「誰かのぬくもりを求めていいですか?」アラフォー恋愛事情・40歳夏海の場合2

 

こんな風に、すぐ隣、自分の太ももと彼の太ももが10センチも離れていない距離に、男の人がいるなんて、どのくらい久しぶりなのだろう。

ホストクラブに行って、誰かを指名すれば、こんなにも簡単に叶えられることだったんだ。

 

「緊張してるの?」

ヒカリくんは、私よりも絶対に年下だ。

もしかすると10歳以上下かもしれない。

 

ちらっと、他のテーブルを見る。

薄暗くてはっきりとは見えないけれど、女性客の肩に手を回しているらしいホストもいる。

まるでカップルのような密接な距離で、その瞬間だけの恋人気分を味わう。

 

ヒカリくんの香水の柔らかい匂いが、漂ってくる。

そっと顔を上げると、彼の横顔が、間近に迫っていた。

男の人がすぐ隣にいるというのは、こういうことだったのだ。

 

そっとヒカルくんの手のひらを探した。

彼の膝の上に、それは置かれていて、銀色の大きな指輪が付いていた。

最近のホストは、スーツを着ていない人が多いという。

髪の色が黒く、髪型も落ち着いている人が増えているのだとかで、ヒカリくんも、ボタンをはだけさせたシャツに、黒髪だった。

 

普通の格好をしているからか、本当に、誰かとデートしているかのように錯覚してしまう。

けれどヒカリくんは、手を出してこなかった。

膝に置かれた彼の手は、動く気配がなかった。

 

>>誰かのぬくもりを求めていいですか?40歳・夏海の場合(3)につづく……「40女の恋愛事情」story6 毎週火曜18時更新中

>>この小説の前回はこちらから

>>このシリーズのまとめよみはこちらから

1 2 3

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク