【ぽっこりお腹】頭上で手を合わせて横にグーン!下半身すっきりの「プチ筋」トレ2つ

増やすのは難しくて減らすのが簡単なのは「お金」ですが、

逆に増やすのは簡単なのに減らすのが難しいといえば何でしょうか?

答えは「体重」です(笑)。

 

誰でも40歳くらいまでは、食べ過ぎて23kg太っても、1週間程度食事を調節すれば簡単に元の体重に戻す事ができたと思います。

 

ところが40代、しかも45歳頃からは、以前と同じ努力をしても太った分が戻らない! さらにその上に体重が上書きされていき、痩せにくくなったと気づきます。

 

ここが女性の分かれ道!

 

一つのルートは、ポッコリお腹を隠そうとAラインを選び、タイトなスカートやパンツを避けて、ウエストゴムの世界に逃げる人。

もう一つのルートは、食事の量に気をつけて、ある程度の運動を始める人、

道はこの二つに一つなのです!

 

なぜ中年以降は太りやすいのでしょう?

太りやすくなる原因は誰もが聞いた事があるワード「基礎代謝」です。

この基礎代謝は、1日に何もしなくても消費してくれるエネルギーのこと。

基礎代謝が一番大きいのが中・高校生時代です。この世代は食べても太りにくく、病気にもなりにくく体も元気なのですが、それからは基礎代謝が徐々に下がっていく一方で、40代を過ぎると急速に低下していきます。

 

基礎代謝はどうしても落ちていってしまうもの

40代は閉経を控え、急激に基礎代謝が落ちます。そこに食べすぎ・偏食・運動不足が重なってしまうと体力そのものががくんと落ちます。

 

顔面が垂れ、アゴが二重になり、胸も下がり、お腹がたるみ、お尻も垂れ始め、ヒザの上のお肉までがヒザに乗り始める、そんな「老化現象」も起こり始めます。

 

これからは閉経に伴う女性ホルモン分泌減少がさらに重なり、肥満だけでなく、糖尿病、動脈硬化、高血圧、心臓病なども発生しやすくなります。

 

なぜそのような現象が起こるのかと言うと、基礎代謝は「筋肉」の量と密接な関係性があるからなのです。

 

中年以降も基礎代謝を低下させず、スタイル良く活き活きとした生き方を手に入れるには、「筋肉」を動かすことが最も大切です。

 

私も、外食が続いたり、少しでも調子に乗ったりすると、ポンッと体重が増えます。

 

今は仕事をしているので意識的に戻しますが、妊娠している時には特に戻す必要がなかったし、今から30年前は太っても注意されることがなかったので10ヶ月の間に25キロも増えてしまいました。

その体重を元に戻すポイントは「筋肉」です。

 

座ったまま今すぐできる!「超シンプルで効く」プチ筋トレ

 

筋トレと聞くと、ジムに行ったりジョギングをしなくてはいけないなど、ハードなイメージがあるかもしれませんが、簡単におこなう方法はいくらでもあります。

ポイントは、体で一番大きな筋肉を動かしてあげることです。

大きな筋肉とは太ももの筋肉「大腿四頭筋(だいたいしとうきん)」です。

太ももは、変な鍛え方をすると太くなる場合がありますし、間違ったスクワット方法は、ヒザを痛めてしまう原因にもなります。

以下は、座った状態で場所を選ばず簡単にできて、太ももと腹筋の両方を同時に鍛えられます。

まずは1分からお試しください!

 

1・椅子に腰かけます。

2・床に足をつけた状態で膝揃え、両足の膝頭をぴたっとくっつけます。

3・両足を持ち上げて、足の裏を床から10センチほど上げます。

4・そのまま1分キープ!

 

次の筋トレは鍛えにくい脇腹です。

立ってでも座ってでもOKです。

 

1・両手を真上に伸ばし頭の上で手のひらを合わせます。

2・左に倒せるまで倒して10秒キープ

3・右も同様に行います。

4・3セットづつ合計で1分おこないます。

 

たったこれだけですが、いかがだったでしょうか?

また、どちらの運動も効果を最大限に得るためにきちんと背筋を伸ばしておこなうことが重要です。

 

筋肉が落ちている方は最初は辛く感じるかもしれませんが、筋肉が付き始めると、とっても簡単で毎日続けるとウエストにくびれも現れます。

たった1回するだけでは、筋肉は付きません!

1日にたったの2分だけなので、歯を磨くよりも短い時間です。

毎日できないとか三日坊主でも大丈夫!

筋肉は3日で落ちてしまいますので、3日に1回おこなえば良いのです!

無理なく続けて確実に筋肉を貯めて基礎代謝を上げましょう!

また可能でしたら、以前に書いた「痩せる歩き方」の記事も参考に合わせておこなってください。

>>>ヒモ・ベルト1本巻いて、その場で歩くだけで。誰でも簡単に3kgやせするコツ!

 

今日が人生でいちばん若い日!思い立ったらすぐ始めて習慣化を!

普通に立ったり歩いたりしているだけでは、使われていない筋肉が多いものです。

普段しないような動きをすることで、いつもと違う部分を動かせます。

平均寿命のことを考えると、40代の方は高い確率でにあと40年は生きるハズです。

その時に体が衰えて家から出れずに閉じこもりがちになるか、一人でもドンドン外に出かけられるかは、筋肉量で決まります。

40代からはそのために努力や準備をするラストチャンスです!

なぜなら50代で突然始めようとしても、その年齢では気力も体力も奪われやすくなるからです。

自分自身の体は最愛の大切なパートナーなのです。

そして適度に動かしてあげることが肉体への愛情表現となり、喜んだ肉体はあなたの今後の人生において長い時間たくさんの経験や楽しみを与えてくれるはずで、それこそが幸福だと思います。

さらに、そうした考えを持って実行して歳を重ねる事によって、誰かを助けることや知恵を授けるなど無限の可能性だってあるのです。

今より幸せになるためにまずは1日にたったの2分から始めてみませんか?

 

■合わせて読みたい

床に手のひらはつく?1日1分でベッタリつける足指ストレッチとは

パンプスのかかとがパカパカしてません?9割くらいの日本人は「足の幅」を間違えてる

あなたのお尻、太ももから冷えてない?「ちょっと冷え性」改善2つのコツ

スポンサーリンク

大山式足指パッドのやせる効果は? リング式を試したら骨盤はどうなる?【ダイエット戦記 Vol.3】

ダイエットのきっかけと太った理由が解明できたなら、真面目に始めるしかありません。現在はやせたい人が多いこともあり、ダイエットをサポートするグッズもかなり数多く出…

その下半身太り、実はお尻の冷えが原因!? 5分でむくみを解消する対策3つ

疲れの自覚症状は、「肩こりがつらいんです」、「足がむくんで、重くて」など、大抵、ピンポイントです。けれど、人の体は全部つながっています。肩こりのひどい人は首も疲…

一人でも、体が硬くてもできる!「寝たまま肩甲骨はがし」ストレッチで肩こり解消するコツ

肩こり解消に話題の「肩甲骨はがし」。難しいテクや道具、器具は必要ありません。『完全版 寝たまま肩甲骨はがし』(主婦の友社刊)の著者である、自力整体指導員のたんだ…

背中で手を組める?体が硬くてもできる「寝たまま肩甲骨はがし」がスゴイ

腕を後ろにまわして背中で手を組めますか?筆者は右腕が上だと組めるのですが、左腕が上だと組めません。これは肩甲骨まわりの「筋膜」に、ねじれや癒着があることが原因な…

40代でもダイエット成功!食事制限せずにやせるための簡単「美習慣」

「糖質制限ダイエット」「断食ダイエット」……巷には多くのダイエット方法があふれています。でも、実際にやせられてそれをキープできている人はどのくらいいるでしょうか?…

あと何キロやせたい? 女性の平均体重は何キロ? 30代、40代、50代の平均・理想・モテる体重を調べてみた

「やせたい」。なにかと多くの女性たちが口にしている言葉です。でも、中にはそれ以上やせたらガリガリでシワシワに見えちゃうよ!?という人さえも「ダイエットしなきゃ」と…

1年ガチ愛用して判明!大山式足指パッド「9つの効果」その魅力とNG点は?

面倒じゃないけど、じっくり効いてくる、と密かに話題になっているらしい大山式足指パッド。これを日々愛用し、じりじりと結果を出している(らしい)のが、優雅なオトナサ…

トイレのあとが「くさい」人。実はそれ異常なんです

日本人女性の98%が排泄に関する悩みを持っているのだそう。この記事を読んでいる人ほぼ全員と言っていいでしょう。さらに、うんちのあとにトイレがくさいのは、実は「よく…

太る原因はカロリーではなかった! ちゃんと食べてやせる究極の食事「4つの要素」とは?

カロリー制限ダイエット、糖質制限ダイエット、GIダイエット、炭水化物ダイエットなど、世の中にはあまたのダイエットが存在しています。このうちのひとつぐらいは、誰でも…

40代女性のダイエット。平均体重より気にすべき値「90」のこと知ってる?

40代に入ると、急激に「太ももの上」から「胸の下」に脂肪がつきませんか? しかも、何をしても落ちません。毎日体重計に乗り、一定の体重の範囲を保っているはずでも、体…

1日たった2分「○○をして立つ」だけ!他人からの評価が驚くほど上がるナイショの心理テク

こんにちは、ウォーキングスタイリストの櫻田千晶です。普段は仙台をベースに、東京でもウォーキングのレッスンを行っています。私はモデル出身ですが、教えているのは単なるモデルウォークではありません。その人の…

【肩こり】ここをチェックすれば原因がわかる!5秒でOKのストレッチとは

オトナの女性の体には様々な不調が現れますが、その中でも多くの方を悩ませるのが「肩コリ」。つらい痛みを常に感じている方や、慢性的な不快感によりメンタルが消極的になってしまう方も少なくありません。なぜ肩コ…

ミュールがパカパカいうのは勘弁…「素足に靴」でブス脚になる5つのNG

暑い夏はできるだけ素足になりたい!素足になって、サンダルやミュールも履きたい!でも、歳を重ねた女性たちは要注意。裸足になるとキレイに見えないことが多いのです。たとえばこんな問題が!以下、あてはまるもの…

汗をかいてもニオわない!「よい汗」を出すためのたった1つの習慣とは

香りは記憶とつよく結びつきます。日常の中で偶然ある香りを感じた瞬間に、その香りにまつわる人やシチュエーションなどの記憶が鮮明に蘇るものです。香りは人の「感情」と強く結びつくので、いい記憶だけでなく、悪…

54歳、離婚後5年寝たきりの鬱と乳がんを経て健康を取り戻すまで【100人の更年期#11】

一般に、閉経の前後5年を更年期と呼びます。日本人の閉経の平均年齢は50歳なので、45-55歳の世代は更年期に当たる人が多いもの。身体の不調に苦しみ「更年期障害」の状態に至る人もいます。初潮を迎えた人ならば必…

床に手のひらはつく?1日1分でベッタリつける足指ストレッチとは

たとえば体重や体脂肪率などの「数値」は自分でわかっていても、自分の身体の「柔軟性」まで意識している人はなかなかいないと思います。ですが、柔軟性は身体の美しさを作る一番大きな要素の一つです。柔軟性に欠け…

肩甲骨きゅっと寄せられる?代謝を上げ不眠を撃退する2つのポイント

新しい年度が始まる4月。1年の中で最も寒暖差が大きい月なので、体がついていかない人も多かったと思います。寒暖差は体温調節や血管の収縮など、自分の意識とは無関係な部分。体にストレスがかかり自律神経が乱れて…

パンプスのかかとがパカパカしてません?9割くらいの日本人は「足の幅」を間違えてる

ご存知でしょうか。実は欧米では、家の中でも靴を脱ぎません。1日の大半を靴と共に暮らしています。自宅に帰るとまず靴を脱ぐ、会社や電車の中でも脱ぐ日本人にとっては、1日中靴を履くだなんて信じられないですよね…

下半身の冷え、上半身のコリを解消する「やせ歩き」2つの方法

最近は運動不足だと感じているのに先延ばしにしたり、お正月休みに増えた体重が気になっているのに、寒いから運動したくな~い!と、思っていませんか?夏になっても暑くても運動したくないのに、それでは一体いつす…

ヒモ・ベルト1本巻いて、その場で歩くだけで。誰でも簡単に3kgやせするコツ!

夏と冬、ダイエットに適しているのはどちらのシーズンでしょうか? ダイエットに取り組む人が多いのは、肌を露出する機会の多い夏。また、汗の量や夏バテによる食欲の低下など、夏のほうが痩せやすいイメージがある…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事