#156 別れ話?それとも? 20日ぶりの彼からの電話とは【40代編集長の婚活記】

約20日ぶりに聞く、彼の声

程なくして電話がかかってきた。

ジェントル「もしもし、アサミさん?」

久しぶりに聞いた彼の声。いつもと変わらない、ちょっと高めのやさしい声。声が聞けただけでもちょっとうれしく思う。

アサミ「お久しぶりです。体調のほうは大丈夫ですか?」

ジェントル「うん……。正直、そんなによくはないけど今は大丈夫です」

アサミ「お仕事はどうしてるんですか? 休んでるの?」

ジェントル「ううん。仕事は行ってる。通院はしてるけど」

 

安心する気持ちと、心配な気持ち

その言葉に、ほんの少しだけホッとした。

アサミ「そうですか……。でもちょっと安心しました。臥せっているのじゃないかと心配だったから」

ジェントル「心配かけてしまって、ごめんね」

アサミ「いいんです。今日、声が聞けただけでも私はうれしいから」

 

少し、間があった。私が言った“うれしい”という言葉に、彼はちょっと身構えたように感じた。

ジェントル「今日僕は、言わなくちゃいけないと思って電話したんです」

アサミ「何でしょうか……?」

さっきの間といい、もうイヤな予感しかしない。また私はフラれるんだ……。

 

「言わなくちゃ」いけないことって?

ジェントル「病気がわかってから、改めてアサミさんとのこと、考えていたんです」

アサミ「はい……」

私のこと考えてくれたなんて。私も毎日、考えてました。

ジェントル「アサミさんはやさしいから、大丈夫って言ってくれるけど。僕はやっぱり、アサミさんに迷惑かけちゃいけないって思って」

メッセージのときもだったけど、また迷惑って話をしてきた。

アサミ「迷惑だなんて、全然です」

ジェントル「いいえ、迷惑かけてます」

頑なに、私への迷惑のことを伝えてくる彼。

ジェントル「これから先、僕はずっと病気とつきあって生きていくわけだし、いつ何があるかはわからない。そんな僕にアサミさんを付き合わせてはいけないと思ったんです」

アサミ「そんなことないです。私はあなたがどんな病気でも、いえ病気だからこそ、そばにいたいんです」

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク