「目で見るだけでシミが増える」?意外に知らない紫外線の話

夏本番となり、気温も日差しも強まるばかり。美肌ケアにいそしむアラフォー女性には、もっとも酷な季節の到来です。美肌の秘訣は「保湿・紫外線カット」が基本ですが、今回は「美白」に対してアプローチしてみましょう。

肌の老化の80%は、実に紫外線が招くんです。紫外線によるダメージは肌の深くまで届くため、シミ・そばかすはもちろん、ハリや弾力をも奪ってしまいます。

CA歴4年、クラブママ歴10年、日本化粧品検定1級保持者の筆者がお伝えします。

 

 

盲点1・紫外線は下からも襲ってくる!

 

シミ・そばかすを防ぐために、「日傘や帽子は必需品」というかたも多いでしょう。

現在は紫外線99%カットを謳ったものまであり、心強いアイテムが増えました。

しかし意外な落とし穴があるのです。

それが、地面からの「照り返し」。

一般的に、

・アスファルト―10%

・水面―10~20%

・砂浜―10~25%

・土・草原―10%以下

と言われています。

また、アスファルトより明るいコンクリートは、より強力になるそう。

日傘や帽子でガードしているからと言ってスッピンで外出すると、思わぬダメージに。

顔はもちろんのこと、首、デコルテ、耳、うなじもしっかりとケアしましょう。

 

盲点2・日焼けばかりじゃない!「摩擦」も美白を邪魔する

エステティシャンの女性いわく「摩擦が肌の色素沈着を招く」そう。

彼女は、長きにわたりお客さまの美肌トリートメントを続けているベテランですが、特に30代以上の女性の「腰やヒップ周りが黒ずみ」が目立つと語ります。

「おそらくガードルやストッキングがこすれて、色素沈着が起こっているんでしょうね。新陳代謝が鈍る年齢になると顕著です」とズバリ。

美白を邪魔するのは、なにも紫外線ばかりとは限らないのですね。

以上のことから、

・締めつけの強い下着に注意する

・衣服や下着の着脱の際は、肌をなるべくこすらない。

 

もちろんボディだけではなく、顔にも注意したいですね。

・過度なフェイスマッサージ

・睡眠中の(うつぶせ寝などの)圧迫。

・シャワーを直接顔に当てる

・タオルでゴシゴシこする。

これらも肌を痛めることに繋がります。普段から気をつけましょう。

 

盲点3・サングラス「紫外線透過率」と「紫外線カット率」の違いって?

もはや常識となった「紫外線と目」との関係。

目が紫外線を感知すると、脳が「メラニンを作れ」との指令を出すため、サングラスでガードしている女性も多いことでしょう。

しかし、サングラス選びも間違うと大変なことに。

・色の濃さだけでサングラスを選ぶのは危険。(色の濃さに関係なく、「紫外線カット機能」があることが重要です。

・「紫外線透過率」と「紫外線カット率」を知っておく。(「紫外線透過率」は、1.0以下という表示のレンズは、紫外線を99.9%カットできると言われています。逆に「紫外線カット率」は数値が大きいほどガード効果もあがります。

サングラス購入の際は、それらを考慮しましょう。

 

いかがでした?「照り返し」「摩擦」「サングラス選びの注意点」。以上3つを気を付けて、麗しい美白肌で夏を過ごしましょう。

 

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

ストレスの肌荒れに悩む人へ! あご、口周りの吹き出物・大人ニキビの原因と改善法は?【BEFORE→AFTER】

口の周りやあごに吹き出物ができてなかなか治らない、ちょっとよくなってもまた繰り返すという大人のニキビ。鏡を見るたびにイヤになるほどの赤いブツブツ……そんな悩みを抱…

ほうれい線はその起点「小鼻の横にある溝」からケアして!シワ対策は【Katsuyoの顔筋ケア#3】

年齢とともに深まるほうれい線、気になりますよね。確かに、ほうれい線があるのとないのとでは、見た目年齢が全く違います。しかし、ほうれい線とは笑ったときにできる境界…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

若見えは「目元」で決まる!老化させない5つのアイケア

ひたひたとアラフォーの目元にしのびよる老化。いつものメイクをしているつもりが、写真を見て「このおばさんは本当に私?」と愕然とする瞬間がいつかやってきます。そう、…

唇を「オバさん」化させない!40代が知るべき4つのポイント

いくつになっても唇は大きさや形よりもコンディションの良さで美しさが決まるパーツ。つまり乾燥してガサガサしていたら、唇の魅力が損なわれます。ガサガサ唇はリップメイ…

ナチュラルメイクがただのすっぴんに?「やらなさ過ぎ」メイク脱却術

最近「化粧しているのに『ちゃんとメイクしたら?』と言われた…」と落ち込んでいたアラフォー友人。確かに毎日ちゃんとメイクをしているようなのですが、メイクにメリハリ…

年齢とともに大きくなったほくろ。癌の可能性がないのでしょうか? 【皮膚科医に聞く♯1】

ニキビに悩んだ10代から始まり、年々深刻になっていくお肌の悩み。40代を越えるとシミ、シワなどのお悩みに加えて「これは病気なの?」と心配になるような肌トラブルも…。…

もうオバサン!? 年をとったと感じたとき 【アラフォーあるある①肌&髪編】

ふとした瞬間に「年をとったなぁ」と感じることが増えてくるアラフォー世代。30代半ばまではまったく感じなかった肌や髪のエイジング……。アラフォー女性たちに「年をとった…

老け顔を招く最大原因は口元!?毎日のコリほぐしが効果あり!【顔筋ケアのパイオニアKatsuyoが教えるアンチエイジングケアPart2】

飲んだり、食べたり、しゃべったり、笑ったりする以外にもガマンをしたときや集中したときなどにも、無意識にグッと力が入る口元。顔のパーツの中でいちばん使う場所である…

また恋がうまく始まらない…もしかして私「友だちどまりオンナ」?3つのダメポイント

数回デートを重ねると、彼と疎遠になってしまう。デート中はいい雰囲気なのに、イマイチ愛情に温度差を感じて常に心配。尽くせば尽くすほど、彼が遠ざかっていく。――もしかして、良かれと思っていることが裏目に出て…

男のホンネ!「好きだよ」と言わなくなった男の裏に隠れた5つの理由

初めは良い雰囲気でいた二人なのに、気づけば、彼からの連絡が減っている。デート中も以前ほど盛り上がらない。――恋愛の悩み・すれ違いは、永遠のテーマですね。でも少し考えて下さい。あなたは気づかぬうちに「男を…

ついついやってない? 40代独女が「無残なくらいモテない」10のNG

今年も残すところあと4カ月。「年内には結婚相手を見つけたい!」と願う40代女性も多いことでしょう。さて、多くのモテコラムを書かせて頂いたところで、再度「モテない40代独女のNG言動」を確認してみましょ…

これはダメだわ!「モテない40代独女」がとる5つのダメ行動

40代の恋愛は、多くが「結婚」を意識したものになります。しかし現実は厳しく、とある婚活アドバイザーは「女性35歳限界説」を唱えています。よりよい子孫を残すため、男性は「若い女性との結婚を望む」という生物…

「オトコに追わせる女」はこうして作る。元CAのあざといモテテクって?

年齢を重ねるほど重要になる「清潔感」。特にお客さまの目に留まりやすいのが手先、足先、髪の毛先などの「先端ケア」。流行のファッションに身を包み、ヘアメイクも万全なのに、これらへの気配りがおろそかだと、残…

モテてモテて困ったCAが「モテの3大疑問」にお答えします!

時代は変わっても、世の男性にとってCAは「高嶺の花」であるようです。彼女たちのモテの秘訣はなんでしょう?今回はサイトに寄せられた疑問点を、CA歴4年、クラブママ歴10年の筆者がお答えしたいと思います。…

港区男子1万人をこれで手中に!「永遠にモテる格言4」by六本木高級クラブママ

男性に夢を与え、非日常を楽しんでもらう夜の高級クラブ。美と若さ、トーク術、心くばりなど、女性が自分の価値を最大限に売る熾烈な競争の場でもあります。男性客に選ばれ、リピートされる女性になるためには何を心…

隙とギャップで男を落とす!なぜかモテる女がさりげなく張るワナ3つ

「モテる女には隙がある」「女はギャップが大事」とは言うものの、その具体案がイマイチわからないという女性が多いのが現実。確かに、「上手な隙」「ギャップ萌え」の箇所は人それぞれですね。今回はホステスも使う…

一瞬で男がゲンメツ!クラブママが指摘する「女性の言動」4つのNG

なにげなく放った言葉、とった行動が、男性を幻滅に導くことがあります。無神経・無頓着な言動は、恋愛や仕事において、取りかえしのつかない事態を招きかねません。前回の「ルックス編」に続き、今回は「言動編」を…

こんなところを見られてる!クラブママが指摘する「男の視線の先」4つのNGポイント

女のモテには「適度な隙」が必要と言われますが、隙をこえて「ズボラ」「だらしない」領域まで達してしまうと、元も子もありません。今回は「えっ、男性ってそんなところも見ているの?」という意外な声を、CA歴4…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事