知ってた? 肌よりも紫外線から守るべき部分とは【40代からの美容道】

紫外線が気になる季節です。紫外線はシミ・シワ・たるみなど肌老化の原因でもありますから、オトナの女性にとっては放っておけません。日焼け止めを塗ったり、日傘や帽子などでUV対策をしているかたも多いでしょう。では、目のUV対策はしていますか? 実は紫外線から目を守ることは、もしかしたら肌以上に将来のため老後のために必要なことかもしれないのです。そんなことを実感したリアルな話をご紹介しましょう。

母が欲情? それとも浴場?

Beautiful sporty woman body. Sexy female slim tanned girl

久しぶりに母から電話。便りがないのがいい便りという言葉よろしく、年に数回しか電話をしない母娘としてはちょっとドキドキしながら電話に出ました(※メールはもう少し多くしています)。

「来週、手術で東京に行くよ」

ときどき電話で話す、“今日、宅急便で野菜送ったよ”とまったく同じトーンで明るく話す母。

「え!? 何?   何の病気?」

野菜と同じトーンでは受け止められず、動揺する私。

「目の病気でね、“よくじょうへん”っていうの」

「よくじょうへん?」

初めて聞いた病名なのでさっぱり病状がわからない。なおかつ脳内漢字変換では“欲情”と“浴場”しか出てこないために、なんだか恥ずかしい病気なんじゃないかとすら思いつつ尋ねてみた。

「それって漢字でどうかくの?」

「翼に、状態の状に、片方の片で、翼状片」

漢字を聞いてもよくわからない病名だったが、恥ずかしい方面でないことに少し安堵する。病状や手術の日時などを聞き、当日の夜には面会に行くことにして電話を切った。

紫外線の影響が考えられる目の病気

Sun skin care woman enjoying desert sunshine

翼状片とは、眼球の結膜(白目)が翼状に角膜(黒目)に侵入する線維状の増殖組織で、瞳孔近くまで進展すると視力障害をきたす病気。簡単にいえば白目の部分が黒目にちょっとハミだしてきちゃった状態です。治療法は、現状、外科的手術のみだとか。

翼状片になる人は、屋外での活動時間が長い人や、沖縄に住む人などに多いため、外的要因としては、紫外線の影響が考えられているのだそうです。

紫外線! 目に紫外線がよくないことは聞いていたが、具体的にどんな影響があるかまでは知りませんでした。屋外にいることが特別長いわけでも、沖縄に住んでいるわけでもない母なので、翼状片になったのは紫外線以外の要因もあるでしょう(医師には目の形状的要因もあると言われたらしい)。完全母似フェイスの私としては、よりいっそう目のUV対策が必要だと実感したわけです。

白内障の原因にも紫外線

Dark sunlight Portrait.

さらに調べると、紫外線は白内障にも影響するとありました。白内障というと高齢者の病気で、40代ではまだ関係ないと思うでしょう。でも紫外線による影響ということは、シミなどと同様それまでに浴びた紫外線が積もり積もった結果です。

ちなみに白内障は、眼の水晶体が濁ることで網膜まで光が届かなくなり見え方の質が低下する病気です。初期には水晶体が硬くなり老眼が進行、濁りが強くなると視力が低下し、進行すると失明に至ります。

加齢や紫外線以外の白内障の危険因子としては、喫煙や強度の近視、糖尿病、ステロイドなどの薬物などがあげられ、さらに男性より女性のほうがリスクが高いのだとか!

サングラスでアンチエイジング!

Close-up of retro sunglasses outside in the park

紫外線を浴びることで、将来的に翼状片や白内障などの目の病気に罹るリスクが高まる。この事実を知ってから、日中の外出時にはできるだけサングラスをすることにしました。日本ではサングラスをかける文化が欧米より浸透していないため、ゴージャスマダム感もしくは海外セレブ気取り感が出てしまい、他人から“感じ悪い”と思われるかも知れませんが、背に腹は変えられません。目の手術はできるだけ避けたいんです! 正直、シミ・シワ・たるみよりも深刻な問題ですから!

「頭隠して尻隠さず」ではありませんが、紫外線に対して「肌隠して目隠さず」になっていませんか? 20年後、30年後も健康な目でいるために目のUV対策はとっても重要なのです。外出時にはサングラス。アンチエイジングのため、病気予防のためにオススメします!

 

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

ほうれい線よりもケアすべきは、不幸顔印象を与える小鼻の横にある溝だった!【顔筋ケアのパイオニアKatsuyoが教えるアンチエイジングケアPart3】

年齢とともに深まるほうれい線、気になりますよね。確かに、ほうれい線があるのとないのとでは、見た目年齢が全く違います。しかし、ほうれい線とは笑ったときにできる境界…

ストレスの肌荒れに悩む人へ! 口周りの吹き出物・大人ニキビを改善する4つの習慣 【BEFORE→AFTER】

口の周りやあごに吹き出物ができてなかなか治らない、ちょっとよくなってもまた繰り返すという大人のニキビ。鏡を見るたびにイヤになるほどの赤いブツブツ……そんな悩みを抱…

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

若見えは「目元」で決まる!老化させない5つのアイケア

ひたひたとアラフォーの目元にしのびよる老化。いつものメイクをしているつもりが、写真を見て「このおばさんは本当に私?」と愕然とする瞬間がいつかやってきます。そう、…

唇を「オバさん」化させない!40代が知るべき4つのポイント

いくつになっても唇は大きさや形よりもコンディションの良さで美しさが決まるパーツ。つまり乾燥してガサガサしていたら、唇の魅力が損なわれます。ガサガサ唇はリップメイ…

ナチュラルメイクがただのすっぴんに?「やらなさ過ぎ」メイク脱却術

最近「化粧しているのに『ちゃんとメイクしたら?』と言われた…」と落ち込んでいたアラフォー友人。確かに毎日ちゃんとメイクをしているようなのですが、メイクにメリハリ…

外見は綺麗なのに…「おばさんだよね」と言われる40代女性の3大NGな仕草

外見が美しくても、周りから「おばさんだよね」と言われちゃう残念な40代女性もいらっしゃいます。メイクやファッションに気を使っていても、ちょっとした仕草のせいで「や…

#97 独女が恋愛に「ご無沙汰」になるワケは⁉【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は一筋縄ではいかない。OTONA SALONE編集長アサミ(46歳)は婚活歴1年10カ月。いまだに誰とも上手くいかないまま。婚活パーティ、婚活アプリ、紹介でのデートにことごとく破れ、新たな出会いを求めて立ち…

#96 非モテ独女が男性に「ギュッとされて」思ったこと【40代編集長の婚活記】

婚活を始めて約1年10カ月になるOTONA SALONE編集長アサミ(46歳)。6人の男性とデートを繰り返したけれど、恋人いない歴はさらなる記録を更新、ついに9年を超えた。ある日、フラリと一人で立ち寄った新宿のバーで「…

#95 どういうつもり? 意味深な男性の本音って【40代編集長の婚活記】

婚活、それは結婚相手を見つけるために積極的に行う活動。OTONA SALONE編集長アサミ(46歳)は、1年9カ月ほど婚活パーティや婚活アプリに勤しんだけれど、恋人一人見つけられないまま現在に至る。カウンターバーには…

オトナが「第一印象をよくする秘訣」とは? 婚活イベントでわかったこと

ビジネス上はもちろん、特に婚活を始めて多くの人と会うことが増え、第一印象は本当に大切だと、心の底から感じるようになりました。特にオトナになればなるほど、第一印象で重要なのが「清潔感」。身だしなみにちゃ…

[PR]

#94 婚活疲れした独女の「運命の出会い」はバーにあり⁉【40代編集長の婚活記】

40代の婚活をスタートしてから1年9カ月。6人の男性とデートしても恋人すらできない、OTONA SALONE編集長アサミ・46歳。婚活パーティや婚活アプリを続ける日々に疲れ……いわゆる婚活疲れに陥った。「自然な出会いをし…

#93 独女のフラリ一人飲みで、偶然出会った男とは【40代編集長の婚活記】

「一生独身かもしれない」と思いながら40代を迎え、一人で生きていく準備をしていたOTONA SALONE編集長アサミ。半分仕事、半分好奇心で44歳から婚活をスタートさせて1年9カ月。婚活パーティにも婚活アプリにも敗れ、…

#92 婚活にやぶれた40女が「出会いを求めて」始めたこと【40代編集長の婚活記】

婚活パーティに行っても婚活アプリをやっても、恋人ができないOTONA SALONE編集長アサミ、ただいま46歳。恋人いない歴は9年を超え、思春期以降の恋人いない最長記録を更新中。「婚活〇〇は向いていない。自然な出会…

#91 婚活じゃない自然な「オトナの出会い」を調べてみた【40代編集長の婚活記】

40代の婚活はまさに、いばらの道……。婚活パーティや婚活アプリ、知人からの紹介を受けながらついに1年9カ月。誰ともうまくいかず、恋人いない歴は9年という記録を更新した編集長アサミ。婚活パーティにも婚活アプリ…

#90 婚活で「6人の男にフラれた女」がたどり着いた先は?【40代編集長の婚活記】

44歳にして初めて婚活をスタートさせたOTONA SALONE編集長・アサミ。恋人いない歴はまもなく9年になる、現在46歳の独女。1年8カ月の婚活で6人の男性と婚活デートをしたけれど、誰とも交際にすら至らないままフラれっ…

#89 婚活1年8カ月で感じた「独女の不安」とは?【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は厳しい道のりだと聞いてはいたけれど、まさかこんなにも大変だとは……。44歳の夏に婚活を始めて1年8カ月。ついに46歳を迎えたOTONA SALONE編集長・アサミ。婚活アプリで出会ったシングルファーザーの男性…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事