私の顔をぱーっと明るくしてくれた「神の美白3品」は…そこそこ美白してきた40代

私の肌は、日本人の中では色が白い方です。よってシミが目立つ!

30代後半から加速度的に、しみそばかす的なものが頬骨の高いところに点々と出現。スキンケア的なことはあまり真面目にやらないけれど、私が唯一やってるのが「美白」「UV対策」。季節を問わずに、美白美容液やUV防止効果のある下地や日焼け止めを、まあまあ真面目に使っている。

しかしながら。結論から言うと、シミをきれいさっぱり消してくれた美白美容液にはいまだに出会ったことがない。

まあまあ真面目に使っている、というのがいけないのだろうか? でも、美容液どころか顔洗わないで寝ちゃうとか、日焼け止めを塗り忘れるとか、室内でうっかり日焼けとか、あるに決まってんだろ。と誰にだかわからなけどキレ気味になってしまう上、シミも消えないのになぜ美白を長年続けているかと言うと、それは肌全体のトーンが明るくなるから。濁った感じが取れるから、です!

これは「美白ケアまあまあ真面目」レベルの私でも、確かに実感している美白の素晴らしい点。このぱーーーっと晴れる感じが大好きなので、美白美容液を使っているのである。点は無理でも面が明るくなれば、印象は大きく違う気がするし、正直言うと、点であるシミも、ほんのりだけど薄くなったような気がする。気がする程度なのが残念なんだけれど。

なので、今後本格的にシミをどうにかしたくなる時が来たら、私は化粧品でなく美容外科的な処置に切り替える気がしています。その際にはまたレポートさせてくださいね!

 

追記

私の濁った肌をぱーーーっと明るくしてくれる大好きな美白美容液三選はこちらです♡ 自作できるオーガニックの精油を使ったケアは是非試してほしい効き具合ですよ。ニキビ跡も薄くなる!

 

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

ズボラ40代の結論! 紫外線過敏症の私がたどり着いた3つのガード術

こんにちは、不真面目なダイエット連載に定評のある藤井です。私のようにダイエットすら不真面目な人間が、美白なとどいうコツコツとした積み上げの必要なことを真面目に頑…

手持ちのコットン+化粧水でOK、夏肌にはこまめな「フェイスパック」が効く

夏、外遊びで日焼けをした肌は水分が奪われているため、肌はカラッカラ状態。この時期、普通にしていても肌の水分は失われているため、いつもと変わらないスキンケアでは、…

「目で見るだけでシミが増える」?意外に知らない紫外線の話

夏本番となり、気温も日差しも強まるばかり。美肌ケアにいそしむアラフォー女性には、もっとも酷な季節の到来です。美肌の秘訣は「保湿・紫外線カット」が基本ですが、今回…

頭てっぺんの白髪はUVケア不足かも…? 40代の髪対策はコレ

「UV対策は、1日にしてならず」なだけに、デイリーの予防策がモノをいう部分です。とはいえ“時短美容家”として活動している私は、できるだけ手間をかけずに効果が高い方法…

頭皮の日焼けはオバ髪のもと!でも、頭皮の保湿ケアってどうすれば?

年々、夏の暑さが増しているなと感じていましたが今年は「暑い」という言葉では足りないくらいですね。できれば外出したくないのですが、そうはいかないのが現実。ギラギラ…

目指すはミラノマダム!? 日焼けをシミにしない2つのコツ

本格的な夏がいよいよ到来し、みなさんも平成最後の夏を満喫している頃合いかと思います。年齢を重ねた私たちだって、暑い季節には、海やプールで思いっきり遊びたい……!し…

UV剤が禁止のハワイ、ローカルは日焼けにどう対策しているの?

こんにちは、私が住むここ湘南は海開きし、小麦色に焼けた肌がビーチを闊歩しています。しかし気になるのが紫外線によるシミやシワ。憎い太陽の眩しさに向かって、眉間にシ…

【40代のプチ移住】小田原に移住してよかったこと6つ、困ったこと4つ

思うところあって、小田原プチ移住を決めた私。その後どうしたかと言いますと、無事に引越し完了いたしました。現在、引越しを済ませて一ヶ月弱、まだ20日ほどですが、ゆるやかに小田原ライフが始まっています。この…

【40代のプチ移住】どうしても、部屋にこれを置きたくて。私が移住するもう一つの想い

東京から小田原にプチ移住を決めた私。「自然の近くで、暮らしたい」という気持ちの他にもう一つ、鍵となる想いがありました。それは、大きなダニングテーブルへの憧れ。今も家にダイニングテーブルがないわけではな…

40代イラストレーター、突然都心から「小田原プチ移住」を決めた!その経緯とは

前回、三重県からの旅帰りに、寝る前に布団の中でスーモのアプリをダウンロードした私。この夏、箱根で絵の個展をしたことでよく訪れるようになった「小田原」という土地が、目の前に猛然と立ち上ってきたのでした。…

「東京に空がない」と思ったのは、ある場所に行ってからでした。

みなさんこんにちは!少しご無沙汰しておりました。いいあいです。私、この夏に箱根の宮ノ下にあるNaraya Cafeさん(足湯で有名な!)のギャラリーで、1ヶ月間イラストの個展をしていました。テーマは「箱根」で個展…

エア○ズムより涼しい?私が灼熱の夏に手放せない服はこれ

2018年盛夏。みなさまいかがお過ごしでしょう。私は、両親共に北海道人なこともあってか、子供の頃から夏が苦手な秋冬大好き人間です。そのため今年の暑さは、なかなか強烈に感じております。恐怖すら感じています。…

オトナの女は「スられにくいバッグ」がバカンスの必需品!

バカンスシーズンが近づいてきましたね。夏休みに海外を予定されている方も多いことでしょう。ところでみなさん。スられたこと、ありますか? 海外で。スリに。幸いなことに、今のところ私はスリ被害にあったことは…

40歳からのおしゃれ論 旅先で2万歩ける私の靴はこれ2選

ヒールというのものを履かなくなってから、すっかりコンフォートな靴の愛用者である私。旅ともなればその傾向は一層強くなります。そろそろ夏の旅を計画している方も多いかもしれないので、今回はオススメの旅靴につ…

女41歳、盆栽始めました。聖地・大宮盆栽町と盆栽博物館へ

今年に入ってから足繁く、私はさいたま市大宮のちょっと先まで通っている。なぜなら、そこに盆栽町があるからだ!昔から盆栽に興味はあったけれど、毎日の水やりや剪定を考えると、旅好きで家を空けがちな私には無理…

女の指先に歴史あり。懐かしきかなアセトンとトルエンのかおり。

日常生活で目に入ってくる自分のからだパーツ、ダントツの一位、手。指先。他の部位は鏡をわざわざ覗かないと見えませんが、手だけは目に入る。故にそこが整っているとそれだけでなんとなく気分が良いものですね。み…

「ストール大好き人間」の私にぼんやり訪れた気づき2つ

すっかり春ですね。巻いてますか? 私は巻いてます。スプリングコートだけでは肌寒く感じる日に。強くなってきた紫外線対策に。ファッションに春らしい色を差し込みたい時に。ということで今回はストールの話をして…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事