#77  何ソレ? 婚活アプリで絶句した男性からのメッセージ【40代編集長の婚活記】

40代、未婚、独身、恋人いない歴8年以上。OTONA SALONE編集長・アサミが婚活をスタートさせて1年5カ月。婚活パーティや知人の紹介などを経て、ついに「婚活アプリ」に試してみることに……。最初こそ60代以上の男性か、外国人男性、もしくはなぜか女性からしかアプローチがなかったが、続けているうちに同い年の45歳、バツイチ男性のメガネさんと知り合って……。

これは40代独女の、実名+顔出しで書いている、リアル婚活ドキュメントである。

 

メガネさんの最初のメッセージには好感

メガネさんとの連絡は、こんなメッセージから始まった。

メガネ「はじめまして。会員になったばかりで正直よくわかっていないのですが、よろしくお願いします。ゴルフをなさるんですね。僕もゴルフをやっています。ラウンドにはどのくらいの頻度で行くんですか?」

丁寧な言葉づかい、共通の趣味、一方的でないメッセージ。まず、これに好感が持てた。

それまで婚活アプリでもらったメッセージが、実はちょっと苦手なものが多かった。そのいくつかを少しご紹介したい。

 

最初のメッセージが、それだけ?

「かわいい」

神奈川県の49歳の男性からきたメッセージ。それだけ書かれても、せいぜい「ありがとうございます」しか返事のしようがない。

「お綺麗ですね」

千葉県の57歳の男性のメッセージ。これもさ、それだけ言われてもだし。そもそも相手のプロフィールに写真がない。外見のことしか書かないなら、自分も写真を出したうえで連絡してこいよって感じ!

「とても可愛いですね。お話しませんか?」

これは兵庫県の56歳の男性。外見だけ判断なんだ。メッセージくれるなら、プロフィールを見て他に何かないのかね? お話いたしません!

「こんにちは。可愛いですね。お見合いしませんか?」

東京都の63歳の男性。初メッセージでいきなり「会う」的なことを送ってくるのって、なんか怖いし!!

婚活アプリで自分自身もまずは写真で判定する=入口は外見だってことをイヤなくらい自覚したけれど、「いいね!」とかメッセージを送るかどうかは、プロフィールを読んで、どんなことを書いているかによってだ。マジメに将来を考えて婚活しているから「カッコイイですね」だけでアプローチなんてしない。

なんか、写真を褒められるのは、うれしくなくはないんだけど、正直「それだけかよ」って思ってしまう。というか、45年間の人生においてあまりこの手の言葉をいわれてこなかったので、「ホントに思ってる?」という猜疑心もある。なんか居心地が悪い。

褒め言葉なんだけれど素直に受け取れないのは、非モテ人生の悪いところだろうか。

 

最初からタメ口にイラッ

東京都内に住む40歳の男性からのメッセージは、いきなり馴れ馴れしかった。

「初めてメールします。僕のこと簡単に紹介するね。誰もが知っている某会社。研究開発の仕事をしてるよ。ちょっと嬉しいnewsがあってね。イギリスに出願していた特許がパスしたんだ。

 日本は出願費用がそんなに高くないから結構出してるけど、イギリスは高い。厳しい査定で大変だったんだけど、何年もかけて審査官に交渉してようやく通ったんだ。

こんな感じで仕事は忙しいけど、プライベートも充実させてる。映画が好きなんだ。最近、面白い映画みた? あ、旅行が好きなんだよね。おすすめのところはどこ? 僕は京都かな。もっともっとキミのこと知りたいから、いろいろ教えて」

初めてのメッセージだよね、コレ。いきなり何? 自慢? なんか上から目線な感じが苦手。それに40歳って私より年下だし。もう少し言葉づかいを覚えてから出直してこいって感じ!!

 

全部英語だし、いきなりそう来る⁉

少なくなかった外国人男性からのメッセージ。皆さん、英語か母国語で送ってくる。

「Hi! my name is 〇〇〇〇

I read your profile and I like what I read about you. I will like to know you and I want us to start as been friends. I believe we have something in common and think if given the chance we will be compatible.

I also believe we are here for the same purpose. Why don’t you send me and email so I can introduce myself and send pictures to you.My email adress:〇〇〇〇〇〇〇

I will be wating to hear from you. Have a nice day!」

(訳)こんにちは。私は〇〇〇〇です。あなたのプロフィールを読んで好感を持ち、あなたを知りたいと思っています。まずは友達として始めたいです。もし私たちが会うことができたら、きっといろいろ共通点があるのではないでしょうか。

同じ目的を求めてこのアプリを使っていると信じています。 私はあなたに自己紹介と写真をメールで送りたいので、まずあなたから私にメールを送ってくれませんか。私のメールアドレスは〇〇〇〇〇〇〇です。

連絡をお待ちしています。 良い一日を!

 

東京都内在住の50歳のアメリカ人男性からのメッセージ。日本に住んでいるなら少しは日本語できるだろうし、少なくともメッセージの受け手を第一に考えるなら、翻訳アプリか何かで訳してその文章を書いてきてほしい。

さらに、よくわかんない状況でいきなりメールアドレス=個人情報を引き出そうというのがなんか怖い。

 

やたら長いし、一方的じゃない?

茨城県在住の65歳男性から届いたメッセージ。

「こんにちは。

今年は冷菓子類の在庫が膨れ上がっているのか、近所のスーパーではアイスクリームのバーゲンセールをしています。

先日、私はそれにつられて栗入りあずきモナカを購入しましたが、購入後、ひょっとしたら、この栗入りあずきモナカは、子供専用の冷菓子かも、との疑問がわきました。

まあ、栗入りあずきモナカは万人対象の冷菓子だろうなと自分を無理矢理納得させ、大人の自分が食べてもおかしくないと自己暗示しました。

でも、やはり最近の流行からちょっとズレてしまったようで、このかなり甘ったるい栗入りあずきモナカを食べた後、ちょっとした後悔の念が残りました。

どうも、大人になってからアイスクリーム類はほとんど食べていないので、久しぶりに食べるとなると、不思議と、子供のときによく食べていたものを選んでしまうのだなと思いました。

今度スーパーに行くときは、売れ筋の大人用のアイスクリームを必ず買おうと決めました。

アサミさんは、アイスクリームは好きですか?」

最後こそ私に質問を投げかけているけど、そこに行きつくまでが長い長い。ポエムを送ってきたのかしら。百歩譲って、何度もメッセージをやりとりしている関係性ならまだわかるけど、初めてのメッセージでなんでこんなの送ってくるの?

一方的にもほどがある。こういう人って何かにつけて一方的で、あまり話し合いとかできなそうな気がする……。

 

メガネさんからのお誘い、どうする?

メガネさんからメッセージが届くまで、本当にこんなものばかりで、途中で「婚活アプリってなんか私には無理……」と、心が折れていた。それだけに、メガネさんは最初のメッセージから一方的じゃなくて好感度が高く、さらにその後のやりとりも、タメ口ではなく、でもかしこまりすぎず。急に「会おう」とかも、個人情報を交換しようともなく。

彼とやりとりを始めて1カ月してから届いた

メガネ「おはようございます。僕、アサミさんとお会いしてみたいと思いました。もしイヤじゃなければ、ですが」

というメッセージに、戸惑いはあったけれど、イヤではなかった。でも、どうしよう……。アプリで知り合った人と会うことに、正直ちょっと怖い気持ちはある。メッセージをもらってから半日考えてから、やっと送信した。

アサミ「ありがとうございます。アプリで知り合った方とお会いするのが初めてなので、正直、迷った気持ちはあったのですが、メガネさんは誠実そうな人かなと思ったので。よろしくお願いします」

あぁどうしよう、OKって送っちゃった……。

会ってみなければ何も始まらないから頑張れという気持ちと、やっぱり何にもわからない人と会うのは怖いという気持ち、そしてメガネさんがどんな返信をしてくるのかという不安な気持ちで、私はなんだかドキドキしていた……。

 

【婚活アプリで知り合ったメガネさんとついに会うことに⁉ 続きはコチラ】

#78  40代でも婚活アプリはイケる? 独女がリアルにやってみたら【40代編集長の婚活記】

【前回はコチラ】

#76 モテない40代独女、初めて婚活アプリでやりとりしてみた【40代編集長の婚活記】

【一気読みならコチラ】

40代編集長の婚活記まとめ

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

結婚していない40代の独身女性に共通する9つの特徴【40歳独女あるある】

40代で独身女性というと「バツイチ」か「性格が悪い」か「異性にまったく興味がない」のいずれかだろうと言われる、44歳独身・結婚歴ナシのOTONA SALONE編集長のアサミです…

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人から、よく聞くのが「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

僕たち、独女のコレに弱いです!男性が思わず「ムラムラする瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

【40代編集長の婚活記#10】モテ服メイクのルールを全部守ってみた

44歳、未婚独身、ペットなし、会社員。「どうして結婚しなかったんですか?」と聞かれても「別に……」とかつての某女優さんのようにしか言いようがない編集長アサミでござい…

【40代編集長の婚活記#20】結婚できない40女は〇〇が多すぎる!?

44歳・独身・恋人いない歴7年。特に「結婚しない」とも「結婚したい」とも思っていなかったが、気づいたら40代で独女だったというOTONA SALONE編集長アサミが婚活を始めて…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

#119 コレは怪しい! デート男性に浮上した「ある疑惑」【40代編集長の婚活記】

46歳・独身・恋人いない歴は9年超えを更新中のOTONA SALONE編集長・アサミ。44歳でスタートさせた40代の婚活もついに2年が経過。婚活で出会った男性は数十人、婚活デートをした男性は約10人。アーティストのジェント…

#118 恋人いない歴9年の独女、久しぶりに「ときめいた」理由【40代編集長の婚活記】

恋人いない歴9年の46歳・独身のOTONA SALONE編集長・アサミ。44歳で婚活をスタートさせて2年以上が経ったが、いまだにゴールは見えず。以前に名刺交換をしたことがある男性・ジェントルさん(49歳・バツイチ・別居中…

どうすればいい? 40代「肌が変わってきた問題」。肌研究の第一人者に聞いてみた

違う、明らかに違うんです……30代と。40代になってから肌が変わってきたと痛感しているOTONA SALONE編集長の浅見です。お手入れも変えなくてはと、自分なりに試してはいるけれど……。何度目のお肌の曲がり角なのかしら…

[PR]

過酷な現代を生きる女性へ。40代編集長が考える「美しさ」の条件とは

ずっと頑張ってきたのではないでしょうか、いまの40代女性たちは。何をするにしても競争率が高い世代。努力と根性で乗り越えることが美しい、とされていました。私自身も、そんな中で生きてきた一人です。でも、もう…

[PR]

#117  40代独女、バツイチ男とのデートで「初めての経験」【40代編集長の婚活記】

40代で初めての婚活をスタートさせた、恋愛ご無沙汰女子、OTONA SALONE編集長・アサミ。婚活パーティ、婚活アプリ、知人の紹介、元カレとの再会など、さまざまな婚活にチャレンジして早や2年。ある夜、会うことにな…

見どころとイケメンをチェック! プロ野球ドラフト会議2018に行ってみた

運命を変える1日でもある「プロ野球ドラフト会議」が10月25日に開催されました。大阪桐蔭高校の根尾選手や藤原選手、金足農業高校の吉田投手など、甲子園で活躍した高校球児の1位指名が多くあったドラフトでした。い…

#116  40代独女が「久しぶりのデート」で驚いたこと【40代編集長の婚活記】

恋人いない歴9年超の恋愛ご無沙汰女子、OTONA SALONE編集長・アサミ。40代の婚活をスタートさせて2年以上経つも、いまだ恋人すらできず。どこかで知り合ったであろう謎の男性・ジェントルさんから「お会いさせてくだ…

あなたは経験ありますか? 人生で初めて「痴漢にあった」かもしれない話

あなたは痴漢にあったことがあるでしょうか? 私は46年間の人生で幸いなことにその被害経験がありませんでした……今までは。でも、本当に腹立たしく悔しいことに、人生で初めて痴漢にあったかもしれないのです。2017…

婚活にデニムはアリ?「モテるデニム」5つのルール【オトナの婚活コーデ】

モテ服なんてどうでもよくずっと好きな服を着ていた40代独女が、婚活をスタートさせて2年。婚活パーティや婚活デートを繰り返しているうちに、やっと理解してきた【オトナの婚活コーデ】。リアルに着ているコーデを…

#115「男の本音」がわからない。二人で食事はデートか、仕事か?【40代編集長の婚活記】

46歳、恋人いない歴9年のOTONA SALONE編集長・アサミが、40代にして初の婚活に挑戦中。婚活パーティ、婚活アプリ、知人の紹介など数々の婚活をリアルに実践すること2年。どこかで会ったのだけれど思い出せない謎の男…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事