【40代からの婚活記#309】ドキドキ…初めてのデート。まさかの事態が起こって!?

2022.07.06 LOVE

40代の婚活は、豊かな人生経験の宝庫。44歳の夏から婚活を始めたOTONA SALONE編集部長・アサミ、婚活歴5年11カ月。これまでの婚活で100人以上もの男性と出会ってきた。ひとつ年を重ねて50歳になったので、微妙にタイトルを【40代からの婚活記】とアップデート。

婚活に疲れつつも「さみしい」と感じている自分に気がついて、気を遣わない「わがままな婚活」をすることに。すると誠実そうな相手・マジメさんに出会って……。この話は50代独身女性が「実名+顔出し」で書いている、婚活改め、パートナーを探す活動=「パー活」ドキュメントである。

【「婚活記」の過去記事一覧はコチラ

【40代からの婚活記#309】

 

マジメさんと会う約束!

 

アサミ「はい。来週の土曜日の昼間、大丈夫です。ありがとうございます」

マジメ「場所はどのあたりが便利で出やすいでしょうか? ご希望を教えていただければと思います。僕は有楽町・銀座方面でも、新宿・渋谷方面でも、六本木方面でも比較的出やすいので大丈夫です」

私が出かけやすい場所まで気遣ってくれる……。そんなところも自分都合じゃなくてステキな、マジメさん!

アサミ「ありがとうございます。私も比較的どこでも出やすいですが、有楽町・銀座あたりでいかがでしょうか? ちょっと緊張しますが、お会いするのが楽しみです」

 

気遣いがうれしい

マジメ「それでは、有楽町でよろしいでしょうか。わりとよく行くカジュアルイタリアンがあるのですが、そちらでランチでもいかがでしょう」

そしてお店のURLを送ってくれた。

マジメ「僕は何事にもあまり緊張しない性格なのですが、ネットで知り合ったかたと初めての出会いは緊張しますよね」

こちらの気持ちを汲んでくれる言葉。ちょっとうれしい。

マジメ「けっして、宗教の勧誘だったり、マルチ販売の紹介だったりとかではないので、その点はご安心ください」

マジメさんがそうだとは思わなかったけれど、ときにはそういう類のことがあると聞いたことがある。

続きを読む

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
OTONA SALONE編集部長 浅見悦子

スポンサーリンク

スポンサーリンク