オフィスで3分、バレエストレッチですっきり身体を整える

スポーツでも、バレエを含むダンスでも、始める前にストレッチを行い、また終わったときにもストレッチを行います。どちらも目的は「身体を整える」ため。今回はほぐしながら、同時に整えるバレエストレッチをご紹介します。

特に40代の女性たちが気になる首・肩・背中を整える効果が高いバレエストレッチです。オフィスでの休憩時間に、優雅に気軽に試してくださいね。

 

オフィスでも気軽に!「整える」ストレッチ

ストレッチは「次に行うことを安全によりよく行う」ためのもの。エクササイズ前のストレッチは、安全に身体を動かせるようにするために行います。バレエで行われるストレッチも安全に美しく踊る身体に整えるために欠かせません。

 

ここで紹介しているストレッチも、同じ目的です。固まった身体では不快感も覚えますし、また不都合も起こりやすくなってしまいます。デスクワークが多いときなどは、その経験があるのではないでしょうか。今回は立って行うバレエストレッチです。

 

【ダイジェスト】

1.足を片方は後ろに軽く伸ばし、もう片方は添わせるようにつま先を広げてまっすぐに立ちます。上半身は軽く斜めに、腰から下は足が曲がらないようにキープさせます。

2.肩甲骨の上のほうを開いて回すように上げ、左腕を片方は上に、右腕は柔らかく床と平行になるように伸ばします。

3.左腕の指先を見るように首を軽く曲げ、ゆっくりと前に倒します。

4.元の位置に戻し、右腕の指先を見ながら、また同じように首を軽く曲げて前にゆっくりと倒します。

5.ここまでできたら、今度は右腕を上にして同じストレッチを行います。

首と肩、それに背中を整えるバレエストレッチです。ゆっくりとした動きと呼吸で行いましょう。背中にある肩甲骨の動きを意識して行うと、より首や背中の筋肉のこわばりや疲れに効果的です。また背中を美しくさせる効果も期待できます。

【1~5の詳細は以下に】

 

力まないようにすっきりと立って

バレエでの立ち姿はほどよい緊張感で支えられています。力んではいませんが、無駄なく支える形で美しい姿勢をキープしているのです。バレエストレッチでは踊るときのポジションのように神経を研ぎ澄ます必要はありません。

 

とはいえだらしなくならないように注意する必要があります。お腹を突き出さないように立ちましょう。今回は首・肩・背中のストレッチですが、立っている姿勢の正しさで効果がうまく出てきます。腰から下をまっすぐにする意識を持つと簡単です。

 

1.足を片方は後ろに軽く伸ばし、もう片方は添わせるようにつま先を広げてまっすぐに立ちます。上半身は軽く斜めに、腰から下は足が曲がらないようにキープさせます。

 

左右の足をきれいに添わせ、足の間にすき間が出ないようにしてください。股関節が硬い場合は、無理に同じ足のポジションを行わず、まずは近づけるように行います。少しずつこの立ち方をできるように和らげていけばOKです。

 

肩甲骨の存在を意識して腕を伸ばす

肩こりや首のこり、背中のこわばりは、現代人と無縁でいられません。本当はつらくなる前にほぐしておくことが効果的です。しかし長くそのままではマッサージを行っても、なかなか解消されないことが悩みですよね。

 

ですからこりに悩まされる前に、肩甲骨のあたりから動かして和らげましょう。この動きは肩甲骨の存在を意識させることで、心地よく行えます。まずは肩甲骨を動かす感覚を身につけてみてください。

 

2.肩甲骨の上のほうを開いて回すように上げ、左腕を片方は上に、右腕は柔らかく床と平行になるように伸ばします。

3.左腕の指先を見るように首を軽く曲げ、ゆっくりと前に倒します。

4.元の位置に戻し、右腕の指先を見ながら、また同じように首を軽く曲げて前にゆっくりと倒します。

 

バレエでの「ポール・ド・ブラ(腕の動き)」というポーズです。首との連動にも注意して行うことで、首から肩、背中が心地良く整えられていきます。

 

5.ここまでできたら、今度は右腕を上にして同じストレッチを行います。

 

緩やかな動きで、ほぐしながら整えることを意識してみましょう。もちろん呼吸をゆっくりと行い、動かしにくい場所を強引に動かさないことが鉄則です。今日は動かしにくい場所であっても、明日は少し動かせればいい、と考えて行うようにしてみてください。

 

気分転換に行うのもおすすめ

バレエストレッチも「身体を整える」目的は変わりません。しかし仕事の集中が途切れたときの気分転換に行うこともおすすめの方法。理由は身体が整えられることで、心の面もいい形でリセットされる効果があるからです。身体を動かせば、それだけ呼吸が変わります。

 

忙しい40代だと、朝も慌ただしくストレッチどころではないでしょう。しかしベッドに入る前の数分に行うことも、良い眠りを約束するステップになります。忙しさで目が回りそうな時期である40代こそ、この習慣をつけるべきではないでしょうか。

 

身体をいい形で整えつつ、心の面でも自分なりのケアをすることは重要です。優雅な気分で行えるバレエストレッチもそうした効果があります。

 

■OTONA SALONEただいまの人気記事
脱「疲れたオバサン髪」!ひとつ結びをおしゃれアレンジにするカギって?

https://otonasalone.jp/28584/

【男の本音】心の中で「うわっ…ダサ」と思う夏のトレンドアイテム6選

https://otonasalone.jp/28691/

プリンマニアが選ぶ、今だから食べたいコンビニ3大絶品プリン

https://otonasalone.jp/28891/

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

大山式足指パッドのやせる効果は? 試してみたらまさかの…【人生最後(かもしれない)ダイエット戦記 Vol.3】

ダイエットのきっかけと太った理由が解明できたなら、真面目に始めるしかありません。現在はやせたい人が多いこともあり、ダイエットをサポートするグッズもかなり数多く出…

10秒で肩こり解消と話題の「肩甲骨はがし」とは?

肩こり解消に話題の「肩甲骨はがし」。難しいテクや道具は必要ありません。『完全版 寝たまま肩甲骨はがし』(主婦の友社刊)の著者である、自力整体指導員のたんだあつこ…

背中で手を組める?体が硬くてもできる「寝たまま肩甲骨はがし」がスゴイ

腕を後ろにまわして背中で手を組めますか?筆者は右腕が上だと組めるのですが、左腕が上だと組めません。これは肩甲骨まわりの「筋膜」に、ねじれや癒着があることが原因な…

40代でもダイエット成功!食事制限せずにやせるための簡単「美習慣」

「糖質制限ダイエット」「断食ダイエット」……巷には多くのダイエット方法があふれています。でも、実際にやせられてそれをキープできている人はどのくらいいるでしょうか?…

トイレのあとが「くさい」人。実はそれ異常なんです

日本人女性の98%が排泄に関する悩みを持っているのだそう。この記事を読んでいる人ほぼ全員と言っていいでしょう。さらに、うんちのあとにトイレがくさいのは、実は「よく…

太る原因はカロリーではなかった! ちゃんと食べてやせる究極の食事「4つの要素」とは?

カロリー制限ダイエット、糖質制限ダイエット、GIダイエット、炭水化物ダイエットなど、世の中にはあまたのダイエットが存在しています。このうちのひとつぐらいは、誰でも…

あと何キロやせたい? 女性の平均体重は何キロ? 平均・理想・モテる体重を調べてみた

「やせたい」。なにかと多くの女性たちが口にしている言葉です。でも、中にはそれ以上やせたらガリガリでシワシワに見えちゃうよ!?という人さえも「ダイエットしなきゃ」と…

1位豆腐・2位レバー・3位は?40代女性はこれを食べるべし

まだ早い? それとも自覚がある? 40代なら視野に入ってくる更年期。今回は、いま摂るべき栄養素をご紹介します。もう知っているものもあれば、これがおすすめなの?とい…

40代のダイエットは体重より「7つの見た目」を重視すべし

体重や数字ばかりを追いかけてストレス溜まっていませんか? 数字ばかりに捕らわれすぎていると気持ちがどんより、健康にも影響を与えてしまいます。そんな方は「見た目」…

日本一おいしくて簡単な生甘酒の作り方! ダイエット&便秘&美肌の飲み方

最近、なんだか甘酒が気になりませんか? ふと気がつくと、近所のスーパーでも売り場面積を拡大中です。関西には「ひやしあめ」という夏の定番飲料がありますが、関東の人…

夏の前に脚だけでもヤセたい!簡単「美脚そだて」4つのルール

美脚に憧れていても、エクササイズが面倒。それに効果が出るかもわからない。これは多くの方が考えることです。ダイエットより面倒かもしれませんね。しかし4つのメソッドだけで美脚に変わるならどうでしょう。スキ…

深夜の小腹減りにも罪悪感なし!更年期世代の味方「アレンジ納豆」7つのレシピ

更年期を控える40代女性には、イソフラボンが豊富な納豆は嬉しい食材。腸内環境も整え、身体の中から美しさと健康を支えてくれます。そんな納豆の難点は、食べ方が単調になってしまうこと。そこで美容と健康、アンチ…

「二日酔いの吐き気に味噌汁」は実際効いてるの?二日酔いの朝の飲み物10

年末年始の次に飲みの席が多い時期が、この新年度の歓送迎会シーズンです。さすがに40代ともなると前後不覚になるまで飲むこともないとは思いますが、「昔と同じ量」を飲んでも朝はだるいわ、抜けないわで大変ですよ…

食べてクリアな美肌を作る!春の4大成分とレシピって?

40代がクリアな美肌を守るには食事も要です。特に気温や湿度の変化も関係して、不調に陥りやすい春はスキンケアと食事でキープさせることが必要です。春に意識して摂るべき成分とそれが含まれる食材をピックアップし…

マヨにコレを足せばカロリーダウン&健康食材に!4つの調味料

「素材の味だけでおいしい」ことは真実ですが、それでは食べた感じで物足りないから調味料があります。でも材料によっては油分や塩分の摂り過ぎになりやすいのが、美しく暮らしたい40代の悩みです。そこでキレイ度を…

美肌も美やせも手に入れる!「春野菜」罪悪感ゼロのおつまみ3

冬が過ぎれば春になります。季節が変わったなら、旬の味覚を存分に楽しんでみませんか? 旬の食材にはこれからこの季節を迎えるために必要な栄養素が詰まっています。そのパワーを生かすベストな摂取方法を踏まえて…

基礎代謝アップ!5分で冷えを撃退するシャワーの浴び方

のんびりお風呂でくつろぎたいけれど、忙しいとシャワーで済ませてしまいますよね。気分転換にはなるけれど、「身体を温める」という点では確実にいまひとつ……。でも、シャワーだけでもバスタブに浸かってくつろいだ…

「当たりの医者」を近所で見つける!4つのポイント

若いうちは少々はかなげで弱々しいほうが「かわいい・美しい」かもしれませんが、50代に入ると線の細さがそのまま枯れてギスギスした老けた印象へと変化します。人生の半ば過ぎ以降は、ヘルシーでエネルギーに満ち溢…

4アイテム使い分けて超時短!冬のボディ最終しっとりメソッド

つい放置しがちな「顔以外」の部分の保湿。機能の高いクリームをこまめに塗ればいいのはわかっているけれど、なかなか時間が……という40代の皆さま、高機能クリームよりも「そのタイミングで確実に塗れるもの」が重要…

いつまでも若々しい人が食べてる!毎日の「美肌食」6キーワード

化粧品だけでは若々しい美肌は維持できない、と40代なら気づき始めますよね。つまり、身体の中から肌を守るスキンケアも重要になるのです。「食べるスキンケア」を始める時期ともいえます。肌のうるおいを守りながら…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

HEALTHに関する最新記事