ズボラ40代の結論! 紫外線過敏症の私がたどり着いた3つのガード術

こんにちは、不真面目なダイエット連載に定評のある藤井です。

私のようにダイエットすら不真面目な人間が、美白なとどいうコツコツとした積み上げの必要なことを真面目に頑張れるとは思えないでしょう。でも、頑張らざるを得ない深刻な理由もあるのです。なぜなら、私は紫外線過敏症だから。ちょっとサボるとすぐに身体に目で見える影響が出るのです!

とはいえ、夏が大嫌い、暑いのも大嫌いな私ですらできる美白対策ですから、どなたに応用いただいても難しくないはずです!

 

40代ライター、紫外線がこわい

紫外線過敏症。

 

私はこれです。同じ方もいるのではないでしょうか。極端に紫外線に弱いというか、アレルギーが出てしまいます。

 

もともと肌が丈夫ではない上にアトピー体質でもあるので、日焼けは絶対にNG。うっかり紫外線を浴びると肌に湿疹が出てしまい、放置しても治りません。悪化します。

 

かゆみで眠れないし、ただれるし、肌はボロボロになっていくし、と皮膚科医のお世話になるしかありません。つまりステロイド配合の塗り薬を使うしかなくなるのです。

 

世間にはステロイド剤に抵抗感をお持ちの方が多いですが、かゆみを含む症状には確実に効きますし、医師の指示通りに使えば安全です。

 

多くのアンチステロイドな方がおっしゃる深刻な副作用は規定数を守っていれば避けられます。ステロイドの濃度が高くても低くても安全な使い方は変わんないです。

 

私はステロイド剤を避けて頑張る治療法を選んだら症状が悪化したというのを体験しているので、断言しますよ。

 

ま、ステロイド剤の擁護はここまでにしましょう。

 

皮膚科のお世話にならないためには、確実に紫外線対策をすることが前提です。しかしながら人間は油断します。

 

このくらいの日差しなら大丈夫。きちんと最新の日焼け止め塗ってあるから大丈夫。

 

その油断で私は毎年、紫外線過敏症の診断を受け、皮膚科で叱られるのです。

 

いい加減学習しろ、と。

 

紫外線の季節、それは地獄の季節。外出たくない。太陽が元気すぎる時間は棺桶に閉じこもっていたいですよ、マジで!暑いのも嫌いだし、夏は洗濯物がよく乾くのと、ホラーが楽しいって以外、私にゃいいことないんだ!

 

美白どころじゃない、こっちは人類としての健康を勝ち取るためにガチで戦ってるんだ!と実際には泣きたいのが本音です。

 

でも、意外にプレーン?私の「UV必須3点セット」は

私の紫外線対策は日焼け止めをきちんと塗って、塗り替えをこまめにする、だけではダメです。他にも必要なものがあります。といっても、特別なアイテムではなく、みなさんもお使いのごく普通の3点。

 

●帽子

●日傘

●手の甲を隠せるアームカバー

 

の3つです。

 

帽子はファッションにできる、日傘は暑さ対策(熱中症対策でもある)になる。しかしアームカバーってなんだかなあ、と自分では思いますよ。自転車や自動車など直射日光を腕にずっと浴びる人なら必須ですが、私のように基本は自宅仕事のライターで、たまに通勤時間帯の電車に乗る程度では熱心過ぎて痛いかなぁ?と。

 

しかし!

手の甲に頑張って日焼け止めを塗っても、すぐに取れてしまうらしいんですよ。しっかりムラなく塗ってあるはずなのに、手の甲に紫外線過敏症の症状であるひどい湿疹がどーんと出るのです。

ポツポつしたかゆみの原因が手の甲に登場するときの絶望感は言いようがありません。薬用石鹸で洗ってから、涙目で背中を丸めてステロイド剤を塗る情けなさったらないです。

ああ、また油断してやっちまった、と……。

 

ですが、100均で買ったアームカバーを渋々使い始めてからは劇的に湿疹を避けられています。もちろんステロイド剤を塗らずにすんでいるのです。

 

暑いし、面倒だし、なんかカッコわりぃ……とブータレつつ、健康には代えられない。肌と命にスペアはない。嫌ですが、やるしかない現状なわけです。

肌の立て直しだの、体質の弱点をカバーするためにン10年を費やした結果がこれなのが、哀しいものです。紫外線に勝つことができないままこれなんですよ、はぁ……。

 

美白の基本も紫外線ガードから。与える前にまず守る!

若々しく、美しくを旨とする美白主義者の方なら、どの美白美容液がおすすめとかあるんでしょう。しかし私と同じ紫外線を避けるのが前提じゃないでしょうか?

 

つまり紫外線から肌を守る。コレです。

 

個人的な考えですが、日焼け直後は美白美容液を使うよりも、肌を安定させるべきで、ダメージを軽減させないと意味がないっていうか、肌への負担が大きい。

さらにいえば良い状態に戻れる機能が働いている健康な肌じゃないと、どれだけ優秀な化粧品も結果は出せない。

美白に関してはコレが大きいんじゃないかと思うんですよ。

 

肌に優しいというか、負担が少ない美白モノが多いのは事実です。が、肌にかかった負担を放置していたらダメじゃないか、というわけです。

 

私のように完全に紫外線で肌にトラブルが繰り返し起こって専門医にかかる必要があるわけじゃなくても、紫外線で肌が疲れてしまうのを避けないと、美白対策は完璧ではないと思うわけです。

 

ちなみに紫外線対策ではないケアとしての美白対策だけを尋ねられると、ビタミンCとビタミンB群のサプリメントを飲むことと保湿です。日焼け止めや仲間だけで守れなかった肌に受けたダメージの回復が早くなり、かなりおすすめです。

夏場限定なんですが、食事だけではビタミン系の栄養素は不足するっぽいです。紫外線ってすごいね!

 

そんな私のベスト日焼け止めは…

そんなわけで血色の良さがないと、1年を通して青白い肌です。今は亡き母は地黒でしたが、やはりすでにこの世にいない父は青白い肌なんで、これが遺伝してます。

 

私は正直に言うと、自分の青白い肌が嫌いです。ぶよーんとした感じが嫌なんですよ。

 

告白すれば、日焼けしたい。ゴージャスに、野蛮に、焼きまくりたい。シミもそばかすも怖くなんかない!自慢してやる!むしろ積極的に自分が焼きまくった証拠を自慢したい!

 

しかし現実には不可能なことなので(たぶん紫外線過敏症じゃなかったとしたら、亡父同様、真っ赤になるタイプ)、物事は簡単ではありません。

 

だから今日も虫よけにもなるキレイな黄緑色をしたチューブの日焼け止めをがっつり塗るのです。今のとこ、日焼け止めにうるさい敏感肌気味の私のナンバーワンです。使い心地が優しく、しっかり肌をガードしてくれるキミは最高だ。

 

UVカット剤らしからぬ肌触りの良いジェルで使いやすい。

 

この現在のところナンバーワンUVカット剤は『Para Do バズガードUV』。専用クレンジング不要でウォータープルーフ!しかもべたつきなしで、乾燥せず!40gと使いやすい量で、お手頃価格(税抜きで647円)です。

 

また買いに行かなきゃ…。

 

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

ストレスの肌荒れに悩む人へ! 口元、あご、口周りの吹き出物・大人ニキビの原因と改善法は?【BEFORE→AFTER】

口の周りやあごに吹き出物ができてなかなか治らない、ちょっとよくなってもまた繰り返すという大人のニキビ。鏡を見るたびにイヤになるほどの赤いブツブツ……そんな悩みを抱…

ほうれい線はその起点「小鼻の横にある溝」からケアして!シワ対策は【Katsuyoの顔筋ケア#3】

年齢とともに深まるほうれい線、気になりますよね。確かに、ほうれい線があるのとないのとでは、見た目年齢が全く違います。しかし、ほうれい線とは笑ったときにできる境界…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

若見えは「目元」で決まる!老化させない5つのアイケア

ひたひたとアラフォーの目元にしのびよる老化。いつものメイクをしているつもりが、写真を見て「このおばさんは本当に私?」と愕然とする瞬間がいつかやってきます。そう、…

唇を「オバさん」化させない!40代が知るべき4つのポイント

いくつになっても唇は大きさや形よりもコンディションの良さで美しさが決まるパーツ。つまり乾燥してガサガサしていたら、唇の魅力が損なわれます。ガサガサ唇はリップメイ…

ナチュラルメイクがただのすっぴんに?「やらなさ過ぎ」メイク脱却術

最近「化粧しているのに『ちゃんとメイクしたら?』と言われた…」と落ち込んでいたアラフォー友人。確かに毎日ちゃんとメイクをしているようなのですが、メイクにメリハリ…

年齢とともに大きくなったほくろ。癌の可能性がないのでしょうか? 【皮膚科医に聞く♯1】

ニキビに悩んだ10代から始まり、年々深刻になっていくお肌の悩み。40代を越えるとシミ、シワなどのお悩みに加えて「これは病気なの?」と心配になるような肌トラブルも…。…

老け顔を招く最大原因は口元!?毎日のコリほぐしが効果あり!【顔筋ケアのパイオニアKatsuyoが教えるアンチエイジングケアPart2】

飲んだり、食べたり、しゃべったり、笑ったりする以外にもガマンをしたときや集中したときなどにも、無意識にグッと力が入る口元。顔のパーツの中でいちばん使う場所である…

もうオバサン!? 年をとったと感じたとき 【アラフォーあるある①肌&髪編】

ふとした瞬間に「年をとったなぁ」と感じることが増えてくるアラフォー世代。30代半ばまではまったく感じなかった肌や髪のエイジング……。アラフォー女性たちに「年をとった…

「その更年期症状、何歳から始まりましたか?」40代に聞くリアルな経過

一般に閉経の前後5年を更年期と呼びます。日本人の閉経の平均年齢は50歳なので、45歳から55歳は更年期に当たる人が多い時期。ただし、誰にでも必ず訪れるこの「更年期」という時期がきたからと言って、全員に「更年…

働く40代女性がリアルに愛用している「通勤バッグ」4選

働く女性には使いやすいバッグが必要です。条件はあれこれありますが、40代になってくると、A4サイズが入ることをあげる人が増えます。そこでリアルな働く40代女性に愛用している通勤バッグを調査してみました。さす…

ああ、やってしまった…!40代の「ズボラ暮らし」エピソード4選

違います、根っからズボラなわけじゃないんです。毎日忙しすぎてどうしても時短せざるを得ないんです!……いえ、わかってます、わかってます、本当はズボラなんです。でも、そこで開き直っちゃうと歯止めが効かないん…

デキるオンナのはずが、オフィスの面倒係に?40代が職場で「やってもうた」エピソード4選

毎日毎日ドラマみたいにステキなお仕事が進むわけではなく、誰でも「やらかす」ことってありますよね。「失敗した!」という内容に限らず、「やらなければよかった…」ことも多々あります。「やりすぎた」「やらかし…

40代女性は何で飯テロられてる?「深夜の禁断レシピ」選手権5選

21時以降は要注意! なんとなく眺めていたツイッターに流れてきたレシピを、はっと気づいたら作ってた……これ何キロカロリー?? なんてことありませんか? 40代女性が「テロられた」エピソードです!じんわりした…

OLは見た!弊社でまかり通る「ダメ節約」4つの事例

コスト削減!と会社で号令をかけられ、理不尽な思いをしたことはありませんか? たとえば、「お昼休みの消灯」は社員に強制的に休憩を取らせる点で労務管理として理にかなっているかもしれません。が、節電ムードは…

効果が出たダイエットは食事?運動?40代が「3kgやせたいとき」のダイエット

食事制限をすればすぐやせる、でも続かない。運動はコツコツとやせていける、でも続かない。結局ダイエットは根気と努力の問題だ、とは痛いほどわかっているのですが、失敗するとダメージが大きすぎるのが40代。食べ…

「病院に行くほどでもない体調不良」みんな正直どう治してる?【40代アンケート】

気になるけれど大丈夫な気もする曖昧な軽い体調不良ってありますよね。そんなときのセルフケアの方法を40代のみなさんに聞いてみました。するとつらくなる前に回復するための基本的な3つの回答が返ってきました。季…

40代半ばのみんなが始めた「更年期対策」は?食事、サプリ、漢方そして…

40代同士で雑談していると、30代の頃には出なかった話題が出てきませんか?代表的な言葉がまず「老眼」、たまに出るのが「老後」、そしてもう一つが「更年期」!一般的には多くの人が「更年期障害」の状態に差し掛か…

健康診断でやっちゃった!40代の恥ずかしドッキリ4選

見た目のキレイさだけじゃなく、内側の健康さも気になるのが40代。ずっと若々しくいたいし、健康もキープしたい。だから健康診断も重要になってきてしまうものです。とはいえ健康診断で「やっちゃった!」ということ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事