目指すはミラノマダム!? 日焼けをシミにしない2つのコツ

本格的な夏がいよいよ到来し、みなさんも平成最後の夏を満喫している頃合いかと思います。

年齢を重ねた私たちだって、暑い季節には、海やプールで思いっきり遊びたい……!

 

しかしそんなシチュエーションで頭から離れないのは「この歳で、“日焼け肌”にしてしまってもいいの?」だという方も、多くいらっしゃるはず。

ミラノマダムのように美しい小麦色に焼けた肌には憧れど、実際には、なかなかあそこまで大胆に焼く勇気がない……というのも、40代“あるある”のひとつです。

 

ところで私はといえば、もともとの肌色が“黒め”であることも手伝って、夏には日焼け止めを塗っていても、こんがり小麦色に焼けやすい体質。

「日焼け止めを塗らなければ、真っ黒!」で「日焼け止めを塗ると、まぁ黒いくらい」でおさまるという、典型的な“焼けやすいタイプ”です。

そんな私だけに、透き通るような白肌になるのは夢のまた夢ですから、日焼け肌を楽しみつつ、美白ケアも両立させる必要があります。

今月のOTONA SALONE特集テーマに沿った私のリレー記事2本目のこちらの記事では、私が日焼け肌と美白ケアを両立するために心がけていることをお話します。

 

焼くけどオイルではなく、日焼け止めを塗ってます!

 

基本的に、私をよく知る人はみなさんご存じながら、私は「夏場は焼く人」だというイメージが強いみたいです。

上述のように、典型的な焼けやすいタイプであることが影響しているのは明白で、知人男性たちからは「焼く派でしょ!?」「積極的に焼くのって、いいね!」などと言われる機会も多いです。

ですが、肌が焼けやすい私は「わざわざ焼かなくても、結果として焼けている」が説明として正しく、サンオイルを塗りまくって「さぁ、がっつり焼くわ!」と日焼けをしているわけではなかったり……。(たまに南国リゾートで「もう今回は、焼いちゃおうかな」はあります)

そんなこんなで、この原稿を書いている7月の中旬には、もはや私の肌は、ミラノマダムもびっくり!なくらい、しっかり小麦色。

しかしソレでも、しっかりと“日焼け止め”は塗りたくっているんです。

さらには、美白ケアをしていないわけでもなく……。

 

実は肌には、シミがほとんどありません

 

そんなふうに“焼く派”だと思われている私ですが、自慢(?)ではありませんけれど、肌にはほとんどシミがありません。

顔には左側サイドにここ数年でややシミが浮かんできていますが、ボディに関しては、ほぼナシの状態です。

「あれだけ焼いてるのに、すごいね!」と言われることもありますが、コレはおそらく美白ケアを行ってきている結果だと思って真摯に受け止めています。

そして、そんな私の美白ケアはと言えば、顔とボディはそれぞれ次の方法を行っています。

(1)顔の美白ケア

 

夏が訪れる前から秋にかけては、“美白”をうたっている美容液にシフトします。

ちなみに冬場は“毛穴”にアプローチする美容液がお気に入りで、特に紫外線が気になる季節には、“美白もの”を愛用しているって感じです。

朝晩のスキンケアで、化粧水のあとに美白美容液をつけています。

ちなみに美容液を塗る際には、導入を促してくれる機器を使い、肌への浸透をよくするよう工夫しています。

(2)ボディの美白ケア

 

ボディケアでは、日焼けをした後を中心に「ココナッツオイル」のチカラを頼りにしています。

それ以外には「コレ」といった美白法は、特に取り入れていません。

ココナッツオイルには、肌を鎮静する抗炎症作用や代謝を促す働きが強いと言われることから、焼けてしまった後の肌に塗っておくと安心感があり、保湿力も高いので、太陽を浴びて火照った肌を、優しく癒してくれるメリットも感じています。

というわけで、ココナッツオイルを主成分とし、たっぷり配合されているボディクリームを全身に塗っているのが「こまめに日焼け止めを塗る」という基本的な対策との相乗効果もあって、ひょっとしたら“シミのない肌”にひと役買ってくれている可能性があるのではないか、と思っている次第です。

 

美白ケアは、“やるべきこと”をコツコツと続けることで効果を実感しやすいと言われています。

私の場合、裏ワザと言っても「このエステをすれば、必ず美白ができる!」といった類のお話ではないものの、デイリーのケアで美白を意識する取り組みが、功を奏しているのかなと実感している次第です。

「焼く派」の方や、私のように「焼くつもりでなくとも焼けちゃう派」の方の参考になれば幸いです。

 

 

スポンサーリンク

口元、あご、口周りの吹き出物・大人ニキビの原因と改善法は?ストレスの肌荒れに悩む人へ! 【BEFORE→AFTER】

口の周りやあごに吹き出物ができてなかなか治らない、ちょっとよくなってもまた繰り返すという大人のニキビ。鏡を見るたびにイヤになるほどの赤いブツブツ……そんな悩みを抱…

1日5分でほうれい線を消す!シワにも効く「小鼻の横」「口元」のコリほぐしケア

年齢とともに深まるほうれい線、気になりますよね。アプリで消してみればわかりますが、ほうれい線があるのとないのとでは、見た目年齢が全く違います。ですが、ほうれい線…

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

40代が「痛々しくならない」マツエクのベストオーダー5原則!【40代の時短美容】

40代女性がマツエク(まつ毛エクステンション)をすると、ときとして“やりすぎ”な雰囲気が醸し出されます。メイクの手間を減らせるから“時短美容”にはなるけれど、年齢不相…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

若見えは「目元」で決まる!老化させない5つのアイケア

ひたひたとアラフォーの目元にしのびよる老化。いつものメイクをしているつもりが、写真を見て「このおばさんは本当に私?」と愕然とする瞬間がいつかやってきます。そう、…

唇を「オバさん」化させない!40代が知るべき4つのポイント

いくつになっても唇は大きさや形よりもコンディションの良さで美しさが決まるパーツ。つまり乾燥してガサガサしていたら、唇の魅力が損なわれます。ガサガサ唇はリップメイ…

歳のせいじゃなかった…! 最近「メイクのりが悪い」40代の3大NGスキンケア

年齢を重ねるにつれ「メイクの“のり”が、悪くなってきた」と口にする女性も増えてくる傾向です。加齢の波は、誰にでも押し寄せるものだけに「40代ともなれば、普通よね」と諦めの声もしばしば聞こえてきます。でも本…

「あのオバサン、清潔感がない…!」と思われる、40代女性の盛りすぎメイク

メイクは、同じコスメを使ったとしても、その強弱によって印象はガラリと変わるものです。清潔感の「ある」or「ない」については、色づかいや色の組み合わせかたも関係しますが、メイクがtoo muchになっているだけで…

男ドン引き! お泊まりの朝「別人じゃん…」になる40代に足りないコスメは?

お泊りデートの翌朝は、ポーチに入れて持参したコスメ類で、メイクを済ませるのが一般的。アレコレと持っていくと荷物になるので、こういったシーンでは持ち歩くコスメは厳選し、自宅でのメイクに比べて、簡素に済ま…

泥酔よりイヤだ…!? 男がドン引きする40代女性の「お酒の飲みかた」3例

社会人経験が長くなってくると、必要に迫られた結果、若いころよりもお酒に強くなる40代女性も珍しくありません。そして一方で「泥酔した姿は、みっともない」は男女問わずによく言われるお話。ところが、場合によっ…

それ「おツボネさま」に見えてる!厄介な40代の痛ポイントメイク3例

メイクの印象によって「この人って、こんなタイプ……?」な憶測にもつながりがちなだけに、ビジネスシーンでのブランディングとメイクテイストは、切っても切れない間柄に。だからこそ、デイリーのビジネスメイクでは…

「おばさんっぽい!」と言われる40代女性のポーチに入っている3大痛コスメって?

「あの人って、年齢のわりにオバサンっぽいよね」「いかにもオバサン!って雰囲気で、残念」周囲から、こんな評価をくだされていたとしたら、40代としては不名誉なお話。しかしメイクのテイストや使っているコスメの…

30代までは許されても…!? 40代だと「格段に非常識」に見えるNGメイク3例

メイクは、TPOによって変えてこそ、品格やトレンド感を演出できるもの。30代までは許されても、40代になってTPOにそぐわないメイクをしているとそれだけで「あの人、非常識そう」とレッレルを貼られやすい残念な傾向…

「ケバいオバサン」よりみっともない……!? 男が嫌悪感を示す40代女性の3大NGキャラ

先日、私たちと同世代の男性たちとの会話で「40を過ぎると、単なる“ケバいオバサン”路線に向かっていく残念な同世代も増える」という話題が出ました。と同時に「ケバいオバサン系もイヤだけど、もっとイヤな路線に向…

40代だって人前でラブラブしたい……! 「愛情表現が豊かな中年男性」の見抜きかた

40代になっても、愛する人とはいつまでもラブラブな関係を築きたいのを理想とする女性だって少なくありません。「愛に年齢は、関係ない!」とも言えますし、大人世代になっても豊かな愛情表現をしあっているカップル…

最初は好条件に見えても……「かなり難あり」な中年独身男の前兆3パターン

仕事もそれなり、見た目もまぁまぁ……と、一見すると「好条件」に見える中年独身男性でも、その裏に“難”が隠されているというのは、比較的よく耳にするお話。とは言っても、一方で“40代で婚活”となると「ある程度の妥…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事