎日が本当にすごいことになっちゃう。瞑想を始めてからはカーッとなりにくくなって、腹が立つ前に「まあ、いっか」と思えるようになりました。これは長い目で見て更年期対策としてもいいと思っています。

 

周囲の先輩たちの経緯もそれぞれ。鬱になる人も

私の母は50歳くらいで閉経しましたが、更年期障害はあまりなかったと言っていました。なので、仕事で接触する先輩がたにはいろいろな話を積極的に聞いています。

 

ある人は、私みたいにどんどん周期が近くなって、あるときから逆に間遠になって、50歳で閉経して、そのあとからホットフラッシュが始まったんですって。こればかりは実際になってみないとわからないですね。私は症状が強くなってきたらまた漢方の先生に駆け込もうと思っています。

 

かつての上司には「私、更年期障害なかったわよ」という人もいました。体質もあるんですよね、元気な体質の人はそのまま元気なんじゃないかな。私の印象では、体を動かす趣味を持っている人は軽い傾向を感じます。

 

でも、怖い症状もありますよね。知り合いには心臓の動悸が激しくなる症状が出た人もいます。心臓はやっぱり、大丈夫だとわかっていても、このまま呼吸がとまったらどうしようって不安になるでしょう? それで、怖くて一時期外に出られなくなったそう。

 

私自身、仕事で知り合う医師にホルモン補充療法を勧められることもありますが、個人的な考えがあってそれを選んでいません。辛いならやったほうがいいし、トラブルが出て、たとえば外に出ることすら怖くなっている人なら、閉経を延ばしてソフトランディングしたほうがいいですよね。

 

思えば、私は30代後半のPMSの飼いならしの頃からそのソフトランディングを始めていて、本当に長い旅です。でも、その困難を補ってあまりあるくらいに女性ホルモンにはご加護があるんですね。

 

外に出られなくなった人は、外に出ないことで一時期鬱になりましたが、でも更年期障害は必ず終わるんですね。症状が収まってきてちょっとずつ出られるようになって鬱も収まってきたそうです。

 

「私もイライラしてるの」って言い出せない人たちも、これは自分のせいじゃなくて、ホルモンのせいだからって考えて、自分を責めないでほしいなと思います。

 

50歳目前、いまの疑問は「このあと60代までの性」

なかなか人に聞けないのが、これから60代へ向けて私たちの性欲がどうなっていくのか。かつて作家の森瑤子さんが「30代がいちばん強かったと」言っていた記憶がありますが、40代に入ると極端にときめきが少なくなってきませんか?

 

これから先の恋愛や性がどうなるのか、まだいけるのか。

 

たとえば、作家の三松真由美さんは「アラ還に近いほうが行為が深くなっていい」と書いてました。でね、私はシングルですが、これから彼氏ができたときに、何というか、めくるめく夜がまだ味わえるのかな?と。味わえないのであれば、もう彼氏なんていなくていいのかなって思うんです。オトコの人って場所とるでしょ? うちに夜きてもらって何もなくて、ただ場所だけとられても困るなと。今後、まだ三松さんみたいに深くて楽しいなら、彼氏を探そうかなって思うけれど、そうじゃないならちょっとどうしよっかな…って思います。

 

こういう話、実は親しい友人ともストレートにはしにくいですよね。

 

恋愛のドキドキする気持ちの部分より、フィジカル的に自分の機能がどのくらい「大丈夫」なのか。本当にこのあと、楽しくなれるのかしら。そんなにできなくなるという感じなら、いま頑張って「肉活」しないとね、なんて思います。

 

というのも、最近年下婚をした同じ年の友人(女)が、「お相手は若い人じゃなきゃ」と言うの。私たちの感覚だと、自分が年をとっていくなら相手の男性も年をとっていき、たとえば60歳のときの彼氏は70歳だったりするのかな…?って思うけど、そうじゃない、相手は若いほうがいいって。

 

40代に入ったら、まずあれだけ旺盛だった食欲が減りましたよね。胃もたれするようになって、体力だって落ちた。でも性欲だけが元気ということはきっとない気がするんです。とはいえ、周囲には、もう60歳近いのにずっと恋愛にアクティブだった先輩もいるし、私たち東洋人は若く見えると言うから外人という手もあるのかな、もしフィジカルに楽しめる要素が体にあるなら、私はそれを楽しみたいなって思います。

 

だって、もうメンタル的に、よくわかんないオトコにいちいち怒られたくないし、ダメ出しもされたくないでしょう? 別に新しい世界を教えてほしくもない。じゃあ、私が教えたいかというと、そんなめんどくさいこともいやだ、教えたくもない。お互いの思いやりが少しだけ介在して、好意を持ってフィジカルな部分を楽しめるのならそれも素敵ですよね。

 

もしそんなめくるめく世界が待っているなら、60歳過ぎてから敢えて熟女バーでも開いて、怒られにくる若い男の子を叱ってあげようと思っています。

 

ポジティブですねって? いえ、私はこうして自分の中のケモノを飼いならしてきたんだなって思います。まだまだ旅は続きます。

 

 

■あなたの更年期は?簡単なアンケートにご協力ください!

こちらから

 

 

 

【100人の更年期】隔週日曜20時連載です。

#1 54歳、「太った」のは更年期のせい?

#2 45歳、突然に生理周期が変化して

#3 44歳、「めまいとだるさ」を救ってくれたのは

#4 51歳、更年期世代は20時過ぎはメールに返事をしないこと!

#5 「私、マジメだから」と自覚してたら要注意?更年期対策のワナ【山田ノジル】

医療は「解決」のためにある。どうか不調に苦しまず、医療に頼って【山田ノジル】

#6 47歳、「突発性難聴」かと思ったら更年期。漢方治療への長い道

#7 46歳、子宮頸がん異形成で「睡眠と回復」の大切さに気づく

#8 59歳、更年期とセックスレスは関係アリ?この先50年も愉しんで【三松真由美】

#9 47歳、高齢出産と橋本病。疲れる、太るのは「私のせい」じゃなかった

#10 48歳、とにかく寂しい。私はおばあちゃんになっていくんだな

気になる「閉経」の平均年齢は? 生理はいつまであるの?40代が知っておきたい更年期

来るはずの生理が急に飛んだり、自分だけ急に暑いと感じたり。20代のころは「たまたまでしょ」で片づけていた体調の変化も年齢を重ねるにつれ「いよいよ更年期!?」と不安…

「出産していない女性」は性格がキツイ!? それは〇〇が原因だった

女性は、子どもを産んで母になると「強くなる」。未婚・未産の女性は、年齢を重ねていくと「きつくなる」といわれる。そりゃあ、母親は子どもを守るために強くなるだろうし…

偏頭痛やだるさは自律神経の乱れ!不調を整える3つの方法

忙しい年末年始です。仕上げなくてはならない大量の仕事を尻目に、「なんだか体調が良くないかも……」。偏頭痛がする、体がだるい、なんかイライラする……。それは、自律神経…

閉経の平均年齢は?月経はどんなふうに減っていきますか?【医師に聞く】

40代女性がひそかに悩む身体のこと。さまざまな分野に関して、医師に教えてもらいます。さて、アンケートでも特に目立つのが「更年期」についての悩み事。更年期に出てくる…

1位豆腐・2位レバー・3位は?更年期な40代女性はこれを食べるべし

まだ早い? それとも自覚がある? 40代なら視野に入ってくる更年期。今回は、いま摂るべき栄養素をご紹介します。もう知っているものもあれば、これがおすすめなの?とい…

40代未産女性は危険がいっぱい!リスクが高い病気リスト<子宮編>

子どもを産んだ人、産んでいない人。女性は二通りのどちらかになりますが、近年は子どもを産んでいない女性が増えてきました。1986年に男女雇用機会均等法が施行され、女性…

突然の「親の葬儀」。私の家族に起きたこと、かかった費用

考えたくないけれど、いつかやって来る親との別れ。残される家族としては、葬儀の費用のことも気になります。そこで、葬儀とその費用について調べてみました。葬儀は突然や…

菅野美穂、元カレの番組打ち切りで思い出されるヤバかったあの頃

男性は好きぐらいじゃ結婚しないよ?婚活中の女性に言うと、決まって引かれるのですが、私は本気でそう思っています。だって、もし好きな人と結婚するのであれば、恋愛経験…

40代おひとりさま「婚活よりも先に」始めたほうがいい4つのこと

婚活歴1年3カ月のOTONA SALONE編集長・アサミです。昨年より「40代編集長の婚活記」を執筆しているが、実は婚活よりも前に始めていた活動がある。それは「終活」。実は、40…

ベッキー、結婚再始動しても抜けない「例のクセ」にガッカリだ

久しぶりに見たけど、やっぱりベッキーって腕があるなぁ。2月10日放送の「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)を見ていて、こう思ったのでした。なぜベッキーを見る…

北海道で人気の手土産は?「とかち帯広空港」で買えるおすすめスイーツランキング

日本国内でもトップの「焼き菓子王国」北海道。小麦や乳製品、小豆など菓子原材料の一大産地としての地の利のほか、道民同士の「お持たせ文化」で洋菓子文化が発展しました。そんな北海道では、エリアごとに地元を代…

40代の肌づくりに必要な「腸」って…?科学的に正しい腸活を究極の美食でレクチャー!

季節の変わり目ごとに肌がゆらぐ40代。そろそろ秋の入り口ですから、身体をトータルに整えたいところ。そこで気になるキーワードが「腸活」ですが、正直に言って「どのくらい何を食べればいいのかわからない」という…

ザ ストリングス 表参道で最高の午後!キャスキッドソンのコラボアフタヌーンティー開催中

秋のさわやかな午後、表参道のケヤキ並木を眺めながら、優雅な本格アフタヌーンティーはいかがでしょう?ザ ストリングス 表参道1階のカフェ&ダイニング ゼルコヴァでは、ただいまロンドン発のライフスタイルブラン…

皮膚のセラミド、40代では「〇〇%」も減る…?知らなかった肌のこと

2007年にブランドが登場したアスタリフト。2010年、「ジェリー アクアリスタ」は登場するや大ヒットを記録します。当時は珍しかったジェル形状と高い浸透力で「肌が食べるジェリー」として導入アイテムの地位を確立…

【無印良品】大人気の化粧水はどれ?40代にオススメのスキンケアをタイプ別に詳解

私たちの日々の暮らしに寄り添い、いろいろな分野でいつでも支えてくれる無印良品。中でも、密かに愛用者が多いのがスキンケア分野です。ただ、何しろアイテム数が多いので、店頭のテスターでは「どれにすればいいの…

【無印良品】無敵の化粧直し!メイクパレットの人気組み合わせは?好評の8品はコレ

無印良品の店頭でいつも賑わっているコーナーの一つがメイクアイテム。アイカラーやファンデーション、チークなど、テスターはいつでもちょっと試してみたくなりますよね。従来から無印良品のアルミの名刺入れにコス…

45歳以上の女性必携!「マイナス5歳レンズ」でこの先の人生がグンと楽になる

40代の微妙な気持ちに寄り添い、丁寧なカウンセリングで最適な1本を選んでくれる「メガネの田中」。この春の「マイナス5歳メガネ」キャンペーンでは無料でパーソナルカラー診断を実施、店頭に出かけた人もたくさんい…

[PR]

この汗はホットフラッシュ?太っているせい?|100人の更年期#14

一般に、閉経の前後5年を更年期と呼びます。日本人の閉経の平均年齢は50歳なので、45-55歳の世代は更年期に当たる人が多いもの。身体の不調に苦しみ「更年期障害」の状態に至る人もいます。私ってもう更年期なの?…

ひとりで映画に行ける?ミュージカルは?40代がはじめてひとり観劇をしてわかったこと

オトナサローネで根強い人気を誇るのが「おひとりさまレベル」チェック記事。40代のおひとりさまがひとりでどこまでできるか、「ひとりでできるもん」レベルを客観的に考えてみた内容です。レベル1は「ファーストト…

更年期が「終わったあと」はどうなるの?59歳、駆け抜けた50代|100人の更年期#13

一般に、閉経の前後5年を更年期と呼びます。日本人の閉経の平均年齢は50歳なので、45-55歳の世代は更年期に当たる人が多いもの。身体の不調に苦しみ「更年期障害」の状態に至る人もいます。私ってもう更年期なの?…

LIFEに関する最新記事