知ってた? 肌よりも紫外線から守るべき部分とは【40代からの美容道】

紫外線が気になる季節です。紫外線はシミ・シワ・たるみなど肌老化の原因でもありますから、オトナの女性にとっては放っておけません。日焼け止めを塗ったり、日傘や帽子などでUV対策をしているかたも多いでしょう。では、目のUV対策はしていますか? 実は紫外線から目を守ることは、もしかしたら肌以上に将来のため老後のために必要なことかもしれないのです。そんなことを実感したリアルな話をご紹介しましょう。

母が欲情? それとも浴場?

Beautiful sporty woman body. Sexy female slim tanned girl

久しぶりに母から電話。便りがないのがいい便りという言葉よろしく、年に数回しか電話をしない母娘としてはちょっとドキドキしながら電話に出ました(※メールはもう少し多くしています)。

「来週、手術で東京に行くよ」

ときどき電話で話す、“今日、宅急便で野菜送ったよ”とまったく同じトーンで明るく話す母。

「え!? 何?   何の病気?」

野菜と同じトーンでは受け止められず、動揺する私。

「目の病気でね、“よくじょうへん”っていうの」

「よくじょうへん?」

初めて聞いた病名なのでさっぱり病状がわからない。なおかつ脳内漢字変換では“欲情”と“浴場”しか出てこないために、なんだか恥ずかしい病気なんじゃないかとすら思いつつ尋ねてみた。

「それって漢字でどうかくの?」

「翼に、状態の状に、片方の片で、翼状片」

漢字を聞いてもよくわからない病名だったが、恥ずかしい方面でないことに少し安堵する。病状や手術の日時などを聞き、当日の夜には面会に行くことにして電話を切った。

紫外線の影響が考えられる目の病気

Sun skin care woman enjoying desert sunshine

翼状片とは、眼球の結膜(白目)が翼状に角膜(黒目)に侵入する線維状の増殖組織で、瞳孔近くまで進展すると視力障害をきたす病気。簡単にいえば白目の部分が黒目にちょっとハミだしてきちゃった状態です。治療法は、現状、外科的手術のみだとか。

翼状片になる人は、屋外での活動時間が長い人や、沖縄に住む人などに多いため、外的要因としては、紫外線の影響が考えられているのだそうです。

紫外線! 目に紫外線がよくないことは聞いていたが、具体的にどんな影響があるかまでは知りませんでした。屋外にいることが特別長いわけでも、沖縄に住んでいるわけでもない母なので、翼状片になったのは紫外線以外の要因もあるでしょう(医師には目の形状的要因もあると言われたらしい)。完全母似フェイスの私としては、よりいっそう目のUV対策が必要だと実感したわけです。

白内障の原因にも紫外線

Dark sunlight Portrait.

さらに調べると、紫外線は白内障にも影響するとありました。白内障というと高齢者の病気で、40代ではまだ関係ないと思うでしょう。でも紫外線による影響ということは、シミなどと同様それまでに浴びた紫外線が積もり積もった結果です。

ちなみに白内障は、眼の水晶体が濁ることで網膜まで光が届かなくなり見え方の質が低下する病気です。初期には水晶体が硬くなり老眼が進行、濁りが強くなると視力が低下し、進行すると失明に至ります。

加齢や紫外線以外の白内障の危険因子としては、喫煙や強度の近視、糖尿病、ステロイドなどの薬物などがあげられ、さらに男性より女性のほうがリスクが高いのだとか!

サングラスでアンチエイジング!

Close-up of retro sunglasses outside in the park

紫外線を浴びることで、将来的に翼状片や白内障などの目の病気に罹るリスクが高まる。この事実を知ってから、日中の外出時にはできるだけサングラスをすることにしました。日本ではサングラスをかける文化が欧米より浸透していないため、ゴージャスマダム感もしくは海外セレブ気取り感が出てしまい、他人から“感じ悪い”と思われるかも知れませんが、背に腹は変えられません。目の手術はできるだけ避けたいんです! 正直、シミ・シワ・たるみよりも深刻な問題ですから!

「頭隠して尻隠さず」ではありませんが、紫外線に対して「肌隠して目隠さず」になっていませんか? 20年後、30年後も健康な目でいるために目のUV対策はとっても重要なのです。外出時にはサングラス。アンチエイジングのため、病気予防のためにオススメします!

 

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

外見は綺麗なのに…「おばさんだよね」と言われる40代女性の3大NGな仕草

外見が美しくても、周りから「おばさんだよね」と言われちゃう残念な40代女性もいらっしゃいます。メイクやファッションに気を使っていても、ちょっとした仕草のせいで「や…

植松晃士 脱オバサン! 素敵な女性でいるために、40代こそ始めてほしいこと

みなさん、こんにちは。植松晃士です。11月、だいぶ冷え込んできていますよね。みなさん、体調は崩していないかしら? OTONA SALONE世代は年齢的にも健康が気になる頃だか…

【オバサン認定注意】アラフォーがやりがち!NGベースメイク6選

アラフォーは年齢特有の“劣化”が肌にも現れやすいだけに、メイクでしっかりフォローしてみずみずしい印象を狙っていきたいところです。なかでもベースメイクは最も年齢が出…

ナチュラルメイクの落とし穴! 塗るだけで「うっかり5歳オバ見え化」を招く口紅選びの3大ワナ

「うっかりオバサン見え!」は、どんなメイクにおいても、絶対に避けたいのが私たちの本音。しかし、ナチュラルメイクを心がけるにあたって「塗るだけでオバサン」になりや…

初めての婚活パーティは「品よく見える」を意識【オトナの婚活コーデ】

婚活パーティや婚活デートのときって、何を着ていったらいいのでしょうか。正直、モテもデートも意識せず、40代まで自分の好きな服を選んできた、OTONA SALONE編集長アサミです。しかし、なんだかんだで婚活歴2年。…

#110 婚活に「行き詰まった独女」の駆け込み寺とは?【40代編集長の婚活記】

恋人いない歴9年超えのだいぶ“ご無沙汰女子”、OTONA SALONE編集長・アサミ。未婚・独身・46歳。「40代の婚活」を始めて早2年、婚活パーティや婚活アプリ、知人の紹介など、さまざまな婚活に挑んできた。最近になって…

#109 ご無沙汰な独女が「個室婚活でマッチング」した相手とは?【40代編集長の婚活記】

恋人いない歴9年超えの“ご無沙汰女子”、OTONA SALONE編集長・アサミ。未婚・独身・46歳。婚活パーティや婚活アプリ、知人の紹介など「40代の婚活」に邁進すること2年。知人に誘われて参加した「個室婚活」。8人の男…

30代では知らなかった! 「40代の髪と肌」に起こった6つの現象【40代からの美容道】

39歳と40歳、それはほんの1年の違いです。たった1年、されど1年……。30代と40代の間にはただ数字上での違いだけではないさまざまな変化があるようです。OTONA SALONE編集長アサミ、現在46歳。まだ40代の途中ではあり…

#108 婚活で「また会いたい」と思うポイントって?【40代編集長の婚活記】

恋人いない歴9年超えの、OTONA SALONE編集長・アサミ、未婚・独身・46歳。婚活パーティ、婚活アプリ、知人の紹介など「40代の婚活」に邁進すること2年。知人に誘われて参加した「個室婚活」。8人の男性と1:1での会…

#107 婚活2年でわかった「結婚相手に求める条件」【40代編集長の婚活記】

OTONA SALONE編集長・アサミ、未婚・独身・46歳。恋人いない歴は9年以上、婚活歴は2年。さまざまな婚活にいそしむも、いまだ恋人すらできず。この夏、はじめて参加した「個室婚活」は、区切られたブースで1:1で5分…

#106  やってわかった個室婚活のメリット、デメリット【40代編集長の婚活記】

ついに2年を超えた40代の婚活。OTONA SALONE編集長・アサミ、未婚・独身・46歳。あらゆる婚活にトライしてみるも、いまだ恋人すらできず。この夏、知人である独女の友に誘われて、参加したのは「個室婚活」。区切ら…

#105  どこまでアリ? 結婚相手との「年齢差」について【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は山あり谷あり。OTONA SALONE編集長・アサミ、未婚・独身・46歳。婚活歴2年になるも、いまだゴールは見えず。婚活パーティ、婚活アプリ、知人の紹介、出会いのありそうなバーへ繰り出す……。さまざまな婚…

#104  個室婚活で出会った「3人目の男」に思うこと【40代編集長の婚活記】

「40代の婚活は丸2年はみてほしいんです」──恋愛結婚カウンセラーの先生にそう言われたのは、2016年8月。連載【40代編集長の婚活記#1】のときのこと。あれから2年が経った。つまり、OTONA SALONE編集長・アサミ(46…

#103 40代未満、立ち入り禁止! ウワサの「個室婚活」レポ【40代編集長の婚活記】

20~30代とくらべ、40代の婚活はかなり困難を極めるらしい。OTONA SALONE編集長・アサミ、46歳。婚活を始めて1年11カ月。いまだに誰ともお付き合いすらできないまま。婚活パーティ、婚活アプリ、知人の紹介などいくつ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事