【40代編集部長の婚活記#293】どうなの?彼と私の相性。2人の「共通点」を探るの巻

2022.03.16 LOVE

40代の婚活は未知との遭遇かもしれない。婚活歴5年を超えたOTONA SALONE編集部長・アサミ(49歳)。これまでの婚活で100人以上もの男性と出会ってきた。

婚活で恋人ができるも別れに至り、また振り出しに戻った。友人とともに自己分析をすることで「本質的な自分」に気づき、H女史に紹介された男性・マイルドさんと会うことに……。この話は40代独女の「実名+顔出し」で書いている、リアル婚活改め、パートナーを探す活動=「パー活」ドキュメントである。

【「婚活記」の過去記事一覧はコチラ

【40代編集部長の婚活記#293】

 

心を開いてもらうには、まず自分から

マイルドさん(ベンチャー企業勤務・40代)との初めて会ったのは、共通の知人がセッティングしてくれたイタリアン。乾杯まではよかったものの、食べ物のオーダーをしようと思った矢先、まさかの展開が訪れる。

「苦手な食べ物だけ教えてください」。一緒に食事をするのだからそれは頼まないほうがいいと思って尋ねたのだが、言いにくそうにしているマイルドさん。そんなときは先に自己開示よねと思い、「牡蠣にあたってから食べないようにしている」ことを伝えた。

すると

マイルド「あ、僕も貝類はあまり」

自分の弱みを伝えると、相手も言いやすいのね。やっぱり自己開示って大事! 貝類だけ避ければいいかと思いきや……。

 

アレルギーと苦手が続く…!

メニューを見ながら「これはどうかな?」と提案を始めたところ、まさかの返事がやってくる。

マイルド「イタリアンのお店で恐縮なんですが、トマトがアレルギー出てしまうので」

マイルド「あ、小麦粉もアレルギーで」

マイルド「あの……実は、生野菜が食べられなくて」

マイルド「はい。あとチーズもダメで」

マイルド「あとフルーツ全般がアレルギーで」

マイルド「生魚は苦手なんです」

マイルド「好き嫌いじゃないんですけど、牛肉は避けています」

貝類、トマト、生野菜全般、チーズ、フルーツ、小麦粉、生魚、牛肉がダメなんだ。マイルドさん、ダメなものがかなり多いのね。アレルギーっていうのは仕方ないものね。とはいえ、料理のオーダーを悩みながらメニューとにらめっこするアサミなのであった……。

続きを読む

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
OTONA SALONE編集部長 浅見悦子

スポンサーリンク

スポンサーリンク