40代の平均は? 普段使うスキンケアコスメの数を調べてみた

じりじりと暑い毎日。ちょっと外に出ただけでも汗がでてきて日焼け止めもすぐ落ちてしまいます。日焼けはしみの原因になるし…。きりがないスキンケアに40代女性たちはどれくらいかけているのでしょうか。

 

87%の女性がスキンケアを重要視

毎朝、顔を洗い化粧水や日焼け止めをして化粧をして、夜はクレンジングして洗顔して化粧水…本当に女性は大変です。みんなどこまでしているのか気になるところですが、スキンケアを重要と思う人は87%とほぼ9割になっています。(「女性の化粧行動・意識に関する実態調査2017」スキンケア篇ポーラ文化研究所・以下データすべてこちらを参照)

 

注目したいのがその目的です。

 

なんとなく「しなくてはと」思っているスキンケアは、何のためにしているのでしょうか?

45から49歳のスキンケアの目的(複数回答)

1位 肌に潤いを与える58.2%

2位 紫外線から肌を守る50.4%

3位 今後の肌の老化を防ぐ44.0%

3位 しみを防ぐ・改善する44.0%

5位 肌の健康を守る・健康にする41.1%

 

15歳から24歳までの1位は「ニキビ・吹き出物を防ぐ、改善する」となっていますが、25歳から74歳までのすべての年代で「肌に潤いを与える」となっています。

 

注目すべきは2位から5位の目的。「守る」「防ぐ」など防御の姿勢が見られます。40代後半の心の叫びが聞こえてきそうな結果となっています。

 

では、スキンケアはどのくらいの頻度で行っているのでしょうか?

 

15歳から74歳全体で毎日スキンケアを行っている人は57%でした。5歳刻みの年代別でみると40~44歳は72.7%で各世代の中で一番多く、45~49歳は62.7%となっておりスキンケアを6割以上の人が毎日行っているという結果でした。目的が「守る」「防ぐ」ということが中心なので日々のケアを大切にしているということでしょう。

 

スキンケアといっても様々なアイテムがあります。どのようなものでケアしているのでしょうか。

1位     洗顔料93.9%

2位 化粧水 90.2%

3位 クレンジング(メーク落とし用)82.3%

4位 日焼け止め、UVカットクリーム78.7%

5位 乳液 63.0%

6位以下も50%以上が乳液、クリーム、美容液、シートパックを利用しており、使用スキンケアアイテムの種類数は6.39種類。スキンケアを重要と思う人ほど使用アイテムの種類が多いという結果でした。

 

筆者はなんなら石鹸とオールインワンジェルでいいやというタイプなのでこの種類の多さに驚きましたがご自身と比較していかがでしょうか?

直近3年でみると

2015年 6.09個 ⇒ 2016年 6.15個 ⇒ 2017年 6.39個

 

と少しずつ増えている状況で、目的別にアイテムを増やしている傾向がみられるようです。

お得にスキンケアをする方法は?

これだけアイテムが多いとなると美容費が大きな負担になってくるはずです。スキンケア化粧品の1か月平均投資金額は3809円、「中央値」は1750円でした。

※「中央値」とは、個々のデータを大きさ順に並べたときに中央に位置する値です。費用をすごくかける人とかけない人の差があるので「平均値」より「中央値」のほうが実態に近いともいえます。

 

スキンケア化粧品だけで平均3800円ほどとなるとファンデーションや口紅などメイクアップ化粧品を含めると毎月の美容費はかなりの負担です。女性は本当に大変ですが、少しでも美容費をお得にするには買い方がポイントになります。

 

スキンケア化粧品の購入場所の調査結果はこのようになっています。

1位 ドラッグストア46.3%

2位 メーカーブランドの公式サイト 21.2%

3位 デパート・百貨店15.9%

4位 メーカー以外のショッピングサイト(楽天・アマゾンなど)15.3%

5位 スーパー(イオン、西友など)14.1%

ダントツの1位がドラッグストアになっています。対面だとアドバイスが受けられますが自分のペースで選びにくいということもあります。ドラッグストアであればふらっと日用品の買い物ついでに選べるのもメリットです。ドラッグストアで化粧品をお得に買うには、ポイントサービスを使わない手はありません。

 

例えばマツモトキヨシではマツキヨ現金ポイントカード会員になると100円で1ポイント(=1円相当)貯まります。今月1万円以上の買い物をすれば翌月ポイントが2倍になるというスペシャルステージもあります。また毎月1日・2日は化粧品感謝デーで購入ポイントが10倍に!100円で10ポイント貯まります。

つまり、5000円の化粧水を10倍ポイントの時に購入すれば5000×10%で500ポイント(=500円相当)ゲットできることなります。他にもドラッグストアごとにポイントカード特典があるので活用するととてもお得です。

 

デパートで購入するのであれば、購入前に金券ショップでJCBやVISA商品券1000円を983円で購入すれば、5000円分で85円安く購入できることになります。小さなことですがちょっとひと手間で帰り道にガリガリ君ひとつ買える位のお金ができることになるのです。

 

また、ハーバー研究所、ファンケル、シーボン、フォーシーズホールディングスなど株主優待で化粧品がもらえる会社もあります。余裕資金があればリスクはありますが株を所有することでスキンケア化粧品をもらうという手もあります。

 

まとめ

この調査結果によると50代を過ぎるとスキンケアの目的上位は「肌の老化を穏やかにし、できるだけ肌の若さを保つ」という項目もあがってきています。ぱっと効果が表れないスキンケアは、お金も手間もかかるからとないがしろにしがちです。しかし、将来さらに美容費がかからないように40代のうちからしっかり準備しておきましょう。

 

稲村優貴子 ファイナンシャルプランナー(CFP🄬)、心理カウンセラー
大手損害保険会社に事務職で入社後、お客様に直接会って人生にかかわるお金のサポートをする仕事がしたいとの想いから2002年にFP資格を取得し、独立。現在FP For You代表として相談・講演・執筆業務を行い、テレビ・新聞・雑誌などのメディアでも活躍中。FP Cafe登録パートナー。

*公式ブログ 「FP優貴子のマネーライフ・エッセンス」
http://ameblo.jp/cfp-inamura/
*公式ホームページ「FP For You」
http://snowcake2013.wix.com/fp-yukiko
「(株)クレストコンサルティング」
http://www.crest-cc.co.jp
*公式facebook「FP For You」
https://www.facebook.com/fpforyoucfp

 

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

「信じられるのはお金だけ」世代!? 40代の平均貯金額とは

「信じられるのはお金だけ」という名言を残したマツコ・デラックスさん。老後のことを考えてお金を貯めているとのことでしたが、この言葉に激しく同意したアラフォー女性は…

独女がもらえる年金の平均額と、60歳までの目標貯金額を計算してみた!

独身女性が老後にかかるお金はおよそ5,400万円といわれています。この数字は、60歳以上の独身女性の毎月の生活費が全国平均15万円。平均余命が28.68年であることから算出さ…

【マネー専門家の事例】40代女性の平均貯蓄額はどれくらい?

かつて、落語家のヨネスケがリポーターを務めた「突撃!隣の晩ごはん」という超人気番組がありましたね。隣の家の晩ごはんが気になるのと同じくらい、隣の家の人や友達の貯…

お弁当越えのコスパ!「ランチ1回140円」で済ませる裏ワザ

お弁当vs外食ランチの差は一ヶ月どれくらい?仕事もプライベートも何かと忙しい40代。朝早く起きてお弁当づくりするのは大変です。話題のお店でご褒美ランチを楽しむことは…

年収300万と400万では結構違う?「お金の貯め方」のコツ

私のところには「無駄遣いを減らしたい」「お金を貯めたい、増やしたい」というご相談でやってくる40代女性が多いのですが、年収によって「お金の貯め方」のコツは違います…

「1000万円貯蓄する人が買わないもの」とは?ごくごく普通な3つの答え

貯蓄をするなら、1000万円を目標にする人が増えています。40代で、1000万円以上の貯蓄がある人は20.2%*。この数字からは、決して無理な金額ではないようにも思えます。し…

元国税芸人が見てきた「お金持ちが絶対やっていない」7つのこと

仕事が忙しくてお金のことなんて気にしていられない、気にはなるけどどうしていいかわからない、損をするのは嫌だけど積極的に調べたり聞いたりするのは億劫、そう考える女…

40代は借金世代!? 40代の平均「住宅ローン」残高とは

40代で住宅ローンを抱えている人の平均残高はいくらくらいなのだろう? 先日、アラフォーのときに都内の2LDKマンションを購入した知人の40代後半独女が「今年じゅうには住…

気付けば貯金が300万円!年収300万円会社員が実行した3つのルール

貯金とは、「楽しみの先延ばし」です。お金を使わないでいることは、何かを我慢することになります。たとえば、新しい服とか、新しい家電とか。そういったものを得られる楽…

ほったらかしでも貯まる!「お財布を休ませる」方法って?

触れない日はないといえるお財布。私たちも休みがないと疲れ切ってパワーがなくなってしまうように、お財布も休みがないとお金が貯まるパワーがなくなってしまいます。お金…

当てはまるなら要注意!「ケチ女」とマネー美人の境界線はここ!

スマートにお金を使って仕事もプライベートもキラキラしているマネー美人。同じようにやりくりしているようでも「あの人ってケチよね」と思われてしまう残念なケースもあります。ケチ女とマネー美人の境界線はどこに…

手取り200万円代でも、1年で100万円貯める3つの方法

収入が少ないんだから貯金なんかできるはずはないと、そもそも諦めていませんか? 貯めている人は手取り年収が200万円代でも1年に100万円貯めています。1年に100万円たまれば10年で1000万円です。実際に貯めている…

1年100万円貯める女性がみんなやっている「お金に好かれる3つのこと」

平成最後の年末だ、クリスマスだ、お正月だと何かと理由をつけて、年末年始にお金をぱーっと使ってしまって反省している人も多いのではないでしょうか。今年こそ貯めたい!と思っているあなたに、世にいう「マネー美…

まだネット予約可能な福袋も!2019「確実にお得な福袋」4選

年末年始は何かとお金のかかる時期。忘年会やクリスマス会など週に2~3回外食することも多くなりますが、ボーナスも入るのでついお財布が緩みがちになってしまいます。この時期特別に買えるお得なものが増えてくるの…

貯蓄ゼロだったけど今年1年で100万円貯めた人の「5つの習慣」

また今年もお金を貯められなかったとため息をついていませんか?毎年同じことを繰り返していてはいつまでたっても貯蓄ゼロです。貯蓄が全くなかったのに今年100万円貯めた人は、「貯める!」と決めてから、貯めるた…

稼いでるのに…?「40代共働き夫婦」が1000万貯まらない3つの理由

ひと昔前は、結婚したら女性は家庭に入って家を守り男性が一家の大黒柱として働くのが普通というイメージでした。しかし今は共働き夫婦が増えています。40代ともなると男性も女性も職場である程度の仕事を任されるよ…

1000万円貯めた人がやっていなかった3つのこと

お金が貯まっている人は年収が多いから当然と思っていませんか?FP相談をしていると年収が700万円でも貯金ゼロの人もいれば、年収240万円ほどでも貯金1000万円の人もいて年収は貯金残高と比例しないものだと日々感じ…

お財布断捨離!今すぐ捨てて!お財布の中のあの3つ

気がついたらお財布がパンパンに膨れ上がっていませんか?マネー相談をしていて、カードローンやお金が貯まらないなどマイナスの相談にいらっしゃる方はパンパン財布をもっていることが多いようです。いっぽう、資産…

40代女性のお金の悩み、一番多いのは金欠…マネー相談を通じてわかったこと

こんにちは、ファイナンシャルプランナーの稲村優貴子です。私は短大卒業後損害保険会社で事務仕事をしていましたが、書類の確認などだけではなく直接お客様に関わるお仕事がしたいと思い、2002年にファイナンシャル…

「保険なのにお金も増える」FPだけが知っている3つの方法

保険というと「あやしい」「うさんくさい」「めんどくさい」というイメージがありませんか?確かに昼休みにアメちゃんを配りにくる保険外交員さんのしつこい勧誘でイヤな思いをしたことがあるかもしれません。しかし…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

MONEYに関する最新記事