やっぱりデパコスは頼りになる…!40代が「ガチ自腹買い」して大満足だったこの秋の名品3選

プチプラコスメにも名品はたくさんあるけれど、デパコスには、40代女性にとって頼りになる名品が揃っているのも、また事実。

個人的には、スキンケアでもメイクアップでも、デパートに進出しているブランドのアイテムには、いざというときに40代の強い味方になってくれる名品がたくさんあると感じています。

そんな中、プチプラコスメ探求が趣味の一つな時短美容家の私が「やっぱり、デパコスは頼りになる!」と唸ったアイテムも数知れず。

今回は、その中から「この秋、買ってよかった!」と自信をもって言える大満足の名品を3つご紹介します。

 

1:夏の疲れ肌が一瞬で蘇った…!フレッシュビタミンCのパワーが心強い『フレッシュ プレスト C10 デイリー ブースター』(クリニーク)

この時期の肌は、毎年なにかと不安定な私。そのうえ、今年は猛暑な日が多かったせいもあってか、久しぶりに“吹き出物”にも悩まされました。

そこで、短期集中ケアを模索していたところ、クリニークの『フレッシュ プレスト C10 デイリー ブースター』(2,600円・税抜)を使った途端に「おおっ」と声が出るほどの驚きに遭遇。

1回使っただけで、透明感が蘇ったように感じたうえに、何をしても改善しなかった吹き出物も、みるみると萎んでいったではありませんか。

こちらの商品はフレッシュなビタミンCを使う前に混ぜ合わせ、1週間で使い切るタイプ。その“フレッシュさ”が、私のお疲れ肌にはよく合っていたみたいです。

普段使っているスキンケアに“足すだけ”というお手軽さも魅力で、まさに時短で、季節の変わり目に適したお手入れが叶うスグレモノだと感じました。

最近になって、1本ずつの単品売りも始まったようですから「もしかして、私の肌には、ビタミンCが足りてないかも?」にお心当たりがあるかたは、騙されたと思ってぜひ一度お試しを。

 

2:この秋のメイクにふさわしい自然な陰影のシェーディング効果が狙える『モデリングフェースコンパクト』(ルナソル)

この秋からは、ややマットよりのツヤ肌に注目が集まっていることもあり、“わざとらしさ”を感じるハイライトメイクは、少し古臭い印象を与えがちなのも否めません。

とはいっても、40代になって“くすみ”や“しぼみ”も深刻になりつつある私の肌には、陰影を出すベースメイクがマスト。

そんな矢先、私が「これこそ、今年の肌づくりに欠かせない!」と感じているのが、ルナソルの『モデリングフェースコンパクト』(5,000円・税抜)です。

チーク、ハイライト、シェードをセットしたフェースコンパクトで、さりげなく塗るだけで、やりすぎ感の出ない陰影を出してくれるのは「さすが」のひと言に尽きます。

適当(!)に塗るだけでも、トレンド感のある“ほんのりツヤがあるマット風肌”に見えやすく、時短でメイクのアップデートが完了。

40代にふさわしい、色を控えめにしたナチュラルメイクの仕上げにもお役立ちのアイテムです。

 

3:今年トレンドの囲み目メイクも自然な陰影に『アルカミストツイストフォーアイ 【10 DARK-EYED SISTER】』(THREE)

この秋からはじわじわと“囲み目アイメイク”もリアルトレンドになりつつありますが、40代ともなると「いかにも囲みました!」なメイクだと、どうしてもやりすぎ感が出やすい面も否めません。

ブラックやブラウンのアイラインで目を囲んだ瞬間、ちょっとした「痛々しい若作り」な様相にも見えやすいだけに、アイテム選びは慎重に進めたいところでもあります。

そんな私が「これだ!」と感じたのが、THREEの『アルカミストツイストフォーアイ 【10 DARK-EYED SISTER】』。

ほんのりとツヤのあるブラウン系の色味は、ぼかしてなじませると囲み目メイクでも“やりすぎ感”を払拭しやすく、トレンドを意識しつつも、上品な目もとに仕上げやすい名品です。

アイシャドウとして単色使いもでき、ぼかしやすい質感も魅力。これひとつあれば、インパクトを出しつつもケバくならないメイクに仕上げやすいことから、40代のトレンドメイクにおいて強烈な助っ人になってくれる存在だと思います。

 

プチプラコスメも好きですが、デパコスには、やっぱりデパコスならではの魅力があるのも確か。

大人肌特有の季節の変わり目の不安定肌や、ややもすると若作り感からの痛々しさが出がちなトレンドメイクアップにおいて「いろいろ試したけれど、どうも適切なアイテムにめぐり合えない……」と感じていたみなさま、よろしければ参考にしていただければ幸いです。

 

(※ 筆者注:画像は筆者の私物です。文中の効果は筆者の個人的な感想です。表示の価格は筆者調べの2018年10月4日現在の価格です)

 

 

■次に読まれているのは■

ストレスの肌荒れに悩む人へ! あご、口周りの吹き出物・大人ニキビの原因と改善法は?【BEFORE→AFTER】

一つ結びをおしゃれアレンジにする秘訣って?

前髪セットで目元を明るく魅力的に。40代に似合う前髪セット術3つ

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

植松晃士 オバ見えする女性の「9割ができていない」こと

みなさん、こんにちは。植松晃士です。前回は話題の映画『クレイジー・リッチ』のお話から、40代アップのファッションについてお話させていただきましたが、今回はビューテ…

痛くならない「若見え」する40代のヘアルール5選

流行を取り入れたファッションを楽しみたいし、季節ごとに新色のリップやアイシャドウをゲットしたい。ヘアスタイルだって、たまには冒険してみたい。40代はまだ老け込むに…

【オバサン認定注意】アラフォーがやりがち!NGベースメイク6選

アラフォーは年齢特有の“劣化”が肌にも現れやすいだけに、メイクでしっかりフォローしてみずみずしい印象を狙っていきたいところです。なかでもベースメイクは最も年齢が出…

植松晃士「疲れたオバさん」にならない! 40代から見直すべき大切なこと。 

みなさん、こんにちは。植松晃士です。バテそうな毎日。熱中症の話題がひきもきりませんが、40代以上になったら、やっぱり体力や免疫力って必要ですよね~。さて。今回は疲…

騙されたと思ってやってみて! 40代の地味顔があかぬける3つのメイクポイント

「私って、なんだか地味顔……」そんなふうにため息をついていらっしゃるなら、メイクで華やか顔にチェンジしてしまうのが、理想どおりのイメージを演出する最大の近道です。…

「いや、ナシでしょ!」男が厳しい目を向けている40代女性の美容努力3パターン

女性は「美しく見せたい」と努力しているつもりでも、男性視線だと「いや、ナシでしょ!」と思いがちな美容もあります。そのなかには「若い子がしているのはかわいいけど、…

小さい・軽い・便利!旅行に持っていきたい3大コスメ【40代からの美容道】

旅行先でも最低限のメイクはしたい、でもスペース的にかさばったり、重くなったりするものは持っていきにくいですよね? だって荷物は他にもいろいろあるんですもの。しか…

失礼ながら、幸薄そう…! 男が「貧相な顔」認定する40代女性のメイク癖3例

自分では、きちんと身なりを整えているつもりでも、男性目線だと「幸薄そう」「貧相」などの不名誉なジャッジをくだされていることもあります。では、男性たちが、そんなネガティブな評価をくだしがちな顔の特徴とは…

いい雰囲気だったけど…男が一瞬で「付き合うのは遠慮しておこう」と感じた40代独女のニオイって?

意中の男性と、いい雰囲気になっていたのに、理由もわからずに距離を置かれてしまった……という話は、そう珍しくもありません。とは言っても、気に入っている相手から避けられているのは、いくつになっても女性にとっ…

もしや腹黒…? 男が一瞬で警戒した「40代独女の不用意なひと言」3パターン

男女の出会いでは、不用意に発した言葉ひとつで「この人の本性は、きっとこんな感じなんだろう……」を邪推されるリスクもあります。本人にはそこまでの悪意がなくとも、それを聞いた男性が「もしかして、この女性は“…

オフィスで印象最悪…「いかにもオバサン」な40代女性のお仕事姿3選

社内恋愛を狙っていてもそうではなくとも、オフィスでの印象は、上げておくに越したことはないもの。そして、デスクでのちょっとした振る舞いは、思っている以上に男性たちの目に留まっているのも傾向のようです。魑…

頼もしい…! 男が「この人を大事にしなくちゃ」と40代彼女に感じた瞬間3パターン

ご縁あって交際に発展しても、おつきあいを重ねていく過程で「この子を大事にしなくちゃ」と、より愛おしさが増すこともあれば、その逆もあるのが男性心理。では、いわゆる“本命”として付き合っている相手のふとした…

スニーカーもパンプスも…!? 男が一発で「ナシ」認定した40代女性の足もと3パターン

先日、こちらの記事『踵パカパカよりヤバいのは…? ダメな40代女性ほど履きがちな「パンプス」ワースト3とその対策』にて、ダメな40代のレッテルを貼られかねないデンジャラスなパンプスの特徴をご紹介しました。足も…

「この人はキープでいいや」と男に思われる…?アウトな40代女性の言動って

40代の恋愛でも「キープ」や「セカンド」の話は皆無ではなく、むしろ「いい具合に年齢を重ねているし、物分かりがよさそうだ」などの男側の勝手な誤解によって、真剣恋愛の対象から外されてしまっている女性もいます…

男から「育ちが悪そうに見える40代女性」のメイク直しにまつわる振る舞い3選

実際の育ちがどうであれ「育ちが悪そうに見える女」を嫌う男が多いのも、実情です。デート中のちょっとした振る舞いによって「ひょっとすると、育ちが悪いタイプだな」などとジャッジをうけてしまえば、関係の行方に…

その顔、どうしちゃったの…!? 男が引いた「40代女性の気合メイク」3パターン

「その顔、どうしちゃったの!?」なんて思われるのは、相手が誰であれ、避けたいのが私たちのホンネ。しかし気合いを入れたメイクや、「今日だけは失敗したくない!」と思う日に限って、ふだんより“力んだメイク”にな…

踵パカパカよりヤバいのは…? ダメな40代女性ほど履きがちな「パンプス」ワースト3とその対策

周囲からの好感度が高く、“デキる”イメージの女性ほど、“足もと”にも気を配っていると言われます。実際、ワーコルが2月10日の「パンプスの日」にちなんで実施した『働く女性の靴(パンプス)に関する意識調査』によ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事