【40代からの婚活記#305】婚活5年10カ月で感じた「初めての気持ち」とは?

2022.06.08 LOVE

マッチングした翌日

マジメさんと初めてメッセージを交わした、翌日。

夜、22時ごろになってメッセージが届いた。さっそくスマホを手にしてみる。

マジメ「こんばんは。今日もお仕事お疲れ様でした。僕は仕事のあとに軽くジムへ行って、ちょっと前に帰宅しました。アサミさんはいかがお過ごしですか?」

あら、マジメさんからだ! ちょっとうれしい。

しかも「今日もお仕事お疲れ様でした」という始まりに、なんだか癒される。「おかえりなさい」と言われたみたいな感覚。

 

「おかえりなさい」な気持ち

マッチングした翌日に、きっちりメッセージをくれるところも律儀な気がする。マジメさん、やっぱり安心感のある男性だわ。

アサミ「マジメさんも、お仕事お疲れ様でした。ちょっと忙しい日で私はさっき帰宅しました。ソファに座ってゆっくりしていたところです」

私からも彼に「お疲れ様でした」を返してみた。自分もうれしかったから、相手にもしてみようって。

毎日、あいさつする相手がいることの安心感ってこういうことかしら。ただのあいさつの言葉だけれど、それを当たり前のように交わす相手がいる日常ってなんか素敵。

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
OTONA SALONE編集部長 浅見悦子

スポンサーリンク

スポンサーリンク