「美白ケアまあまあ真面目」レベルの40代。顔をぱーっと明るくしてくれた3品は…

私の肌は、日本人の中では色が白い方です。よってシミが目立つ!

30代後半から加速度的に、しみそばかす的なものが頬骨の高いところに点々と出現。スキンケア的なことはあまり真面目にやらないけれど、私が唯一やってるのが「美白」「UV対策」。季節を問わずに、美白美容液やUV防止効果のある下地や日焼け止めを、まあまあ真面目に使っている。

しかしながら。結論から言うと、シミをきれいさっぱり消してくれた美白美容液にはいまだに出会ったことがない。

まあまあ真面目に使っている、というのがいけないのだろうか? でも、美容液どころか顔洗わないで寝ちゃうとか、日焼け止めを塗り忘れるとか、室内でうっかり日焼けとか、あるに決まってんだろ。と誰にだかわからなけどキレ気味になってしまう上、シミも消えないのになぜ美白を長年続けているかと言うと、それは肌全体のトーンが明るくなるから。濁った感じが取れるから、です!

これは「美白ケアまあまあ真面目」レベルの私でも、確かに実感している美白の素晴らしい点。このぱーーーっと晴れる感じが大好きなので、美白美容液を使っているのである。点は無理でも面が明るくなれば、印象は大きく違う気がするし、正直言うと、点であるシミも、ほんのりだけど薄くなったような気がする。気がする程度なのが残念なんだけれど。

なので、今後本格的にシミをどうにかしたくなる時が来たら、私は化粧品でなく美容外科的な処置に切り替える気がしています。その際にはまたレポートさせてくださいね!

 

追記

私の濁った肌をぱーーーっと明るくしてくれる大好きな美白美容液三選はこちらです♡ 自作できるオーガニックの精油を使ったケアは是非試してほしい効き具合ですよ。ニキビ跡も薄くなる!

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

エア○ズムより涼しい?私が灼熱の夏に手放せない服はこれ

2018年盛夏。みなさまいかがお過ごしでしょう。私は、両親共に北海道人なこともあってか、子供の頃から夏が苦手な秋冬大好き人間です。そのため今年の暑さは、なかなか強烈に感じております。恐怖すら感じています。…

オトナの女は「スられにくいバッグ」がバカンスの必需品!

バカンスシーズンが近づいてきましたね。夏休みに海外を予定されている方も多いことでしょう。ところでみなさん。スられたこと、ありますか? 海外で。スリに。幸いなことに、今のところ私はスリ被害にあったことは…

40歳からのおしゃれ論 旅先で2万歩ける私の靴はこれ2選

ヒールというのものを履かなくなってから、すっかりコンフォートな靴の愛用者である私。旅ともなればその傾向は一層強くなります。そろそろ夏の旅を計画している方も多いかもしれないので、今回はオススメの旅靴につ…

女41歳、盆栽始めました。聖地・大宮盆栽町と盆栽博物館へ

今年に入ってから足繁く、私はさいたま市大宮のちょっと先まで通っている。なぜなら、そこに盆栽町があるからだ!昔から盆栽に興味はあったけれど、毎日の水やりや剪定を考えると、旅好きで家を空けがちな私には無理…

女の指先に歴史あり。懐かしきかなアセトンとトルエンのかおり。

日常生活で目に入ってくる自分のからだパーツ、ダントツの一位、手。指先。他の部位は鏡をわざわざ覗かないと見えませんが、手だけは目に入る。故にそこが整っているとそれだけでなんとなく気分が良いものですね。み…

「ストール大好き人間」の私にぼんやり訪れた気づき2つ

すっかり春ですね。巻いてますか? 私は巻いてます。スプリングコートだけでは肌寒く感じる日に。強くなってきた紫外線対策に。ファッションに春らしい色を差し込みたい時に。ということで今回はストールの話をして…

40歳からのおしゃれ論「なに着ていいかわかんなくなる」の話

20代後半、36~37歳、40超えたところ。 タイミングは人それぞれだけれど、年齢の角を曲がるとき、女はこう漏らすことがある。 「なに着ていいかわかんなくなるときあるよね」。進みゆく時間の中、すべての瞬間で確固…

地味にブーム来たる。バックトゥーザブローチ!つけてる?ブローチ。

ブローチ。リングやピアス、ネックレスなどアクセサリーの種類はたくさんあるけれども、ブローチってとりわけ懐かしい響き。子ども時代のお出かけの時、ジャンパースカートやワンピースの胸元に母親につけてもらった…

パワスポ、異世界、美味しいもの。いいあい的「箱根のおすすめスポット&お土産」4つ

みなさまこんにちは。隙あらば旅。イラストレーターいいあいです。今日は、東京砂漠に疲れた私が箱根に通うようになってから、改めて、これは皆様におすすめしたいと思ったスポットとお土産をご紹介しますね。ひとつ…

東京砂漠に疲れ果てた私がおすすめする、箱根の大人な楽しみ方3つ

神奈川県生まれ神奈川県育ちなこともあり、子供の頃から箱根に行く機会が多かった私。親の運転する車の後ろで、いつも車に酔って気持ち悪くなりながら行くドライブ。それは、当時住んでいた横浜から箱根の芦ノ湖や仙…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事