レーザー治療とコスメ、美白するならどちらがお得?お値段と注意点

シミ・そばかすは、一度できてしまうとなかなか消えてくれないものです。数々の美白化粧品を試しても効果を実感できないと、レーザー治療を考える人もいるのではないでしょうか。

レーザー治療は、皮膚科、美容外科、美容皮膚科で受けることができます。今回は、気になるお値段と注意点についてお伝えします。

 

レーザー治療は目的で選ぶ

皮膚の病気やケガなどの治療には、公的な健康保険が適用されます。そのため、費用の自己負担は3割になる場合が多いでしょう。

しかし、美白やシミ取りのレーザー治療は美容目的となるため、公的保険は適用外。そのため、皮膚科、美容外科、美容皮膚科のいずれで施術を受けても自費となるケースがほとんどです。つまり、施術をするクリニックなどが独自に設定した価格になるということ。レーザー治療の価格がクリニックなどによって差があることは、このような理由からなのです。

 

さて、レーザー治療には目的に応じていくつかの種類があります。シミ取りであれば、そのシミに適したレーザー機器が導入されていなくては施術を受けることができません。

施術する前にカウンセリングを受けられるクリニックなどもありますが、目的の施術が受けられるのかどうかを、まずは確認する必要があるでしょう。

では、レーザー治療の種類と価格を比べてみましょう。

 

○Qスイッチルビーレーザー:5mmのシミで5000円~

メラニン色素への吸収がよく、濃いシミだけではなく、薄い茶色っぽいシミにも効果があります。ただし、シミに似ている肝斑に使用すると、逆に濃くなり悪化してしまう場合があります。

ルビーレーザーには、Qスイッチモードのほかに短パルスモードもあり、使い分けることで効果的にシミへアプローチします。

 

○フォトRF:全顔10000円~ ただし、クリニックにより差が大きい

光エネルギーの照射と高周波の照射で、美白と美肌に効果があると言われています。

数回の施術が必要になる場合が多く、治療期間も費用も負担が大きくなりがち。しかも、どのくらいかかるかは、経過次第でもあるため見通しが立てにくいことに注意が必要です。

 

○レーザートーニング:全顔10000円~ ただし、クリニックにより差がかなり大きい

従来、レーザー治療ができないとされていた肝斑にも使用できる施術。弱めのレーザー照射を均一に、そして炎症を起こさないように少しずつ行います。弱いレーザーのため、施術直後からメイクも可能なのが特徴です。費用は、フォトRFよりさらにクリニック間の差があるようです。

 

 

要注意!美容目的の施術トラブル

シミが消えない、シミが濃くなった、肌にやけどを負った、費用が高額になったなど、美容目的のレーザー治療のトラブルには深刻なものも少なくありません。

トラブルを避けるためには、しっかりした治療の説明とカウンセリングを受けた上でよく考えて検討することです。

 

しかし、中にはきちんとした説明もないままに、「今なら○%オフ」とか、「いつもは予約でいっぱいだが、今からならすぐ施術できる」などと勧められ、断り切れずに施術をしてしまうケースがあります。

これは大変危険なこと。何かトラブルがあったら、その後の暮らしにも影響が出ます。

 

施術のメリットと、危険性、費用についてはきちんと確認をとってから、クリニックや施術方法をじっくり考えて決めましょう。

逆に、そのような説明やカウンセリングが手薄だったり、施術を急がせたりするようなクリニックは選ばないほうが賢明です。

 

 

インターネットで、不適切なサイトを見つけたら

どこで施術を受けるかを検討するために、多くの人がインターネットを活用しています。

このインターネットの表示について、厚生労働省の定めたガイドラインがあります。

もしも医療機関のウェブサイトに、うそや大げさな表示があったら通報できますので、ぜひ利用していただきたいシステムです。自分の名前やメールアドレスなど個人情報の入力は不要ですので、おかしいウェブサイトがあったら通報しましょう。

※通報はこちら→医療機関ネットパトロール

 

ガイドラインによれば、下記のような表現は不適切とされています。

○before/afterの写真などで、施術後の写真を加工・修整して、効果の虚偽を表示する

○他社と比較して「日本一」と優良性を示す

○成功体験談のみを意図的に強調する

○「○○%オフ」「キャンペーン実施中」など早急な受診をあおる表現

○客観的な根拠に欠ける表現 「99%の顧客満足度」など

 

 

美しくなりたい気持ちは、誰の心にあるものですが、何事もメリットとデメリットがあります。

冷静に情報を集め、賢く選択したいですね。

 

 

タケイ啓子

ファイナンシャルプランナー(AFP)。36歳で離婚し、シングルマザーに。大手生命保険会社に就職をしたが、その後、保険の総合代理店に転職。保険の電話相談業務に従事。43歳の時に乳がんを告知される。治療を経て、現在は治療とお金の相談パートナーとして、相談、執筆業務を中心に活動中。FP Cafe登録FPパートナー

 

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代で1000万円貯める人が2割もいる?コツは「自動」と「移動」

40代の平均貯蓄残高は588万円(金融広報中央委員会、「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査](平成28年)」)。その2倍近くの1000万円を貯めるのは、とてもハードルが高いように思えますが、本当にそ…

【お金の失敗】40代のダメ貯金と、成功した貯金を分析してみたら…?

貯蓄法は数々ありますが、残念ながら成功するとばかりは限りません。頑張ったのに失敗した時のやるせなさは、実際にお金が貯まっていない現実とあいまって、心身ともにダメージを与えます。今回は、FPとしてさまざま…

【勝手に貯まるオンナ】頑張らないでも貯金が増える!5つのチェックリスト

貯蓄を頑張っても貯まらない女性もいる一方で、頑張らなくても貯まる女性もいます。自分は貯まる女性なのか、気になる方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、5つの設問を用意しました。設問に答えることで、…

貯金が苦手な人必見!40代からの「貯まる家計簿づけ」のコツって?

家計簿をつけていても、お金はなかなか貯まらないと思っている人は少なくありません。一念発起してつけはじめた家計簿も、効果が見えてこないと続かないものです。しかし、貯蓄のためには支出のコントロールは必須。…

ほっといてもお金が寄ってくる!お金に好かれる意外な「3つの口ぐせ」

昔から、「金は天下のまわりもの」と言われますが、自分のところにはあまりまわってこないなぁ、と感じている人もいるのではないでしょうか。自分のところに、より多くまわってくるためにできることは数々ありますが…

「節約疲れ」にサヨナラ! 楽しくお金を貯める3つの心得

節約は大切です。こまめに節約することで、支出を抑えて貯蓄を増やしたいですね。しかし、いつも節約をしていると、いつの間にか疲れてしまいます。疲れをそのままにしていると、ある時我慢の限界がきて、一気に節約…

40代女性が家を買うなら「やってはいけない」3つのこと

住宅購入を考えるタイミングは人それぞれ。40代の今こそ、と思っている人もいるのではないでしょうか。今回は、40代の女性が家を買うなら、やってはいけない3つのNG行動をお伝えします。60歳過ぎてもローンが残る設…

「本多式」なら誰でも自然に貯まる!蓄財の神のとってもシンプルな教え

本多静六(1866-1952)という人物を知っていますか。本多静六は、明治から昭和にかけて活躍した林学博士で、東京の明治神宮や日比谷公園など多くの公園を設計しました。同時に、蓄財でも知る人ぞ知る有名人。今回は…

気付けば貯金が300万円!年収300万円会社員が実行した3つのルール

貯金とは、「楽しみの先延ばし」です。お金を使わないでいることは、何かを我慢することになります。たとえば、新しい服とか、新しい家電とか。そういったものを得られる楽しみを、我慢する必要があります。しかし今…

ほったらかしで年6000円もおトク!電子マネーを使うだけのカンタン節約技

電子マネーとは、レジで読み取り機にかざすだけで支払いができる、便利な「お金」のこと。カード型が多く、nanaco、WAON、Suica、PASMO、楽天Edyなどがあります。これらの電子マネーを使うと、ポイントがたまって現…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

MONEYに関する最新記事