【40代編集長の婚活記#213】終わりの予感! 50代眼科医から指摘されたこと

40代の婚活は、個性と個性のぶつかり合い──!? OTONA SALONE編集長・アサミ(48歳)は婚活歴4年、婚活で出会った相手は100人以上。

現在進行形のお相手は、50歳の眼科医・レンズさん。婚活アプリで知り合い、3回のデートを重ねるが……。この話は40代独女の「実名+顔出し」で書いている、リアル婚活ドキュメントである。

 

3回目デートを終えて

眼科医・レンズさんとのベトナム料理デートを終え、家に着いた。彼が選んでくれたお店の料理は美味しかったし、食べ物の話やゴルフの話などはそれなりに盛り上がった。

でも、夫婦という関係性での意識があまりに違う。前の奥様を、彼のポリシーである30分前行動に合わせる、実母の介護はしてもらって当たり前。たぶんその考えは変わらないだろう。「対等」という言葉を彼はよく口にしたけれど、その意識は対等とは思えなかった。

そろそろもう、潮時かな。

3回目デート中、そんな言葉が私の頭の中をよぎった。

 

とりあえず、今日の御礼

自宅に着いてからレンズさんにメッセージを送った。

アサミ「今日はありがとうございました。トムヤムクン、すごく美味しかったですね。ごちそうさまでした」

すると、10分くらい経って返信がきた。

レンズ「いまからちょっと話せますか?」

なんだろう? さっきまで一緒にいたのに何か言い忘れたことでもあったのかしら?

アサミ「大丈夫ですよ」

と返信を送るとすぐに、レンズさんから電話がかかってきた──。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク