オフィスで3分、バレエストレッチですっきり身体を整える

スポンサーリンク

スポーツでも、バレエを含むダンスでも、始める前にストレッチを行い、また終わったときにもストレッチを行います。どちらも目的は「身体を整える」ため。今回はほぐしながら、同時に整えるバレエストレッチをご紹介します。

特に40代の女性たちが気になる首・肩・背中を整える効果が高いバレエストレッチです。オフィスでの休憩時間に、優雅に気軽に試してくださいね。

 

オフィスでも気軽に!「整える」ストレッチ

ストレッチは「次に行うことを安全によりよく行う」ためのもの。エクササイズ前のストレッチは、安全に身体を動かせるようにするために行います。バレエで行われるストレッチも安全に美しく踊る身体に整えるために欠かせません。

 

ここで紹介しているストレッチも、同じ目的です。固まった身体では不快感も覚えますし、また不都合も起こりやすくなってしまいます。デスクワークが多いときなどは、その経験があるのではないでしょうか。今回は立って行うバレエストレッチです。

 

【ダイジェスト】

1.足を片方は後ろに軽く伸ばし、もう片方は添わせるようにつま先を広げてまっすぐに立ちます。上半身は軽く斜めに、腰から下は足が曲がらないようにキープさせます。

2.肩甲骨の上のほうを開いて回すように上げ、左腕を片方は上に、右腕は柔らかく床と平行になるように伸ばします。

3.左腕の指先を見るように首を軽く曲げ、ゆっくりと前に倒します。

4.元の位置に戻し、右腕の指先を見ながら、また同じように首を軽く曲げて前にゆっくりと倒します。

5.ここまでできたら、今度は右腕を上にして同じストレッチを行います。

首と肩、それに背中を整えるバレエストレッチです。ゆっくりとした動きと呼吸で行いましょう。背中にある肩甲骨の動きを意識して行うと、より首や背中の筋肉のこわばりや疲れに効果的です。また背中を美しくさせる効果も期待できます。

【1~5の詳細は以下に】

 

力まないようにすっきりと立って

バレエでの立ち姿はほどよい緊張感で支えられています。力んではいませんが、無駄なく支える形で美しい姿勢をキープしているのです。バレエストレッチでは踊るときのポジションのように神経を研ぎ澄ます必要はありません。

 

とはいえだらしなくならないように注意する必要があります。お腹を突き出さないように立ちましょう。今回は首・肩・背中のストレッチですが、立っている姿勢の正しさで効果がうまく出てきます。腰から下をまっすぐにする意識を持つと簡単です。

 

1.足を片方は後ろに軽く伸ばし、もう片方は添わせるようにつま先を広げてまっすぐに立ちます。上半身は軽く斜めに、腰から下は足が曲がらないようにキープさせます。

 

左右の足をきれいに添わせ、足の間にすき間が出ないようにしてください。股関節が硬い場合は、無理に同じ足のポジションを行わず、まずは近づけるように行います。少しずつこの立ち方をできるように和らげていけばOKです。

 

肩甲骨の存在を意識して腕を伸ばす

肩こりや首のこり、背中のこわばりは、現代人と無縁でいられません。本当はつらくなる前にほぐしておくことが効果的です。しかし長くそのままではマッサージを行っても、なかなか解消されないことが悩みですよね。

 

ですからこりに悩まされる前に、肩甲骨のあたりから動かして和らげましょう。この動きは肩甲骨の存在を意識させることで、心地よく行えます。まずは肩甲骨を動かす感覚を身につけてみてください。

 

2.肩甲骨の上のほうを開いて回すように上げ、左腕を片方は上に、右腕は柔らかく床と平行になるように伸ばします。

3.左腕の指先を見るように首を軽く曲げ、ゆっくりと前に倒します。

4.元の位置に戻し、右腕の指先を見ながら、また同じように首を軽く曲げて前にゆっくりと倒します。

 

バレエでの「ポール・ド・ブラ(腕の動き)」というポーズです。首との連動にも注意して行うことで、首から肩、背中が心地良く整えられていきます。

 

5.ここまでできたら、今度は右腕を上にして同じストレッチを行います。

 

緩やかな動きで、ほぐしながら整えることを意識してみましょう。もちろん呼吸をゆっくりと行い、動かしにくい場所を強引に動かさないことが鉄則です。今日は動かしにくい場所であっても、明日は少し動かせればいい、と考えて行うようにしてみてください。

 

気分転換に行うのもおすすめ

バレエストレッチも「身体を整える」目的は変わりません。しかし仕事の集中が途切れたときの気分転換に行うこともおすすめの方法。理由は身体が整えられることで、心の面もいい形でリセットされる効果があるからです。身体を動かせば、それだけ呼吸が変わります。

 

忙しい40代だと、朝も慌ただしくストレッチどころではないでしょう。しかしベッドに入る前の数分に行うことも、良い眠りを約束するステップになります。忙しさで目が回りそうな時期である40代こそ、この習慣をつけるべきではないでしょうか。

 

身体をいい形で整えつつ、心の面でも自分なりのケアをすることは重要です。優雅な気分で行えるバレエストレッチもそうした効果があります。

 

■OTONA SALONEただいまの人気記事
脱「疲れたオバサン髪」!ひとつ結びをおしゃれアレンジにするカギって?

https://otonasalone.jp/28584/

【男の本音】心の中で「うわっ…ダサ」と思う夏のトレンドアイテム6選

https://otonasalone.jp/28691/

プリンマニアが選ぶ、今だから食べたいコンビニ3大絶品プリン

https://otonasalone.jp/28891/

ヘルス&ビューティライター

伊藤桂子

この執筆者の記事一覧

更新情報がわかる!

フォローを

お願いします!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

伊藤桂子の最新記事

HEALTHに関する最新記事