「人生が思うように進まない」焦りを好転させる3つのコツ

焦りという感情は人それぞれです。そして、焦りは人生のいろいろな場面で現れてきます。

未来への不安だったり、仕事上の問題だったり、人間関係の問題だったり、これからの人生設計についてだったり。もし今あなたが、何かを焦って苦しい思いをしているのだったら、一度立ち止まってその感情と向き合ってみましょう。今回は、つらい「焦り」という感情から、自分を解放するコツをお教えします。

 

焦りの実態とは何か?

 

何かに焦っている時、人は自分自身を知らず知らず追い詰めています。それは時に身体症状にも現れます。

呼吸が浅くなり、全身の筋肉も緊張してこわばってしまうというストレス状態です。

あなたは、今、何かを焦っていますか?

その焦りでつらい思いをしていませんか。

 

仕事をきちんとやって、ちゃんとした評価を得なくちゃ。

 

仕事で前より良い結果を出さなくちゃ。

 

上司になんとか認められなくちゃ。

 

早く結婚を前提とした恋人を見つけなくちゃ。

 

早く結婚しなくちゃ。

 

早く子供をつくらなくちゃ。

 

早く病気を治して仕事に復帰しなくちゃ。

 

生活のレベルをもっとあげなくちゃ。

 

ちゃんとした立派な自立した人間にならなくちゃ。

 

人にはそれぞれにいろいろな焦りがあります。

しかし、その根本には「自分はこうあるべき」という強迫観念があります。

その強迫観念の正体は、小さい頃から教えられてきた「立派な大人になれ」という呪いのようなものです。それにあなたはがんじがらめになっているのです。

その実態のない理想像をいつまでも追いかけ続けて、心も身体もクタクタになってしまうのです。これは、燃え尽き症候群を起こしてしまうほどの怖いことでもあります。

 

他人と比較するのをやめる。

 

そもそも、「こうあるべき」という概念は、他人から見た物差しで計った基準です。焦っているあなたは、その物差しに自分をあてはめるべく、ひたすらもがいているのです。

これでは、自分の人生を歩むというより、他人の人生を歩んでいることになります。

まさに人生の本末転倒です。

じゃあ、一体どうしたらいいの?というあなた。

まずは、

 

他人の物差しで自分を測らないこと!

 

そして、自分を他人と比較しないこと!

 

比較する事がいかにバカバカしいことかを知ること!

 

です。

 

他人の物差しを気にして生きるなんて、苦しくなるのが当たり前です。もともとそんなものは、実体として存在しない虚像です。

まずは、自分が、

「こうすべき」

「こうあらねば」

と思い込んでいた常識を一度思い切って手放してしまいましょう!

そうするだけで、「常識という呪い」から解放されて、心身ともにだいぶラクになるはずです。

 

今、ここで自分がやれること。

 

これからどうなるか誰にもわからない未来に対して不安と焦りで苦しい思いをしているあなた。

「今、ここ」を大切に生きていますか?

自分自身で自然に呼吸して、自分の足下からしっかり周りを把握していますか?

わからない未来に気を取られて、今ここにある数々の幸せにちゃんと気づいていますか?

今、今、今の連続に未来はあります。

だから、まずは今現在を丁寧に生きてみましょう。

何かに焦ったら、「私、焦っているな」としっかり感じて、客観的に現在をを俯瞰して見回してください。

また、焦っている時ほど、ゆっくり動くことを意識して呼吸を整えましょう。特に吐く息に集中すれば、副交感神経が活発になり、リラックスできるようになります。

ゆっくり動くという事は、今、そこにあるもの、できること、に集中することです。

そうすることによって、余計な不安や疑念が徐々に取り払われ、意識もクリアになっていきます。

 

今に集中すること。

 

今すぐ結果を欲しがらないこと。

 

不透明な未来よりも、今の自分に意識を向けて生きることで、焦りは落ち着いていくのです。

 

もう、自分で自分にムチを入れるのはやめませんか。

 

焦った時ほど、ゆっくりと、です。

 

スポンサーリンク

職場で「敵を作らない女性」はこの4つの距離を知っている

人混みなどで、見知らぬ人が必要以上に自分に接近していると、不快な気持ちになったりしますよね。「もっと自分から離れてほしい、イヤだな」と感じる距離感、それをパーソ…

知能IQやEQ以外の「頭のよさ」の指標、PQって知ってる?

一般的に「頭が良い」とはどういうことでしょうか?何の基準をもって、判断されているのでしょうか?以前はIQ(Intelligence Quotient)が高い=頭が良い人と思われていま…

もしも身近な同僚が亡くなったら。住職が伝えたい3つのこと。

「密葬」「家族葬」など、葬儀の形態が変化しています。同じ会社に勤める方が亡くなっても、「家族葬にするのでお手伝いも参列も不要です」、ということもあるでしょう。こ…

会社の人事異動による「ストレス」を少しでも軽くする5つの方法

春、多くの会社では人事異動がある。希望の部署や役職に就けたことで仕事のモチベーションがあがる人もいる一方で、希望しない異動によって心に大きなストレスを抱える人も…

こんな人とは付き合うな。住職が教える人付き合いのコツ

会社の同僚や上司はもとより、家族、友人、地域……ストレスを抱える原因は、こうした社会にあるのではなく、人間関係にあるだけかもしれません。昔から言われている「付き合…

40代になって「時間の使い方」を変えたら、よくなった5つのこと 

社会人になって20年余りが経つが、最近改めて、新入社員のころ上司に言われた言葉が強く心に響いている。そのひとつが「太陽とともに生きなさい」。出版社に入社して最初に…

元NHKアナウンサーが教える、プレゼンが劇的に上手になる「3つの話し方」

OTONA SALONE編集長の浅見が今、気になる人物をお招きしてトークを繰り広げる対談企画。ちまたでは“エツコの部屋”(注:浅見の下の名前は悦子)といわれているとかいないと…

「怒る」ことのメリットは? 怒らないほうがいいと思う2つの理由

国会議員の豊田真由子氏が秘書に「このハゲーーーーー!!!」と罵倒した事件は記憶に新しい。あのような罵詈雑言は言わないまでも、人に対して怒ったり、イライラしたりす…

信頼していた相手に「断られた」とき。傷ついた気持ちの対処法

仕事を依頼した相手に「断られる」ことはよくある話だ。スケジュールが合わなかったり、内容的に引き受けられなかったり。たいていの場合は断られたとしても、仕方がないと…

イライラが止まらない人。「怒り」の上手な解消方法とは

職場の40代女性がいつも怒っている、すぐキレる、そんな相談をよく目にします。また、40代の独身女性やママ達と話をすると「しょっちゅうイライラする」という話題がよく出…

無理にでも笑顔を作って!幸運が向こうからやってくる

最近、笑っていますか?忙しいから、達成されない課題があるから、ストレスが多いから、辛いことがあったから……暗い表情で、眉間にシワを寄せて生活していませんか?その昔、天の岩戸の前でアメノウズメが身をくねら…

知能IQやEQ以外の「頭のよさ」の指標、PQって知ってる?

一般的に「頭が良い」とはどういうことでしょうか?何の基準をもって、判断されているのでしょうか?以前はIQ(Intelligence Quotient)が高い=頭が良い人と思われていました。IQとは知能指数のことで、従来型のIQ…

人前でひどく緊張する?それって対人恐怖症かも

あなたは、人前に出る時や、会議などの集まりの時、とても緊張したりしませんか?ある程度の緊張は普通なことなのですが、「もう、どうしていいかわからない!」というぐらい動揺したり、かなりの不安を感じていると…

職場で「敵を作らない女性」はこの4つの距離を知っている

人混みなどで、見知らぬ人が必要以上に自分に接近していると、不快な気持ちになったりしますよね。「もっと自分から離れてほしい、イヤだな」と感じる距離感、それをパーソナルスペースと言います。人間が持っている…

10の質問であなたの「幸福度」がわかる…知っておきたい自尊心のこと

人によって、人生に前向きな人と後ろ向きな人がいますよね。その違いは一体なぜ生まれるのでしょう?それは、ずばり自尊感情(自尊心)の程度によります。自尊感情が高いか低いかで人生の視点は大きく変わってくると…

もし、うつかな?と思ったら…憂うつ、不安、倦怠感、無気力、イライラ

人は人生のあらゆる場面で、大きな環境の変化を体験します。進学のために転居したり、社会人として会社に就職して働くようになることもそうですし、異動や転勤、結婚、出産などもそうです。こうした環境の変化からく…

出世も未婚も原因に?人生でもっとも大変な「40-50代の危機」を乗り越える

人生の中で、公私共にとても忙しく、もっともストレスが多いとされる中年期。仕事や家族などのさまざまな問題を抱え、精神的にも肉体的にもバランスを崩しやすくなる時期です。その中年期の社会生活をどのように乗り…

1分で人づきあい技術がアップする「アサーション」3ポイント

社会で生きていく中で、人間関係を円滑にするソーシャル・スキルを身につけることは、とても大切なことです。より良い人間関係とコミュニケーションを得るために、ぜひ身につけたい技能です。その中で、今回はもっと…

ライクからラブへ、彼を変えるたった1つのテクニック

恋愛において、友達以上恋人未満の曖昧な関係から一歩踏み出したい時ってありますよね。そんな時に有効なのは、相手と時間を共有して特別な体験をする「アハ体験」です。この心理的技法を使って相手との距離を縮める…

あえて「空気を読まない」。もっとのびのび生きるためのコツ

世に言うKY、つまり空気を読まないで行動することは、果たしてそんなに悪いことでしょうか?ちょっと窮屈に生きているあなた、今までの思い込みや常識を捨てて、むしろ空気を読むことを止めれば、人生が面白く回り出…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

WORKに関する最新記事