セックスは嫌いだった、不倫の恋に落ちるまでは。【40代、50代の性のリアル】#4

年下男性からの好意

 

そんなまじめなアオイさんが、離婚後、不倫の恋にはまってしまう。相手は、転職した職場での同僚で、3児の父親でもある男性・ケンジさん。当時38歳のアオイさんより6歳年下だった。

 

「結婚前に妻子のある男性とおつき合いしたことはないです。もともと頭がカタイといわれる性格なので、不倫=絶対的な悪だと思っていました。いまでも基本それは変わっていません。でも、というと言い訳がましいんですが、当時の私は離婚をし、その影響でたくさんのものを失って、表向きは何も変わっていないように見えてもどこか自暴自棄になっているところがありました。無意識のうちに刹那的な刺激を求めていて、そこに彼がいたんです」

 

よく笑う人だ、というのが彼に初めて会ったときの印象。周りを明るくし、誰からも慕われるような存在が職場にいるのはありがたい。アオイさんも彼に好感を持った。でもそれ以上のものではなかった、はずだった。

 

「彼は職場でも私への好意を隠そうとせず、周囲からも『ケンジさんはアオイさんに永遠の片想いをしているんですよね』とからかわれるほど。かといって手が早いというわけではなく、長いあいだ姉と弟のような関係を保っていました。彼が必死に自分をおさえようとしている様子がいじらしくて、最後は私からキスを誘いました」

 

元夫からは感じなかったもの

彼とのセックスは「初めて」づくしだったとアオイさんは思い返す。

 

「私たちは会話をしながら、たっぷりと時間をかけてお互いの身体をたしかめ合いました。彼は女性経験が少ないし早漏気味なのでセックスに自信がないといっていましたが、そんなの関係ないですよね。全身をていねいに愛撫してくれるので、生まれて初めて『男性から大事にされている』という感覚を味わえました。別れた夫との性生活では一度も感じられなかったものです」

 

「ようやく結ばれたときは、うれしくて泣いてしまったほど。自分でもどこから声が出ているかわからないほど喘いだのも初めてなら、イクという経験をしたのも彼が初めてでした」

 

所詮は不倫ですが彼から愛されているという実感がありました、とアオイさんは語る。不倫の是非はここでは問わない。読者のみなさんひとりひとりにも見解があるだろう。けれど、そのときのアオイさんには必要なものだったのだと筆者は思う。人肌のぬくもりが打ちひしがれた心を救ってくれることがある。快感に我を忘れることで心がリセットされることもある。

 

大胆すぎる逢瀬

「それまで義務感からセックスしていた私にとっては、天地がひっくり返ったかのような出来事でした。彼にとっても同じだったようで、歯止めがきかなくなり……仕事が終わってからホテルに行ったり海辺に車を停めたりして、ふたりの時間を作りました。職場で人気のないところを見つけてこっそり抱き合ったり、いま思えば大胆すぎることをしていました」

 

完全にふたりの世界に浸りながらも、ケンジさんは妻に勘づかれないよう細心の注意を払っていた。けれど、こういうことは隠しとおせないのが世の常のようだ。

 

「離婚をにおわされた彼は、私との関係に及び腰になりました。偶然その時期、彼が別の支店に異動になり顔を合わせる機会が減りました。せっかく会ってもお互いにギスギスして、傷つく言葉を投げ合うようになって。私も、自分のなかにこんなどす黒い感情があるんだって驚くことばかりでした」

 

セックスのよさを知らずにいたら

 

不倫の代償は大きかった。別れるの別れないのをくり返すなかで心身の調子を壊し、一時期は精神科にも通っていたアオイさん。再び「新しい恋をしよう」と思えるようになるまでには時間がかかった。

 

現在、40代半ばを迎えたアオイさんは婚活中である。つらい思いをしたけれど、

 

「彼と交際していた30代後半から、セックスが好きになったことは事実です」

 

という彼女は、そこで出会う男性ともさまざまな体験を積み重ねている。男性と会う会わないの基準は、「セックスできるかどうか」。もし彼女が離婚後すぐ、つまりセックスの悦びを知ることなく婚活をしていたら、様相はまったく違ったものになっていただろう。濃密な性経験が、彼女の男性を見る目を変えた。人生の軌道も、変わった。

 

アオイさんの婚活とセックスについては、回をあらためてお届けする。

 

【編集部より】

三浦ゆえ(Twitter@MiuraYue)さんのインタビューを受けてくれる方を募集します。
ご自身のセックス観、セックスライフについて、
したい・したくない、している・しない、できる・できない……ックスに積極的な人も消極的な人も。
あなたの「40代、50代の性のリアル」を教えてください。
*恐縮ですが、対象は40代、50代の女性に限定させていただきます。
*記事化に際して、個人が特定できるような情報は一切掲載しません。掲載前には必ずの、内容についてのご確認をいただきます。
*当アンケート、およびインタビューで知り得た個人情報を、所期の利用目的以外で利用することはありません。また第三者に提供あるいは公開することもありません。
ご応募はこちらから

 

■40代、50代の性のリアル by 三浦ゆえ

#1 もう、一生セックスしないのかも…。

#2 ずっと受け身のセックスばかりだった、けど。

#3    恋愛不要、セックスだけ欲しかった女性に変化が。

#4 セックスは嫌いだった、不倫の恋に落ちるまでは。

1 2

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人からよく聞くのが、「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

ハマったら危険!不倫上手な男たちが絶対にしない8つのこと

2016年も残すところあと少しですが、今年はとにかく芸能人の不倫ネタが多かった印象。どうして女性は、傷つくのがわかっているのに不倫に走ってしまうのか。大人の女性たち…

僕たち、独女のコレに弱いです!男性が思わず「ドキドキする瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

「なぜ彼女は独身なの?」40代独女の本音とは【新連載】

はじめまして。イラストレーターのNobbyです。大学を卒業してすぐフリーランス人生が始まり、絵を描いたりトロンボーンを吹いたり歌ったり、とにかく好き放題で生きてきま…

【男の本音】こんな40代独身女性になってない?男性ががっかりする原因3つ

現在恋人のいる40代独女の皆さま、楽しいお付き合いをしていますか? いくつになっても男性の目は厳しいもの、気を抜いていると「もうやーめた!」と恋心を放棄されてしま…

40代で絶頂を知り、性行為観が変わった【40代、50代の性のリアル】♯11

メディアで性行為についての悩みを広く募ると、最も多いのが「オーガズムを経験したことがない」になるそうだ。けれどセックスの満足度をイッた/イカないのみで図るのは、きっと味気ない。絶頂感はなくとも総合点が…

セックスに溺れる女性の背景にある心理とは?【40代、50代の性のリアル】#10

この人に必要とされている--そう感じてはじまった不倫の恋がハルカさん(46歳)に残したものは、苦い思い出のほかにもうひとつあった。それは、セックスに対する強烈な好奇心。20代のころは快感を知らないままにゆき…

延々続いたゆきずりセックス、そして迎えた結末は【40代、50代の性のリアル】#9

セックスはひとりではできないし、その質は相手によって大きく左右される。けれど、それ以前に“自分自身”がどういう状態にあるかでその内容はまったく異なるものになるのではないか。ハルカさん(46歳)の性遍歴は、…

陰キャの少女が、何人ものセフレを持つ女性に【40代、50代の性のリアル】#8

セックスフレンドというと、パートナーとは違ってお互いの人生には踏み込まない、どこかドライな関係を思わせる語である。けれど肌を合わせ身体をつなげれば、そう割り切ることもできないことも往々にしてあるのかも…

50歳目前、セックスは週2回するけどイッたことがない【40代、50代の性のリアル】#7

これまでのセックスでイッたことがない。だから、最後に一度でもいいからイッてみたいーー。この連載をはじめたとき、そう打ち明けてくる女性が多いのではないかと予想していた。そしてそのとおりのことを書き送って…

婚活中のセックス、傷つくことも多かった。【40代、50代の性のリアル】#6

結婚相手に何求めるか。ひとつだけ挙げるのがむずかしいなら3つ挙げるとする。当然、人それぞれだろうがそのなかに「セックスの相性」が入る人はどのくらいいるだろう。筆者の場合、3つとなると迷うところだが5つ…

セックスレス。したい私と、したくない夫。【40代、50代の性のリアル】#5

日本はセックスレス大国だ、とよくいわれる。一般的に、健康な男女のカップルに「1カ月以上、性交渉やセクシャルコンタクトがないこと」をセックスレスという。国内の既婚男女におけるセックスレス・カップルの比率…

恋愛不要、セックスだけ欲しかった女性に変化が。【40代、50代の性のリアル】#3

これまでこの連載では、どちらかというと性に対して積極的ではない女性たちからお話を聞いてきた。性と距離を置くと自分で決めている人もいた。しかし今回インタビューに応募してきてくれたエイコさんは性に対してか…

ずっと受け身のセックスばかりだった、けど。【40代、50代の性のリアル】#2

「セックスしたら、相手のことを好きになっちゃうんです。それでつらい思いをしたこともあるけど、いまでもそれが治らなくて」【40代、50代の性のリアル】に応募してくれたアヤコさん(42歳)は、これまでをふり返っ…

もう、一生セックスしないのかも…。【40代、50代の性のリアル】#1

したい・したくない、する・しないーーセックスについての選択や可能性はいつだってこう単純に分けられるものではなく、幅広いグラデーションがあり、その日そのときの気分でも変わるもの、相手あってのことなので、…

注目の記事

LOVEに関する最新記事