【40代からの婚活記#317】婚活6年で初めての気持ち! 彼はいままでの男性とは違う!?

2022.08.31 LOVE

40代の婚活は、豊かな人生経験の宝庫。44歳の夏から婚活を始めたOTONA SALONE編集部長・アサミ、婚活歴ついに6年達成! これまでに100人以上の男性と出会ってきた。

50歳になったので、微妙にタイトルを【40代からの婚活記】とアップデート。誠実そうな相手・マジメさんに出会って……。この話は50代独身女性が「実名+顔出し」で書いている、婚活改め、パートナーを探す活動=「パー活」ドキュメントである。

【「婚活記」の過去記事一覧はコチラ

【40代からの婚活記#317】

私も「ダメなところ」を伝えたい

マジメさんが失敗談を話してくれたので、私もダメなところを開示していきたいと思った。彼の「思っていた通りの素敵な方でした」というメッセージはうれしくはあったけれど、最初だけいい印象であとでガッカリされる傾向が私にはあるからだ。買いかぶり過ぎにならないために。

マジメ「こんばんは。さっきジムから帰ってきたところです。基本的には平日の会社帰りに1回、週末に1回は行くようにしています。ストレッチとウェイトトレーニングをしていますが、どちらも軽くなので実質的には単なる気分転換ですね。

僕もまったく外出しない休日が普通にありますよ。平日会社に行ってるから週末くらいは家でのんびりしてもいいのかなと思います。出かけてばかりだと精神的に疲れちゃうような気がします」

なんだかホッとした。共感して寄り添ってくれるようなメッセージ。マジメさんとなら、振り回されたり、心を乱されたりすることなく、お付き合いしていけるかも……。そう思っている心の奥底には、まだあの人のことを考えている自分がいた。

 

考えてしまう「あの人」

「あの人」とは、ジェントルさんのことだ。婚活をするようになってから、お付き合いに至った唯一の男性。出会ってから交際に至るまでは約5カ月、恋人同士になってからは約3カ月でお別れした。それから3カ月で再会と復縁を経て、約10カ月交際する。けれど再び別れのときがきて、彼は私を残して台湾へ行ってしまった。

彼と過ごしたのべ18カ月は、まったく安定しなかったし安心もできなかったけど、キラキラと輝いた思い出としていまも心に残っている。恋愛の感情を忘れて10年経ち、もう一生恋愛なんてしないと思っていた私に、再び男性を「ときめき」「好きになる感情」を思い出させてくれた人。恋愛の楽しさも苦しさも、愛することの本質的な大切さを思い出させてくれた人。

 

続きを読む

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
OTONA SALONE編集部長 浅見悦子

スポンサーリンク

スポンサーリンク