【40代からの婚活記#302】婚活も恋愛もうまくいかない「決定的な問題」とは?

2022.05.18 LOVE

無理につなげようとしている

A嬢「無理というか、頑張ってつなげているなって思うんです」

アサミ「まぁ……確かに」

A嬢「自分がピンとこない会話だったら、スルーしたり、無言になったりしてもいいと思うんです」

アサミ「そうなの?」

A嬢「例えば、本当に親しい人だと、それでも大丈夫だったりしません?」

本当に親しい人……。確かに、親友、幼なじみ、家族は一緒にいても無言でいられる。気乗りがしない会話はなんとなくスルーしていることもある。

 

親しい人とは無言でいられる

アサミ「そうね。親しい関係性ができてる人とは、頑張って会話を続けようとはしてないね」

A嬢「いままでの恋人とかはどうでした?」

アサミ「言われてみたら、頑張っちゃってたかもね。会話だけでなく、態度や対応とか、発言とか」

A嬢「恋人にわがまま言ったりしました?」

アサミ「正直、言ってない。“わがままをいう女性”になりたくないって思ってたから」

A嬢「きっと“ものわかりがいい、分別のある人”になってたんですよね」

 

「ものわかりがいい人」のフリ

アサミ「そうね。根本的にものわかりがいいわけじゃなくて、無理してそうなってたかもね」

A嬢「たぶん、それが相手を“僕のことホントは好きじゃないでしょ”とか“本音がわからない”っていう気持ちにさせたんじゃないかと思うんです」

アサミ「ぐうの音も出ないわ。その通りだって最近やっとわかってきた」

A嬢「だから、初対面でも恋人でも、そんなに相手に気を遣わなくていいと思うんです」

アサミ「そっか…」

A嬢「婚活で出会う人は、この先を一緒に過ごしていくかもしれない人じゃないですか。だったら最初から無理せず、頑張らずに対応したほうがいいと思うんです」

アサミ「無理しない、頑張らない……」

 

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
OTONA SALONE編集部長 浅見悦子

スポンサーリンク

スポンサーリンク