知ってた? 肌よりも紫外線から守るべき部分とは【40代からの美容道】

紫外線が気になる季節です。紫外線はシミ・シワ・たるみなど肌老化の原因でもありますから、オトナの女性にとっては放っておけません。日焼け止めを塗ったり、日傘や帽子などでUV対策をしているかたも多いでしょう。では、目のUV対策はしていますか? 実は紫外線から目を守ることは、もしかしたら肌以上に将来のため老後のために必要なことかもしれないのです。そんなことを実感したリアルな話をご紹介しましょう。

母が欲情? それとも浴場?

Beautiful sporty woman body. Sexy female slim tanned girl

久しぶりに母から電話。便りがないのがいい便りという言葉よろしく、年に数回しか電話をしない母娘としてはちょっとドキドキしながら電話に出ました(※メールはもう少し多くしています)。

「来週、手術で東京に行くよ」

ときどき電話で話す、“今日、宅急便で野菜送ったよ”とまったく同じトーンで明るく話す母。

「え!? 何?   何の病気?」

野菜と同じトーンでは受け止められず、動揺する私。

「目の病気でね、“よくじょうへん”っていうの」

「よくじょうへん?」

初めて聞いた病名なのでさっぱり病状がわからない。なおかつ脳内漢字変換では“欲情”と“浴場”しか出てこないために、なんだか恥ずかしい病気なんじゃないかとすら思いつつ尋ねてみた。

「それって漢字でどうかくの?」

「翼に、状態の状に、片方の片で、翼状片」

漢字を聞いてもよくわからない病名だったが、恥ずかしい方面でないことに少し安堵する。病状や手術の日時などを聞き、当日の夜には面会に行くことにして電話を切った。

紫外線の影響が考えられる目の病気

Sun skin care woman enjoying desert sunshine

翼状片とは、眼球の結膜(白目)が翼状に角膜(黒目)に侵入する線維状の増殖組織で、瞳孔近くまで進展すると視力障害をきたす病気。簡単にいえば白目の部分が黒目にちょっとハミだしてきちゃった状態です。治療法は、現状、外科的手術のみだとか。

翼状片になる人は、屋外での活動時間が長い人や、沖縄に住む人などに多いため、外的要因としては、紫外線の影響が考えられているのだそうです。

紫外線! 目に紫外線がよくないことは聞いていたが、具体的にどんな影響があるかまでは知りませんでした。屋外にいることが特別長いわけでも、沖縄に住んでいるわけでもない母なので、翼状片になったのは紫外線以外の要因もあるでしょう(医師には目の形状的要因もあると言われたらしい)。完全母似フェイスの私としては、よりいっそう目のUV対策が必要だと実感したわけです。

白内障の原因にも紫外線

Dark sunlight Portrait.

さらに調べると、紫外線は白内障にも影響するとありました。白内障というと高齢者の病気で、40代ではまだ関係ないと思うでしょう。でも紫外線による影響ということは、シミなどと同様それまでに浴びた紫外線が積もり積もった結果です。

ちなみに白内障は、眼の水晶体が濁ることで網膜まで光が届かなくなり見え方の質が低下する病気です。初期には水晶体が硬くなり老眼が進行、濁りが強くなると視力が低下し、進行すると失明に至ります。

加齢や紫外線以外の白内障の危険因子としては、喫煙や強度の近視、糖尿病、ステロイドなどの薬物などがあげられ、さらに男性より女性のほうがリスクが高いのだとか!

サングラスでアンチエイジング!

Close-up of retro sunglasses outside in the park

紫外線を浴びることで、将来的に翼状片や白内障などの目の病気に罹るリスクが高まる。この事実を知ってから、日中の外出時にはできるだけサングラスをすることにしました。日本ではサングラスをかける文化が欧米より浸透していないため、ゴージャスマダム感もしくは海外セレブ気取り感が出てしまい、他人から“感じ悪い”と思われるかも知れませんが、背に腹は変えられません。目の手術はできるだけ避けたいんです! 正直、シミ・シワ・たるみよりも深刻な問題ですから!

「頭隠して尻隠さず」ではありませんが、紫外線に対して「肌隠して目隠さず」になっていませんか? 20年後、30年後も健康な目でいるために目のUV対策はとっても重要なのです。外出時にはサングラス。アンチエイジングのため、病気予防のためにオススメします!

 

スポンサーリンク

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

植松晃士 脱オバサン! 素敵な女性でいるために、40代こそ始めてほしいこと

みなさん、こんにちは。植松晃士です。11月、だいぶ冷え込んできていますよね。みなさん、体調は崩していないかしら? OTONA SALONE世代は年齢的にも健康が気になる頃だか…

少しの違いが大きな差! メイク下手な40代女性ほど「持っていないアイテム」3選

40代ともなってくると、日々のメイクには自分なりのルーティンが確立されてくる女性も珍しくありません。もはや何十年と日常的にメイクをしていれば、極端な話「目を瞑って…

ぷぷぷっ…オバサンくさ!「メイク下手な40代のポーチ」に入っている3大残念グッズ

ポーチの中身は、持ち主の“人となり”をあらわすことも多いもの。そして、残念ながら「メイク下手」と言われる人にほど、共通する持ち物もあります。「言われてみれば、もう…

外見は綺麗なのに…「おばさんだよね」と言われる40代女性の3大NGな仕草

外見が美しくても、周りから「おばさんだよね」と言われちゃう残念な40代女性もいらっしゃいます。メイクやファッションに気を使っていても、ちょっとした仕草のせいで「や…

女は「出世するほど結婚しにくい」⁉  働く女性572人にリアルな答えを聞いてみた結果…

女性が仕事で出世することと結婚問題は関係があるのでしょうか? 日本FP協会(所在地 東京都港区、理事長 白根壽晴)が全国の20代~50代の就業女性を対象に「働く女性のくらしとお金に関する調査」を実施した中で、…

#137 なんか「彼の様子が違う」⁉ 4回目デートでわかったこと【40代編集長の婚活記】

恋人いない歴9年以上の46歳。OTONA SALONE編集長・アサミは現在婚活歴2年半。久しぶりに「好き」という感情が出てきた恋愛ご無沙汰女にもやっと春がきた!と、思いきやデート相手のジェントルさんは夕方でそそくさと…

#136 なんで? デートを夕方で帰る「男の本音」とは⁉【40代編集長の婚活記】

40代にして婚活を始めた、OTONA SALONE編集長・アサミ。恋人いない歴9年以上、婚活歴2年半を超えた46歳。49歳・バツイチのジェントルさんとメッセージやデートを重ねて、やっと「好き」という気持ちに気づく。久しぶ…

「婚活で学んだ6つのこと」とは? 40代で結婚した人に聞いてみた【40代の婚活事情】

40代から婚活を始め、結婚をしている人が増えています。しかし、20代、30代のそれとは違う40代の婚活事情。40代で結婚した方々に、「40代で婚活をやってわかった教訓」を聞いてみました。■とにかく、自らたくさん動…

私に「似合うピンク」は? イエベ・ブルベ「パーソナルカラー別」の選び方のコツ

同じピンクでも、似合うピンクと似合わないピンクがあるのをご存じですか? それは自分の「パーソナルカラー」のピンクかどうかで決まります。パーソナルカラーがわかれば、自分自身で、本当に似合うピンクを選べる…

#135 「もっと一緒にいたい」デートの夜は、何かが起こる?【40代編集長の婚活記】

46歳、恋人いない歴9年以上、婚活歴2年半。OTONA SALONE編集長・アサミの婚活は紆余曲折の真っ最中。現在進行形のお相手・ジェントルさん(49歳・アーティスト)とは、3回目のデートをしながらやっと「好き」という…

パーソナルカラー別・似合う「ベージュ」は? トレンチコートの選び方

オトナ女性のアウターといえば、トレンチコートです。トレンチコートの定番はベージュ色ですが、ベージュって色によって微妙に似合わないことってありませんか? それは「パーソナルカラー」ではないベージュを選ん…

私に似合う色は? パーソナルカラー診断の「カラーチャート」見本帳

自分に似合う色を知りたい、そんな方にオススメなのが「パーソナルカラー診断」です。似合う色=パーソナルカラーを身につけると、肌がキレイに見えたり、イキイキして見えたり、若く見えたりといった効果が叶います…

婚活コーデに「パーソナルカラー」を取り入れてみた【オトナの婚活コーデ】

婚活は、第一印象がかなり大事です。第一印象とは、ズバリ見た目。見た目の印象をよくするための1つの方法としてオススメなのが、「パーソナルカラー診断」です。現在、婚活歴2年半である私、OTONA  SALONE編集長・…

婚活が「うまくいかない人」に共通する8つの特徴 

取り立てて欠点があるわけでもまいのに「婚活がうまくいかない」と悩んでいる人はいませんか? 何事も、うまくいかないのには理由があります。婚活コラムニストの私が、自らのリアル婚活経験とまわりの婚活事情を聞…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事