頭てっぺんの白髪はUVケア不足かも…? 40代の髪対策はコレ

「UV対策は、1日にしてならず」なだけに、デイリーの予防策がモノをいう部分です。

とはいえ“時短美容家”として活動している私は、できるだけ手間をかけずに効果が高い方法を、ずっと模索し続けてきました。

顔やボディは、UV対策をうたっている下地や日焼け止めを用いて、こまめな塗り直しを行うのが基本ながら、私がずっと「これでいいんだろうか……?」が密かに気になっていたのは、髪のUV対策法です。

そして、意外にも“髪のUV対策”は怠っている40代女性が少なくないテーマという実態もあるので、今回の特集記事では、私自身の“髪のUV対策”をご紹介しようと思います。

 

みなさまは今、どんな対策をなさっていますでしょうか?

 

髪のUV対策は40代にマスト!

髪の毛も、顔やボディ同様に紫外線をサンサンと浴びてしまえば、それなりのダメージが現れやすいパーツのひとつです。

 

抜け毛や白髪、パサつきなどの不調を感じる原因が、デイリーのUV対策不足にあることも。

 

これらの不調は40代女性が感じがちなテーマでもあるだけに、“ちょっとそこまで外出”程度でも、髪のUV対策は行うに越したことはありません。

 

しかしながら、ボディ用の日焼け止めを塗りたくるわけにはいかないだけに(実はやってみましたが、ベタつきが半端ないです!)、専用の対策を取り入れるのが時短かつ確実な方法です。

 

で、たどり着いた結論は…

 

というわけで、アレコレと髪のUV対策を試しつつ、たどり着いた私の結論は「髪の対策はスプレータイプの専用コスメに限る」です。

 

ダウンスタイルでも、アップスタイルでも、スタイリングの最後にスプレーをシューっとするだけで紫外線対策が叶うので、髪の毛のUV対策を考えたときに、これ以上の時短ケアってやっぱりなかなかありません。

 

しかし、外出前にスプレーをかけていても、顔やボディ同様に“塗り直し”のタイミングも気になるものですし、スプレーによる“パサつき”も課題でした。

 

まず「塗り直し問題」はどうする?

 

そこで私の“髪のUV対策における塗り直し問題”の解決法は、小さめのUV対策スプレーを持ち歩く方法に落ち着きました。

 

しかし、顔用の日焼け止めやら髪用の日焼け止めスプレーやらをすべて持ち歩くと、バッグがかなりの重量になってツラいため、外出先では顔にも使えるスプレー1本で乗り切っています。

 

この方法にたどり着いてからは、外出先においてメイク直しをするタイミングで、髪にもシューっとスプレーを追加して髪のUV対策は完了。

 

ちなみに、顔用のUV対策スプレーにはほどよい“保湿感”が備わっているものも少なくないために、外出先でのちょっとした“髪のうるおいケア”も同時に行いやすく、スタイリングのお直しをする面からも地味に便利だったりもします。

 

続いて「スプレーでパサついちゃう問題」はどうする?

 

また、UV対策スプレーを使うと、髪のパサつきやゴワつきを感じることも増えます。

 

私の場合には、“ガンコなくせ毛”の持ち主でもあるだけに、ちょっとのことでも髪がかなり広がってしまうタイプ。

 

なので、デイリーのパサつき防止ケアは、かなり入念に行う必要があります。

 

そこで試行錯誤の末に今、実践しているのが、“ツヤ出しスプレー”との併用です。

 

UV対策スプレーのあとからツヤ出しスプレーを使って、その日の髪の状態に応じて、ツヤ感を加えるようにしています。

 

それでも部分的にツヤが損なわれていると感じるところには、ウェットタイプのワックスを用いて、パサつきやゴワつきを目立たないようにする方法がお気に入りです。

 

暑い時期には、とかく顔やボディのUV対策ばかりに目が向きがちで、髪の対策は盲点になっている方も。

 

しかし髪のUV対策は、毎日のルーティンに組み込んでしまえば、さほど面倒な手間ではないだけに、40代になったら「絶対に怠らないほうがいい」と言い切れるほど重要な対策でもあります。

 

そして、ここまで読んでくださった読者のみなさまならおわかりのように、私の場合、髪のUV対策法をひと言で言ってみれば「スプレー式コスメ、バンザイ!」です。

 

UV対策もツヤ出しも、すべてスプレーに任せてしまうことで、随分と時短が叶い、さらにはきちんとした効果も実感できるようになりました。

 

 

 

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

前髪セットで目元を明るく魅力的に。40代に似合う前髪セット術3つ

アイラインが描きにくくなった、目尻にしわが増えた、目の下がくすんできた……。アラフォーになると目元の悩みがぐっと増えてきます。マッサージやコスメでたるみやシワを食…

1つ結びもサマになる!「ぎりぎり結べるボブ」がいま40代に人気

年齢を重ねるとトレンドのヘアスタイルよりも扱いやすさを重視する傾向に。髪悩みも増えてきますから、当然といえば当然ですよね。「扱いやすさ」には乾かしやすい、スタイ…

ひと手間で「オバ髪」解消! 40代のヘアアレンジ4選

40歳を過ぎると、肌の衰えだけでなく、髪の老化も一気に加速。その影響なのか、これまで通りのヘアスタイルに違和感を感じてきた……。そんな感覚に陥ったアラフォー女性、多…

前髪チェンジで若見え! 40代女性のオススメ前髪教えます!

最近、若い子の間で人気の高いシースルーバングやうざバング。少しでも若く見せたいからって、マネしちゃってる人がいたら大間違い! 肌がくすんで、ハリがなくなって下垂…

一つ結びをおしゃれアレンジにする秘訣って?

シンプルな一つ結びは無難ですが、ただ結ぶだけでは“疲れたおばさん”になりがちという落とし穴が。そこで、手間をかけずにできるおしゃれなひとつ結びの方法をご紹介します…

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

【脱・オバサンまとめ髪】「ひとつ結びアレンジ」シンプルおしゃれな40代の2大ルール

これまでひとつ結びに関する記事をたくさん書いてきました。振り返って思ったことは、「ひとつ結び」って料理でいうところの「卵料理」のような存在なのでは、ということで…

キレイな髪で新年を!40代女性に似合う美人ヘア教えます

若かりし頃は、年末最大のイベントといえばクリスマス。この日のデートに向けて24日前に美容室を予約したって人も多かったはず。でも、大人になるとクリスマスより、新しい…

脱オバさん! 結局40代女性に一番似合う最強ヘアって?【特集オトナの髪悩み】

オトナサローネで「脱オバさん」ファッション連載を担当する私は、実は元美容師です。ファッション誌でライターを始めるまでは、実家が美容師だったこともあり、美容師の国…

明日からできる!「オバサンひとつ結び」を回避するお手軽3テク

ここ数年、アレンジヘアがブームですが、ゆるふわな無造作ヘアは40代になると挑戦しにくくなりますよね。何かと忙しく、鏡をゆっくり見られない朝は手っ取り早くゴムでひと…

失礼ながら、幸薄そう…! 男が「貧相な顔」認定する40代女性のメイク癖3例

自分では、きちんと身なりを整えているつもりでも、男性目線だと「幸薄そう」「貧相」などの不名誉なジャッジをくだされていることもあります。では、男性たちが、そんなネガティブな評価をくだしがちな顔の特徴とは…

いい雰囲気だったけど…男が一瞬で「付き合うのは遠慮しておこう」と感じた40代独女のニオイって?

意中の男性と、いい雰囲気になっていたのに、理由もわからずに距離を置かれてしまった……という話は、そう珍しくもありません。とは言っても、気に入っている相手から避けられているのは、いくつになっても女性にとっ…

もしや腹黒…? 男が一瞬で警戒した「40代独女の不用意なひと言」3パターン

男女の出会いでは、不用意に発した言葉ひとつで「この人の本性は、きっとこんな感じなんだろう……」を邪推されるリスクもあります。本人にはそこまでの悪意がなくとも、それを聞いた男性が「もしかして、この女性は“…

オフィスで印象最悪…「いかにもオバサン」な40代女性のお仕事姿3選

社内恋愛を狙っていてもそうではなくとも、オフィスでの印象は、上げておくに越したことはないもの。そして、デスクでのちょっとした振る舞いは、思っている以上に男性たちの目に留まっているのも傾向のようです。魑…

頼もしい…! 男が「この人を大事にしなくちゃ」と40代彼女に感じた瞬間3パターン

ご縁あって交際に発展しても、おつきあいを重ねていく過程で「この子を大事にしなくちゃ」と、より愛おしさが増すこともあれば、その逆もあるのが男性心理。では、いわゆる“本命”として付き合っている相手のふとした…

スニーカーもパンプスも…!? 男が一発で「ナシ」認定した40代女性の足もと3パターン

先日、こちらの記事『踵パカパカよりヤバいのは…? ダメな40代女性ほど履きがちな「パンプス」ワースト3とその対策』にて、ダメな40代のレッテルを貼られかねないデンジャラスなパンプスの特徴をご紹介しました。足も…

「この人はキープでいいや」と男に思われる…?アウトな40代女性の言動って

40代の恋愛でも「キープ」や「セカンド」の話は皆無ではなく、むしろ「いい具合に年齢を重ねているし、物分かりがよさそうだ」などの男側の勝手な誤解によって、真剣恋愛の対象から外されてしまっている女性もいます…

男から「育ちが悪そうに見える40代女性」のメイク直しにまつわる振る舞い3選

実際の育ちがどうであれ「育ちが悪そうに見える女」を嫌う男が多いのも、実情です。デート中のちょっとした振る舞いによって「ひょっとすると、育ちが悪いタイプだな」などとジャッジをうけてしまえば、関係の行方に…

その顔、どうしちゃったの…!? 男が引いた「40代女性の気合メイク」3パターン

「その顔、どうしちゃったの!?」なんて思われるのは、相手が誰であれ、避けたいのが私たちのホンネ。しかし気合いを入れたメイクや、「今日だけは失敗したくない!」と思う日に限って、ふだんより“力んだメイク”にな…

踵パカパカよりヤバいのは…? ダメな40代女性ほど履きがちな「パンプス」ワースト3とその対策

周囲からの好感度が高く、“デキる”イメージの女性ほど、“足もと”にも気を配っていると言われます。実際、ワーコルが2月10日の「パンプスの日」にちなんで実施した『働く女性の靴(パンプス)に関する意識調査』によ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事