目指すはミラノマダム!? 日焼けをシミにしない2つのコツ

本格的な夏がいよいよ到来し、みなさんも平成最後の夏を満喫している頃合いかと思います。

年齢を重ねた私たちだって、暑い季節には、海やプールで思いっきり遊びたい……!

 

しかしそんなシチュエーションで頭から離れないのは「この歳で、“日焼け肌”にしてしまってもいいの?」だという方も、多くいらっしゃるはず。

ミラノマダムのように美しい小麦色に焼けた肌には憧れど、実際には、なかなかあそこまで大胆に焼く勇気がない……というのも、40代“あるある”のひとつです。

 

ところで私はといえば、もともとの肌色が“黒め”であることも手伝って、夏には日焼け止めを塗っていても、こんがり小麦色に焼けやすい体質。

「日焼け止めを塗らなければ、真っ黒!」で「日焼け止めを塗ると、まぁ黒いくらい」でおさまるという、典型的な“焼けやすいタイプ”です。

そんな私だけに、透き通るような白肌になるのは夢のまた夢ですから、日焼け肌を楽しみつつ、美白ケアも両立させる必要があります。

今月のOTONA SALONE特集テーマに沿った私のリレー記事2本目のこちらの記事では、私が日焼け肌と美白ケアを両立するために心がけていることをお話します。

 

焼くけどオイルではなく、日焼け止めを塗ってます!

 

基本的に、私をよく知る人はみなさんご存じながら、私は「夏場は焼く人」だというイメージが強いみたいです。

上述のように、典型的な焼けやすいタイプであることが影響しているのは明白で、知人男性たちからは「焼く派でしょ!?」「積極的に焼くのって、いいね!」などと言われる機会も多いです。

ですが、肌が焼けやすい私は「わざわざ焼かなくても、結果として焼けている」が説明として正しく、サンオイルを塗りまくって「さぁ、がっつり焼くわ!」と日焼けをしているわけではなかったり……。(たまに南国リゾートで「もう今回は、焼いちゃおうかな」はあります)

そんなこんなで、この原稿を書いている7月の中旬には、もはや私の肌は、ミラノマダムもびっくり!なくらい、しっかり小麦色。

しかしソレでも、しっかりと“日焼け止め”は塗りたくっているんです。

さらには、美白ケアをしていないわけでもなく……。

 

実は肌には、シミがほとんどありません

 

そんなふうに“焼く派”だと思われている私ですが、自慢(?)ではありませんけれど、肌にはほとんどシミがありません。

顔には左側サイドにここ数年でややシミが浮かんできていますが、ボディに関しては、ほぼナシの状態です。

「あれだけ焼いてるのに、すごいね!」と言われることもありますが、コレはおそらく美白ケアを行ってきている結果だと思って真摯に受け止めています。

そして、そんな私の美白ケアはと言えば、顔とボディはそれぞれ次の方法を行っています。

(1)顔の美白ケア

 

夏が訪れる前から秋にかけては、“美白”をうたっている美容液にシフトします。

ちなみに冬場は“毛穴”にアプローチする美容液がお気に入りで、特に紫外線が気になる季節には、“美白もの”を愛用しているって感じです。

朝晩のスキンケアで、化粧水のあとに美白美容液をつけています。

ちなみに美容液を塗る際には、導入を促してくれる機器を使い、肌への浸透をよくするよう工夫しています。

(2)ボディの美白ケア

 

ボディケアでは、日焼けをした後を中心に「ココナッツオイル」のチカラを頼りにしています。

それ以外には「コレ」といった美白法は、特に取り入れていません。

ココナッツオイルには、肌を鎮静する抗炎症作用や代謝を促す働きが強いと言われることから、焼けてしまった後の肌に塗っておくと安心感があり、保湿力も高いので、太陽を浴びて火照った肌を、優しく癒してくれるメリットも感じています。

というわけで、ココナッツオイルを主成分とし、たっぷり配合されているボディクリームを全身に塗っているのが「こまめに日焼け止めを塗る」という基本的な対策との相乗効果もあって、ひょっとしたら“シミのない肌”にひと役買ってくれている可能性があるのではないか、と思っている次第です。

 

美白ケアは、“やるべきこと”をコツコツと続けることで効果を実感しやすいと言われています。

私の場合、裏ワザと言っても「このエステをすれば、必ず美白ができる!」といった類のお話ではないものの、デイリーのケアで美白を意識する取り組みが、功を奏しているのかなと実感している次第です。

「焼く派」の方や、私のように「焼くつもりでなくとも焼けちゃう派」の方の参考になれば幸いです。

 

 

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

口元、あご、口周りの吹き出物・大人ニキビの原因と改善法は?ストレスの肌荒れに悩む人へ! 【BEFORE→AFTER】

口の周りやあごに吹き出物ができてなかなか治らない、ちょっとよくなってもまた繰り返すという大人のニキビ。鏡を見るたびにイヤになるほどの赤いブツブツ……そんな悩みを抱…

1日5分でほうれい線を消す!シワにも効く「小鼻の横」「口元」のコリほぐしケア

年齢とともに深まるほうれい線、気になりますよね。アプリで消してみればわかりますが、ほうれい線があるのとないのとでは、見た目年齢が全く違います。ですが、ほうれい線…

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

40代が「痛々しくならない」マツエクのベストオーダー5原則!【40代の時短美容】

40代女性がマツエク(まつ毛エクステンション)をすると、ときとして“やりすぎ”な雰囲気が醸し出されます。メイクの手間を減らせるから“時短美容”にはなるけれど、年齢不相…

若見えは「目元」で決まる!老化させない5つのアイケア

ひたひたとアラフォーの目元にしのびよる老化。いつものメイクをしているつもりが、写真を見て「このおばさんは本当に私?」と愕然とする瞬間がいつかやってきます。そう、…

スッピンよりおばさん見えする!?「失敗」メイク3つ【40代の時短美容】

メイクで“キレイ”を引き出すつもりが、“おばさん”な仕上がり!これ、40代女性にとっては「最もショック」と言っても過言ではない事態ですよね。「メイクは時短で済ませたい…

食事会に出没…!? パッと見で「深入りしたくない40代女性」3大NGな傾向って…?

出会いの場においては、パッと見で周囲に好感を与える女性もいれば、残念ながら「あ。この人とは、深入りしたくないな」と思われてしまう人もいるのが実情。パートナーを求めているタイミングや婚活を意識している時…

「ざんねんな40代女性って、こんな人」男性たちの意見が辛辣だけど的を射ていた…

今から、ちょっと不快な言葉を連呼します。ご不快に思われるかたもいらっしゃるかもなので、先に謝っておきます、ごめんなさい。実は私、ついこの前「ざんねんな女性」について真正面から、男性たちと語りあう機会が…

ウソみたいなホントの話…たった「コレだけ」で3kgやせ見えに成功しました!

年末年始には、ふだんより飲食する機会も増えがちなだけに「気をつけていても、太った」を招きやすい時期。美容家として活動する私も、この年末年始で、御多分に洩れず2kg弱増えました。デイリーにヨガやストレッチ…

パートナーは大丈夫? 「イケてない風貌のオジサン」だと彼女や妻にもダサい疑惑が…!?

彼氏や夫などが、いわゆる「イケてる」部類だと「奥さんがしっかりしているのだろう」「彼女がちゃんとしているのだろう」などと、“内助の功(!)”的な評価を受けがち。一方で、失礼ながらも“見るからにイケてない風…

オバサン上等! 男が思う「コムスメには絶対に負けない」40代女の魅力って…?

「女は若いほどいい」なんて女性からするとイラっとする言葉も耳にするものの、ちまたには「40代くらいの女性のほうが、付き合いやすい」と口にする男性も多いのは確か。今どきの40代は、ひと昔前と比べても気力も見…

接触してこなくても図々しいオバサン…! 40代再婚女性たちが「許せない」元妻エピソード3選

いまや、夫婦のどちらか、あるいは双方が再婚というカップルだって珍しくない時代。過去があるのは悪いことではないけれど、そこで“過去”が“過去”で済まされず、“現在”にまで影響を及ぼすとなると、ウンザリするのも…

20・30代ならよくても…「40代ではさすがにナシ」男に厳しいジャッジを下される女の特徴3例

20代や30代なら「アリ」でも、40代だと「ナシ」になることって、恋愛シーンにおいてはそれなりにあるようです。出会いの場での会話ひとつにも「40代にもなって、さすがにキツイ……」と辛辣なジャッジを下されているケ…

そのアピールいりません! 男が「聞き捨てならない」と嫌悪感を抱く話題3パターン

出会いの場において「私って、こんな人です」をさりげなくアピールするのは、自己PRの観点からはとても重要な心がけ。しかしこの手のアピールは、“やりすぎ”、“あからさますぎ”になった時点で、男性からは嫌悪感を抱…

悪評がここから立つ…!? 後輩女性に不評な40代女性の「金遣い」3選

「彼女になる女性は、後輩女性からも慕われているような性格の人がいい」「結婚を考えたときには、世代を問わずに好かれる女性が好ましいよな」こんなふうに考える男性も少なくなく、“身近な年下女性”からどう思われ…

反則でしょ…! オトコがウンザリした「40代婚活女性」の仰天エピソード3選

「婚活」の名目で出会った女性に対し「この人、本気で結婚する気あるのか……?」と憤りを抱く男性もチラホラいるようです。ひと口に「婚活」と言っても、その温度差には個人差があるだけに仕方のない話でもあるものの…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事